捨てられた子犬たちの「里親探し」に奔走する、心やさしき女性

オクラホマ州でエンジニアとして働き、夜間学校にも通う、がんばり屋のNina Doedelerさん。余暇はほとんどなさそうだけど、彼女は他にも注力しているボランティア活動がある。「Friends With Four Paws」、身寄りのない捨て犬たちの里親を探したり、ペットタクシーとして無償で汗を流す彼女。

過密なスケジュールの合間をぬってまで活動を続ける理由、犬好きなら共感できるはず。

捨てられた子犬たちに、
新たな幸せを与えたい

A9c549fc1d1f16fc03c5137e83b56869cdabc9df

きっかけは2010年に里親となった一匹の犬。前の家族に捨てられた理由、それが「もう子犬じゃないから可愛いと思えなくなった」から。Ninaの元にやってきたその子犬は、当時まだ1歳だったという。

だがNinaにとって、この犬との出会いが大きな喜びを与え、彼女の中にひとつの転換点をもたらしたようだ。過去に辛い経験をしてきた犬たちに、新しい人生を与えたい。そう感じるようになったと振り返る。

自分の手元を離れることが
犬たちにとってのハッピーエンド

52ff8c50d076a340982f829c859849ab54d651bf

新しい家族の元へ送り出すNina

たんに犬が好きだからという理由だけでない、Ninaの情熱も理解できる。その上で私には少しだけ気になることがあった。捨て犬を保護しては里親を見つけて送り出す、どこかで寂しさを覚えることはないのだろうか?

すると、彼女から素直な気持ちが返ってきた。何度も手放したくないと思ったことがある、と。

「犬って、コッチのことをあまりよく知らなくても、信じてくれようとします。心から打ち解けようとしてくれるっていうのかな。思い出すだけで、いまだに涙が溢れる別れもありましたよ。

その子はMaxって名付けたの。とてもなついていたので、新しい家族の元へ連れて行ったときは、別れが辛くて手放したくなかったんです。内心はね。だけど、嬉しそうな娘さんの表情をみて決心がついた。

あの時は、帰路の車内でどれだけ泣いたことか。もう3年も前のことだけど、今でもその家族から温かい写真が送られてくるんですよ」

どれだけ心の底からの結びつきを感じる子犬だったとしても、自分の役目に立ち返れば手放すことが正解だとNinaは強調する。自分の手元から離れることが、犬たちにとってのハッピーエンド、献身的な彼女のプロ意識に、胸の内側が熱くなった。

08e8f30043d1e3d92ce677fdd21ebee3a6a5ea398c4573721641f6bfbe809c7c39c916f34ea7022c
Licensed material used with permission by Friedns With Four Paws
カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービスだ。
ラスベガス国際空港のトイレで、一匹の子犬が捨てられているのが見つかりました。名前はChewy、生後3ヶ月だったそうです。彼女の横には一通の手紙が。そこには...
Shannon Johnstoneは、犬たちのポートレイトを撮影して里親を探す。これまでに、殺処分されてゴミ埋立地に埋葬される予定だった158匹の尊い命が...
これは、ハスキー犬・Kyroと、その飼い主で写真家・Amanda Trompさんの“二人五脚”ものがたり。傷つけられたふたりが、助け合うことで辛い過去を乗...
焼きたてハンバーグをカットして上から押すと、断面から肉汁がジュワ〜。あれ、自宅でも再現可能です。
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
恋人に求める条件……「やさしさ」。これ、アメリカでも似たような状況があるようで。以下に紹介するのは「Elite Daily」の女性ライターCaitlyn ...
ここに紹介するかわいいワンちゃんたち。花のオーナメントを頭に乗せて、どの子も愛嬌たっぷり。でも彼ら、ピットブル(Pit Bull)と呼ばれるアメリカで闘犬...
なんとなく捨てられない、着なくなった古いセーター。その素敵な再利用を実践しているのが、野良犬を保護する米保健所「Washington County Ani...
180匹以上のネコと飼い主のポートレイトを撮影するBriAnne Wills。写真にうつるのは、見ているだけでも愛情を感じる女性たちと愛猫の姿。それぞれが...
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
ダンサー兼振付師として活躍するMarisa Hamamotoさん。誰でもダンスを楽しめるという考えのもと、車いすダンスの魅力を伝えようと、新しい取り組みを...
里親を待つシェルター犬たちが、お見合い成立後にさっぱりしてから新たな家族の元へ行くことはあるかもしれません。でも、第一印象がイマイチだと、なかなか貰い手が...
ある写真がネットを通じて世界中に拡散された。以前は「自分に自信がなくて、心から愛せる人と出会えるとは思えなかった」というStephanieさん。そんな彼女...
イラストレーターのRobin Eisenbergが描くのは、サイケデリックな女性たちの日常。現実にはあり得ないシーンなんだけど、こんな生き方ができたら退屈...
ビジネスコーチのMelanie Gormanさんと著者のJohn Grayさんが共同で寄稿した「Your Tango」の記事は、女性が意見することを激励し...
「かよわい子」というのを売りにしていた女性も、そろそろ戦略を変える時期。「Thought Catalog」のHolly Riordanさんの記事から、パワ...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
リーダーシップ研修の講師実績を持つ西村直哉さんと、人材育成コンサルタントの清家三佳子さんによる共著『一瞬で心をつかむ女性部下マネジメント』(幻冬舎)をご紹...
アーティストのReisha Perlmutterの『WATER』シリーズは、裸で水中を浮遊する女性たちを描いたもの。穏やかな表情を浮かべる女性たちの油絵は...
女性のあるあるって、乙女心も絡むから男性にはないものが多い。中には「わかる〜」と頷きクスっとなってしまうものも。女性だからこその特徴的な出来事をイラストに...
「何が不満なのか分からない」、「どこまで指導していいのか迷ってしまう」……。企業における女性社員の現場で、女性部下の「取り扱い」について頭を抱えている男性...