愛する息子と出会えたおかげで、ボクは人として成長できた。

一児の父である33歳のJonathan Juiさんが描くのは、1歳と約10ヶ月の息子のMiloくん(愛称Baobao)の“成長マンガ”。

これは、かわいい盛りの子どもの姿を記録することだけを目的にした子育て日記ではないのです。はじめて親になったとき、「自分が良い父親になれるのか不安でいっぱいだった」というJonathanさん。それでは、失敗と成功を繰り返す親子の成長記録をどうぞ。

01.
毎朝のように思うこと

1)パパ:「ん〜、まだ寝てるね。」

2)「ボクが、こんなことしちゃったら、どうなるのかな。」

3)「あぁ、そんなことできないよね…もうっ可愛すぎっ。」

02.
悩ましい“うんち問題”

1)パパ:「さぁ、うんち、うんち!ガンバレー!」

2)息子:「もう、でたよ。」

パパ:「よし。じゃぁ、こっちにおいで。」

3)パパ:「おいおい、もういいんだよ。でたって言ったじゃないか。」

4)パパ:「ああ、なんてことだ。」

03.
そう甘くはない、
“おしっこ問題”

1)ママ:「あ〜ダメダメ…でも頑張ったね…。」

2)ママ:「どうなってるの?なぜか、いつも私に向かっておしっこしてくるのよ!いったい、どうしたらいいの?」

3)パパ:「なるほどね〜。それは、君が男じゃないし、アソコがないからだよ!僕が代わりにやってみせるよ。」

4)【その直後】

パパ:「あーあ、なんてこった。」

04.
どんなことがあっても、
パパは息子の未来を信じてる

パパ:「息子よ、たとえ誰かに、自分の可能性を否定されても、それを信じてあきらめることはないんだよ。」

05.
なりきる息子の“謎のこだわり”

パパ:「食べる前にピザつくったほうが、いいんじゃないかな?」

息子:「しーっ!料理長はボクだよ。」

06.
そんなところも、かわいい。

ママ:「Baobao、お風呂からでたら、おっぱいあげるね。」

息子:「いやいやいやいやいやいやいや…」

パパ:「息子よ、残念だけどママの言ったこと、わかっているんだろ。」

07.
パパからの知恵

パパ:「モノをたくさん持てるようにと、ポケットというものはあるんだぞ。」

08.
どんなことがあっても、
パパは君を守るから。

父から息子へ
伝えたい「思い」をマンガに。

苦戦しながらも、愛情いっぱいに暮らす家族の姿は、なんだか微笑ましいですね。

冒頭でも述べましたが、息子さんが生まれたときは、大切な命を守る親としてのプレッシャーがあったJonathanさん。Miloくんと過ごした約2年間のことについて、インタビューをしてみました。

ーどうして、成長記録をマンガに?

 

Jonathan:Baobaoが生まれてから、「いつか息子と思い出を共有するために、覚えておきたいな」と思う瞬間がたくさんあって。けれど、それをすべて写真におさめるのは難しい。たとえば、おしっこのときとかね。だから、マンガが一番だなって思ったんだよ。

 

ーMiloくんが生まれたときの気持ちを、聞かせてください。

 

Jonathan:ボクは、“良い父親”になれるかとても不安だった。もちろん、生まれたときは、嬉しくてたまらなかったよ。そうだな〜、あとはこれから寝れなくなっちゃうんだろうなって、ちょっとナーバスな気持ちもあったんだけどね。

 

ーMiloくんの「スゴイ!」と思う部分は?

 

Jonathan:Baobaoは、将来シェフになりたいみたいなんだ。だから、調味料がたくさん並んだ棚の側で遊ぶことが大好きで。家中のすべての調味料の香りを確認して味見したいとか言うこともある。なんと息子は、ミント・オレガノ・照り焼きソース・ごま油・醤油・シナモン・クミン・バニラ・海塩・コーヒーなど、調味料を判別するようになちゃって。

 

ちょっと舌も肥えてきてね。ブルーベリーや鴨のロースト、ブルーチーズなんかもお気に入りみたい。しかも、ピザづくりもマスターしつつあって、料理好きの妻にそっくりなんだよ!

 

ー印象に残っている、Miloくんとの思い出は?

 

Jonathan:うーん、これはかなり難しい質問だね。たくさんあるんだけど、そうだな……。息子はいつもオナラの音が聞こえると、ぜーんぶボクのせいにしてくるんだよ。たとえ、自分がしたとしても、紙を破る音や椅子を引きずる音であってもね。まだ2歳にもなってないのに、「オナラをしたパパが悪い!」って、ボクを責めてくるんだよ(笑)。

 

ー最後に、父親になって良かったことを教えてください。

 

Jonathan:ボク自身が、人として「成長」できたと思うんだよ。親になるということは、大変なこと。辛抱強くなったし、求めてばかりの昔みたいな欲もなくなったね。今では相手を理解することが大切だって気づいたし、理解するチカラも身についたと思うんだ。

Licensed material used with permission by Jonathan Jui, (Instagram), (Facebook)
東京在住でプロのアニメーターのThomas Romainさんが息子のRyunosukeくんと活動する「親子デザイン工房」が世界中で話題に。Ryunosuk...
最愛の息子を2年前に亡くしたBecklyさん。辛い時期を支えてくれたパートナーと結婚。その式の日にやってきたのはなんと、息子の心臓を移植して生き長らえてい...
プロカメラマンの父(ジョーンズさん)のもと、カメラの取り方を習得した息子のスタンリーくん。1歳半の子どもならでは視点で撮影された写真は、大きな反響を呼びま...
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
いま、アメリカで話題を呼んでいる父と息子の一幕。結婚を決意した息子が、父にその報告をする。たったそれだけのやり取りですが、きっとあなたの心は動くはず!息子...
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
イラストレーターのDomZombieさんは、3年前から毎朝小学生の息子のランチバッグにイラストを描いてきました。なんと、その数は400枚以上。プロならでは...
18世紀のイギリスで、著名な教養人の一人と称され、大使、閣僚としても活躍したフィリップ・チェスターフィールド卿。一人の男性として、そして、父親として、最愛...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
4歳の男の子が欲しいのは、生まれた時からなかった自分の右手。そんな息子の願いを叶えるために、パパが3Dプリンターで作った義手をプレゼントする。新たな右手を...
Sean Wangさんの母親は、離れて暮らす息子に向けた留守番電話のメッセージを記録していました。WangさんはそれをBGMに動画を制作。
生まれたばかりの赤ちゃんを専門に写真を撮るフォトグラファーKayla Powersさんは、息子からよく「きょうだいがほしい!」とおねだりされるそうです。子...
私たちは、幼い頃に両親から教えてもらったことを、どのくらい覚えているでしょうか。大人になったいま、ふと思い返してみると、何気ない些細なひと言や、口うるさく...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
Instagramで約20万人のフォロワーを持つアカウント@reagandoodleは、アメリカ・ポートランドに住む3歳の少年と、愛犬の成長を記録したもの...
旦那さんが生まれてきた娘をこんなに可愛がって、張り切った成長記録をつくっているなんて、やっぱり嬉しいものではないでしょうか。茶目っ気とユーモア溢れる、パパ...
嗜好の違いなんて結局のところ人それぞれ、べつに大した問題じゃあない。ところが、それが当たり前だと感じられるかどうかは、どうやらその「好み」によるというのが...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
いじめなどの苦難を乗り越えながら、娘が男として新たな人生を歩もうとする姿を見て、長い間向き合っていなかった“本当の自分”になろうと決心した母親のErica...
あなたは、自分の息子に好きな相手ができたことを打ち明けられたとき、どう答え、何をアドバイスしますか?ここで紹介するのは、ショーン・アッシャーさん編集の『注...
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...