「長く生きられない」と告げられた子犬の成長を記録した動画

遺伝子疾患で生まれた真っ白いグレートデーン。「きっと長くは生きられない」と獣医から告げられた日から、飼い主は子犬との別れの日までを映像に残すことに決めました。

いつまで一緒にいられるか…
映像で記録する愛犬との日々

「彼女の名前はペガサス。

遺伝子疾患により色素を持たず生まれてきたグレートデーンです。“バックヤードブリーダー”の元から救出されました。一緒に生まれてきた兄弟のほんどは、躰に奇形が出たり、出生後間もなく死んでしまい、この子も『そう長くは生きられないかもしれない。たとえ生き延びたとしても、目が見えなかったり、耳が聞こえない障害が出るかもしれない』と僕は、そう聞かされていました。

それでも、僕は子犬を引き取り、いつまで生き続けてくれるか分からない彼女との時間を、毎日ビデオに撮って、別れの日まで記録していくことに決めたのです」

A3c0b16dab1eee3c8b63ecaafcb93583870f72b1

これは、南アフリカ在住の映像プロデューサー、Dave Meinertさんの愛犬「ペガサス」の成長記録です。彼の文章に登場する“バックヤードブリーダー”とは、しっかりした交配や繁殖の知識を持たず、利益目的で繁殖を行うブリーダーを意味する言葉。ペガサスは言うならば、その犠牲として生まれてきた犬でした。

わずか90秒ほどにまとめられた動画ですが、まるでショートムービーのように深く心に残る時間を与えてくれるでしょう。ルームランナーの上を歩くペガサスの姿に、あなたは何を感じるでしょうか?

今日も、
一緒にいることのしあわせ

F844eb6aef1f93901496453774b27bb41247ce5d

たくましく成犬となったペガサス。
しょっちゅう病気にかかり、アレルギーが躰に出たり、くしゃみが止まらなくなってはDaveさんに連れられて動物病院を回る日々。いまではかかりつけの獣医さんが7人もいるんだそう。

それでも、たとえどんなに手がかかろうとペガサスへの愛をこう言葉に代えるDaveさん。

「彼女があと、どのくらい一緒に生き続けてくれるか。僕には分からない…。だけど、いま僕らは本当にハッピーな時間を過ごしているよ」。

Licensed material used with permission by Dave Meinert
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
イタリアで九死に一生を得た、強運のラブラドール・レトリバーがいます。この子犬の運の良さ、宝くじで1等当選するくらいの確率かもしれません。なぜって、大海にぽ...
ラスベガス国際空港のトイレで、一匹の子犬が捨てられているのが見つかりました。名前はChewy、生後3ヶ月だったそうです。彼女の横には一通の手紙が。そこには...
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...
シャキーム・グリフィンは今年シアトル・シーホークスからドラフト指名を受け、4月にNFL入りを果たしました。
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
芸術家肌かどうかは、遺伝子でわかる?そんな調査結果が科学誌「ネイチャー」に発表されました。特定の遺伝子パターンを持っているかどうかで、アーティストの創造性...
もし僕が話せたら。君に伝えたいんだ。助けてくれて、ありがとう。愛してくれて、ありがとう。一緒に過ごした日々は全部、覚えているよ。そんなフレーズからはじまる...
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
遺伝子組み換えの話題になれば、その対象が食であろうと生物であろうと、様々な議論を呼び起こします。そのなかでも注目されているのが「CRISPR-Cas9」と...
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
アメリカ・ミネソタ州に住むアーティスト、Christopher Cline(クリストファー・クライン)さんの愛犬ジュジは、世界一大きな「子犬」としても有名...
少し旅慣れた人なら、利便性よりも先にリスクが脳裏をよぎるはず。とはいえ、そのアイデアや目を引く動画はあっぱれ。まるでペットの子犬が自分のあとを追いかけてく...
特別な日の夕食を格上げにも、自分へのご褒美にもほどよいお値段のニュージーランド産・赤ワインに、翼を授けてもらうってのはいかがでしょう?
複数種の動物が混ざり合う架空の生き物「キメラ」のようだと話題のサビ猫、ヴィーナス。ただ珍しい模様というだけでなく、オッドアイの片目が青色というところからも...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
仕事も学校もある生活の中で、ホームレスになったわんちゃんのために家族を探す女性。「今でも忘れられない」というほど辛い別れを乗り越えつつも、「Friends...
花束を手にするだけで、自然と笑みがこぼれてしまうのはなぜだろう。花はいのちある生き物だから、ひだまりのように、ぽかぽかとあたたかい気持ちになるのだ。では、...
飼いはじめたばかりのペットが新しい環境や家族に慣れるには、それなりの時間が必要ですよね。とくに日中、家で独りぼっちになる時間が多ければ多いほど、心配事は尽...
SNSにあがっていると思わず「いいね」したくなるような、その存在感だけで十分にかわいいペットたち。ここでは、世界で話題になったワンちゃん(と、自分をワンち...