シェルター犬を無償でトリミングし続けた男性。結果、里親が続々見つかる

里親を待つシェルター犬たちが、お見合い成立後にさっぱりしてから新たな家族の元へ行くことはあるかもしれません。でも、第一印象がイマイチだと、なかなか貰い手が現れてくれないようです。

そこに着目した一人の男性。MBAを取得し、さあコンサルとして働き始めようという矢先でしたが、あるワンちゃんと出会ったことがきっかけで運命が変わりました。その後、無性で彼らのトリミングを続けているのだとか。

貰い手のないシェルター犬を
さっぱりと大変身させる計画

Mark Imhofさんは、ニューヨークのアニマルケアセンター(ACC)に集まった犬たちの世話をしています。彼の仕事はトリマー。ワンちゃんをお風呂に入れ、のび放題になった毛をきれいに整えてあげます。

前述したとおり、これは彼がもともと志望していた職業ではありませんでした。その人生の換期となったのは、2匹のシェルター犬。Imfohさんの想いが「The Dodo」に紹介されていました。

「最初、シェルター犬を譲り受けにいったとき、のび放題になった毛を見て『なんてみすぼらしい子たちだ』と思ったんだよね」

見栄えが良ければ、もっと里親が増えるはずなのに…。彼は、その時の印象が頭から離れず、フィアンセを説得。技術を身につけるべく、トリマー学校へ通う決意を固めました。今ではACCにボランティアとして加わり、無償で犬たちのトリミングをしています。

ACCで働くImhofさんが最初に担当したのが、上の写真のショーンくんは、団体で預かっている犬の中でも、貰い手が現れにくい“望み薄”のリストに入っていたそうです。

しかし、カットの甲斐あってか、まもなく里親が現れ、めでたく引き取られていったんだそう。以下の写真はショーンくんのビフォーアフター。

さっぱりしましたよね。

そのほかのワンコたちにも
貰い手が続々と!

「考えてもみてよ。もしも人間が、ボサボサごわごわ、寝ぐせだらけな髪の毛のまま取引先に商談に行ったら、それこそ問題だよね。これも同じことなんじゃないかな?」

と語る彼。なるほど。

いま、Imhofさんは、自身が運営する「Mark The Dog Guy」で、トリミングやペットシッターなどのサービスを提供中。それでも定期的にACCを訪れ、彼らの身だしなみを無償で整え続けているそうですよ。

Licensed material used with permission by Mark The Dog Guy
カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービスだ。
仕事も学校もある生活の中で、ホームレスになったわんちゃんのために家族を探す女性。「今でも忘れられない」というほど辛い別れを乗り越えつつも、「Friends...
これは、シェルターで死にかけていたあるチワワの実話ー。米国動物愛護協会によると、アメリカでは一年間で390万匹の犬猫がシェルターに連れてこられるようですが...
人見知りする犬から、人懐っこい犬まで。人間同様、犬の性格も十人十色ですよね。うちの子の性格をもっと知りたい!という方にオススメなのが「Little Thi...
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
Shannon Johnstoneは、犬たちのポートレイトを撮影して里親を探す。これまでに、殺処分されてゴミ埋立地に埋葬される予定だった158匹の尊い命が...
1873年にイギリスで創設された由緒正しきケネルクラブ「The Kennel Club」。世界最古の愛犬団体として知られている。犬種管理やドッグショーの運...
医薬品などの開発現場で毒性検査に用いられる動物。より人間に近い結果を得るため、中型犬による実験が世界各地で一般的に実施されている現実があります。その代表が...
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
コスパよし、サイズよし、見た目よしIKEA「テーブル&チェア」。天然アカシアの無垢材とスチールの脚を組み合わせただけの「TÄRNÖ(テルノー)折りたたみテ...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
米シアトルの西に位置するヴァション島。この小さな島で起きた犬の救出劇が話題になっています。行方不明になった犬捜索しても見つからず…2015年9月12日、ヴ...
犬が落ち着くであろうスローテンポな曲を109曲収録した「犬用音楽プレイヤー」を埼玉の医療機器メーカーが発売。「音楽の曲調で犬の感情が変化しスローな音楽を聞...
2018年12月中旬に発表された、自動車メーカー「フォード」のヨーロッパ支社がつくった犬小屋の紹介です。
ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
「レジャーシート×バッグ」は、絞って、畳んで、包むだけの3ステップでバッグに早変わりする多機能なレジャーシート。
オランダを拠点に活動するデザイナーRoel Van Heurさんが自作したバランスバイクをご紹介。
なんとなく捨てられない、着なくなった古いセーター。その素敵な再利用を実践しているのが、野良犬を保護する米保健所「Washington County Ani...
犬や猫を、殺処分から保護することを目的としたNPO団体「Angels Among Us Pet Rescue」。彼らがFacebookに投稿したある一枚の...
ここに紹介するかわいいワンちゃんたち。花のオーナメントを頭に乗せて、どの子も愛嬌たっぷり。でも彼ら、ピットブル(Pit Bull)と呼ばれるアメリカで闘犬...
11月1日は「ワン・ワン・ワン」で“犬の日”。自身も犬好きという今大人気の現代美術作家・加賀美健(かがみけん)さんが描き下ろした「アダム エ ロペ ル マ...
身近な疑問を解明してくれる人気動画シリーズの「AsapSCIENCE」で今回扱うテーマは「犬」。長年「人類の親友」と比喩されてきた犬は、なぜにこんなにまで...
ラスベガス国際空港のトイレで、一匹の子犬が捨てられているのが見つかりました。名前はChewy、生後3ヶ月だったそうです。彼女の横には一通の手紙が。そこには...