君に伝えたいことがある。父が息子に宛てた書簡集『わが息子よ、君はどう生きるか』

私たちは、幼い頃に両親から教えてもらったことを、どのくらい覚えているでしょうか。大人になったいま、ふと思い返してみると、何気ない些細なひと言や、口うるさく思えた小言でも、幼い自分に見合った、教科書的な教えだったことに気がつきます。

18世紀のイギリスで、著名な教養人の一人と称され、大使、閣僚としても活躍したフィリップ・チェスターフィールド卿も、一人の男性として、そして、父親として、最愛の息子に向けて人生の心得を説きました。

彼が息子に贈った手紙をまとめた『わが息子よ、君はどう生きるか』は、限りない愛情と人間知に満ちた、父親から息子への書簡集の最高傑作。人生論の名著として、これまで世界1,100万人もの人々に読み継がれてきました。

今回はその中から、自分の「殻」が固まらないうちにやっておくべきことについてご紹介します。父親が息子に説いた教訓から、多くの知識を偏らずに身につける方法を学びましょう。

自分の頭でしっかり考えよう

本を読んでいても、自分の頭で考えることをせず、書いてあることを次々と頭にたたき込んでいくだけの人が多い。それでは、やみくもに情報が積み上げられていくだけで、頭のなかが、ガラクタ置場のように雑多になってしまうだろう。読書をするときは、著者名だけで内容を鵜呑みにするのではなく、書かれていることがどのくらい確かなのか、著者の考察がどのくらい正しいのか、自分の頭でしっかり考えることが大切である。

人間は複雑で、矛盾だらけの生き物である。感情は激しく移ろいやすく、意志はもろく、心は体調に左右される。つまり、一貫したものはなく、その都度、瞬間的に変わるものなのだ。たとえば、何人かが集まって発言するとき、思いちがいをしている人もいれば、発言する際に、ニュアンスを誤る者もいる。人間がとる行為の理由について、どんなに究明しようとしても、憶測の域を出ることは難しいように思う。

また、過去の出来事を引き合いに出し、現在の問題を検討するのはいいが、それは慎重に行わなければならない。やたら今の問題と似ている事例を引っぱり出してくる人もいるが、物事は一つひとつちがうのだから、個々に論じるべきである。似ている事例は、あくまで参考程度にとどめておき、それを判断の拠りどころにしてはならない。

ほんとうの知識とは
目と耳と足で学んだこと

どの土地を旅しても、その土地のことをしっかり把握して帰ってくる人がいる。たとえば、情勢や、他の土地との力関係、特産物、政治形態、憲法など。加えて、現地の人々と交遊を深め、土地独自の礼儀作法や人間性に触れてくる人もいる。旅したことが身につくのは、こういう人たちのことだと思う。旅をしても、目的地を転々とするだけで、宿のことや、次なる目的地までの距離などばかりに気を取られている人は、実にもったいない。

君も、どこかを観光することが決まったら、ぜひいろいろな情報を仕入れてほしいと思う。その国の内面的なことなら何でもいい。土地の歴史や現在の様子について簡単に紹介した小冊子などを読んでみて、わからない点については、内情の詳しい人物に聞いてみよう。得た知識がどれくらい役立つか、考えてみてほしい。想像以上だと思う。何にでも首を突っ込んでみることが大切だ。

外国でしてはならないこと

海外へ行き、その国の言葉を一つも覚えずに帰ってくるのでは、せっかくの旅も水の泡だ。言葉を覚えるには、その国の人々と仲よくするのがいいだろう。老紳士は言葉づかいのお手本になるだろうし、若者とは一緒に遊べばいい。

しかし、7日間や10日間滞在しただけでは、自分が楽しむことはおろか、相手と親しくするのも難しいだろう。何カ月か滞在すると、だんだんと打ちとけ合い、よそ者の感覚がなくなってくる。これが旅の醍醐味ではないだろうか。世界中のどこでも、人間の持っている性質は同じなのだ。

分別のある人間は、どこへ行ってもその土地の風習を覚え、それに従おうとする。君が世界中のどこへ行っても、そうすることは必要だと思う。そのとき、一番役に立つのは、その場に見合った態度が振る舞える順応力だ。真剣な人に対してはまじめな顔ができ、陽気な人には明るく振る舞い、くだらない人物にはいい加減に相手をする。こういった能力を身につけるよう、精一杯努力をしてほしい。

18世紀のイギリスで、著名な教養人の一人と称され、大使、閣僚としても活躍したフィリップ・チェスターフィールド卿。一人の男性として、そして、父親として、最愛...
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
最愛の息子を2年前に亡くしたBecklyさん。辛い時期を支えてくれたパートナーと結婚。その式の日にやってきたのはなんと、息子の心臓を移植して生き長らえてい...
一児の父である33歳のJonathan Juiさんが描くのは、1歳と約10ヶ月の息子のMiloくん(愛称Baobao)の“成長マンガ”。彼が記録するのは、...
木造注文住宅を手がける「アキュラホーム」が期間限定で販売をはじめた「地球と家計にやさしい家」は、ウイルス対策を標準化した“新しい生活様式の家”だ。
いま、アメリカで話題を呼んでいる父と息子の一幕。結婚を決意した息子が、父にその報告をする。たったそれだけのやり取りですが、きっとあなたの心は動くはず!息子...
息子のTaggartくんを養子に出したHannahさん。最初は悲しみに暮れていたものの、Taggart君を引き取った夫妻に自身も家族同然に受け入れられ、今...
東京在住でプロのアニメーターのThomas Romainさんが息子のRyunosukeくんと活動する「親子デザイン工房」が世界中で話題に。Ryunosuk...
筋肉への伝達機能が徐々に失われ、数年のうちに歩行や会話、呼吸ができなくなる。それが、ALS(筋萎縮性側索硬化症)だ。映画『ギフト 僕が君に残せるもの』は、...
61歳の女性Cecile Eledgeさん。彼女には同性のパートナーを持つ息子がいて、息子夫婦は子どもを望んでいました。これを聞いたCecileさんは、養...
マッサージ+ストレッチ+運動、3つの機能をすべてひとつにしたマッサージアイテム「バランスアップ」が、年末年始にたまった身体をコリを吹き飛ばす!?
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...
あなたは、自分の息子に好きな相手ができたことを打ち明けられたとき、どう答え、何をアドバイスしますか?ここで紹介するのは、ショーン・アッシャーさん編集の『注...
Sean Wangさんの母親は、離れて暮らす息子に向けた留守番電話のメッセージを記録していました。WangさんはそれをBGMに動画を制作。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は、自分の将来に悩む、すべての「働く人」に向けた一冊です。
台湾を代表する映画監督、ツァイ・ミンリャンが手がけ、ヴェネチア国際映画祭で発表&絶賛された『蘭若寺の住人』が、東京・六本木の「ANB Tokyo」にて期間...
「バーガーキング」は今年から、すでに支援していた男子チームと同じ条件、同じレベルで「スティーブニッジFCウィメンズ」も後押しすることを決定。手始めに「バー...
ネクタイってどうやって結ぶんだっけ?うまく髭の手入れができないけど、どうしよう?こんな疑問が浮かんだとき、ついすぐにスマホを手に取ってしまう。お父さんに聞...
母想いの息子が、一緒に観光旅行をしているだけの「ブログ」かと思いきや、そこには心温まるストーリーがありました。息子のBarton Brooksさんは、婚約...
Tricia J. Belstraの愛する息子さんが自殺したのは、今年の8月12日のこと。乗っていた飛行機で声をかけられた名前も知らないCAの男性に、紙ナ...
どんなに仲が良くても、隠し事のひとつやふたつはあるもの。一生隠しておいたほうが良いことだってあるかもしれない。けれど、その人が大切だからこそ、「自分を理解...
「誕生日に息子をおもちゃ屋に連れてったんだ。何を選んだと思う?」 そう話すお父さんと一緒に動画に登場したのは、3歳になったばかりのアザイくん。どうやら自由...
科学博物館にいた、見知らぬ少年へあなたが誰か知りませんが、私の息子(Kaden)と遊んでくれて本当にありがとう。Kadenが床に落ちていたボールを拾えない...