【11月1日は犬の日】きっと、犬たちをギュッと抱きしめたくなるエピソード11選

犬好きも、そうでない人も、あらためて犬のことを考え、犬を知り、犬をかわいがる日、それが11月1日、「ワン・ワン・ワン」で“犬の日”です。

今までも、これからも、犬は私たちの大切な家族であり、相棒であり、親友。

そんな彼らにまつわる、ほっこりする話から、胸が締め付けられるような切ない話まで、計11話を紹介します。

そばにいる犬たちをギュッと抱きしめて、今まで以上に大切にしようと思うようなエピソードばかりですよ。

瞳を持たずに生まれてきた
「セラピー犬」

瞳を持たずに生まれてきたセラピー犬のゴールデンレトリーバー

瞳を持たずに生まれたにも関わらず、とても明るい性格でニコニコ幸せそうに毎日を過ごすゴールデンレトリバーの「スマイリー」。

心の病を持った人々や、障害のある人々からセラピー犬として愛され、これまでに笑ったことのなかった患者が、スマイリーと出会ったことで笑顔を取り戻すなんてこともあったそうです。 

 

詳しく読む>>>

一緒に卒業アルバムに
写った「介護犬」

一緒に高校の卒業アルバムに載った介助犬
©AJ,diana bloom

バージニア州の高校で、生徒一人ひとりの顔写真が並んだ卒業アルバムに、ちょっと見慣れない「犬の写真」。この犬の名前は、Alpha。重い糖尿病を抱えるAndrew Schalkくんの高校生活を、側でずっと支えてきたパートナーです。

卒業の時、Andrewくんは卒業アルバムに「Alphaも一緒に加えて欲しい!」と申し出ます。彼にとってはAlphaのおかげで成り立っていた学校生活であり、大切なクラスの仲間だったから。

そしてその想いは、彼だけのものではありませんでした。クラスメイトたちも、そのリクエストに大賛成。学校側も快諾してくれたのです。

 

詳しく読む>>>

殺処分前の犬が「お花」と
一緒に写真を撮ったら……

さっ処分寸前の犬たちが、お花と一緒に写真をとった結果
©Sophie Gamand

ここに紹介するかわいいワンちゃんたち。花のオーナメントを頭に乗せて、どの子も愛嬌たっぷり。

でも彼ら、ピットブル(Pit Bull)と呼ばれるアメリカで闘犬用に改良された犬なんです。彼らに待ち受けているのは、「安楽死」という悲しい現実。そこで一人のフォトグラファー・Sophieさんが立ち上がりました。

Sophieさんの写真の効果は大きかった。これまで、じつに600匹以上のワンちゃんたちがイメチェンした写真のおかげで、新しい家族の元へと迎えられています。

 

詳しく読む>>>

余命半年の宣言を受け
愛犬と旅に出た男性

余命半年の宣言を受けた愛犬と、仕事を辞めて旅に出た男性の記録
©robkugler

クーグラーさんと愛犬のベラは、9年以上仲睦まじく生活を共にしてきた、かけがえのない家族同士。

ある日のこと、そんなふたりに衝撃的な事実がつきつけられました。

「ベラは悪性骨肉腫です。がんが肺に転移しています。今日脚を切断するか、それとも諦めるか、どちらか選ばなければいけません」

ベラは片足を失いました。それだけではありません。残された余命はたった3~6ヶ月ほどだと言います。つらすぎる事実、クーグラーさんは、悲しみに打ちひしがれました。

そして彼は仕事を辞め、ベラと最後の旅に出たのです。

 

詳しく読む>>>

保護施設から引き取られた
「心やさしき闘犬」

保護施設から引き取られた心優しき闘犬、子猫をお世話する
©Bubba Loves Rue

ニューヨーク在住のレベッカさんは6年前、アリゾナ州フェニックスの動物保護施設から生後3ヶ月のピットブル犬・Bubbaを引き取りました。

ピットブルに対しては、攻撃的で獰猛な闘犬のイメージを持っている人もいるかもしれません。でも、この子を見るとそんな印象は180度変わるはず。

猫が好きだというBubba。同じく保護施設から引き取った子猫のRueも、会って数時間後にはお腹に乗せてスヤスヤ……。

 

詳しく読む>>>

14年間、実験動物だった
3匹の犬が自由になった瞬間

14年間実験動物だった3匹のビーグル犬が自由になった瞬間(動画)
©Beagle Freedom Project

医薬品などの開発現場で毒性検査に用いられる動物。より人間に近い結果を得るため、中型犬による実験が世界各地で一般的に実施されている現実があります。その代表がビーグル犬だということを知っていましたか?

この動画は、14年間に渡って臨床実験を受けてきた3匹のビーグル犬を紹介したもの。アメリカのボランティア団体によって自由を得た、彼らの表情の変化に注目です。

 

詳しく読む>>>

シェルター犬を無償トリミング
し続けた男性。その結果……

シェルター犬を無償でトリミングし続けた男性。その結果
©Mark The Dog Guy

里親を待つシェルター犬たち。第一印象がイマイチだと、なかなか貰い手が現れてくれないようです。

そこに着目した一人の男性。MBAを取得し、さあコンサルとして働き始めようという矢先でしたが、あるワンちゃんと出会ったことがきっかけで運命が変わりました。その後、無性で彼らのトリミングを続けているのだとか。

 

詳しく読む>>>

耳が聞こえなくて家族に何度
裏切られても、信じ続けた犬

耳が聞こえなくて家族になんど裏切られても、人を信じ続けた犬
©Ivor

首を傾げる仕草で、キュンとさせてくれるワンコ。スタッフォードシャー・ブル・テリアのIvorは、生まれてからわずか10ヶ月の間に捨てられ、5つもの家族にたらい回しされてしまったそうです。

その理由は、耳が聞こえないという障害にありました。

しかし、英国動物虐待防止協会に保護され、愛情たっぷりに接してくれるスタッフさんたちに出会います。そこで保護協会のスタッフは、Ivorに手話を教えました。

 

詳しく読む>>>

超大型犬による「子守り」
の様子をどうぞ

超大型犬による赤ちゃんの子守りの様子
©ralphie_the_newf_and_the_boss

海難救助犬として活躍してきた歴史を持つ、ニューファンドランドは"超大型犬"。

カリフォルニアのフィッシャー家で暮らしている2匹のニューファンドランドの大きさも、フォトショップを使っているわけではなく、正真正銘のリアル。

末っ子のテガンくんと並ぶと、熊に間違われてしまいそうなくらいの大きさだけど、心優しい性格で、成長を見守っている姿が愛らしい!と、Instagramで有名になりました。

 

詳しく読む>>>

最期を迎えた老犬がどうしても
飼い主に伝えたかったこと

最期を迎えた老犬が飼い主にどうしても伝えたかったこと
©Shawn Welling

もし僕が話せたら。

君に伝えたいんだ。

助けてくれて、ありがとう。

愛してくれて、ありがとう。

一緒に過ごした日々は全部、覚えているよ。

そんなフレーズからはじまるこのショートフィルムは、一匹の年老いた犬の回想です。この映画を作ったのは、Shawn Wellingさん。実際に飼っていた犬との思い出を元に、物語を作ったと言います。

ペットのほとんどは、人間よりも先に死を迎えます。どんな最期がいいのか……はっきりとした答えを出すことはできませんが、何より飼い主の愛情が大切だということは、この映画を通して強く伝わってくるはずです。

 

「捨てられた柴犬」は
飼い主を忘れられない

捨てられた柴犬は飼い主を忘れられない(動画)
©《流浪心事》由明星愛犬訓練學校教練指導狗明星領銜主演的微電影

飼い主が犬を捨てても、犬は決して飼い主のことを忘れない。

犬がどれだけ飼い主を愛する生き物か、国内外問わず、亡くなった飼い主を待ち続けた「忠犬ハチ公」のエピソードは有名なはず。

最後に紹介するこの動画は、妊婦の奥さんが安静に過ごすために捨てられた柴犬の心境を表現しているもの。

見るだけで切なくなり、胸が締め付けられます。犬をはじめ、ペットを飼ったら、最後まで愛すること。それは絶対に、絶対に忘れてはいけないこと。

 

詳しく読む>>>

Top image: © iStock.com/damedeeso
11月1日は「ワン・ワン・ワン」の“犬の日”。犬好きも、そうでない人も、あらためて犬のことを考え、犬を知り、犬をかわいがるこの日に、「そんなのあるのか!」...
11月1日は「ワン・ワン・ワン」で“犬の日”。自身も犬好きという今大人気の現代美術作家・加賀美健(かがみけん)さんが描き下ろした「アダム エ ロペ ル マ...
人見知りする犬から、人懐っこい犬まで。人間同様、犬の性格も十人十色ですよね。うちの子の性格をもっと知りたい!という方にオススメなのが「Little Thi...
2018年12月中旬に発表された、自動車メーカー「フォード」のヨーロッパ支社がつくった犬小屋の紹介です。
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
犬が落ち着くであろうスローテンポな曲を109曲収録した「犬用音楽プレイヤー」を埼玉の医療機器メーカーが発売。「音楽の曲調で犬の感情が変化しスローな音楽を聞...
8月26日の「ナショナルドッグデー(全米犬の日)」をきっかけに、アメリカで、AmazonのAIアシスタント「Alexa」のある機能が話題になった。「Pup...
12月1日より、岐阜市にある「ぎふ動物行動クリニック」で、日本初とされる犬猫の「ストレス診療科」が開設される。“人と犬猫のより良い共生”ができる社会の実現...
米シアトルの西に位置するヴァション島。この小さな島で起きた犬の救出劇が話題になっています。行方不明になった犬捜索しても見つからず…2015年9月12日、ヴ...
イギリス政府は地球温暖化対策を強化するため、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表。今後は電気自動車などの普及を後押ししていく...
不要になった古着の子ども服を子どもたちから直接回収し、ドッグウェアに再生する「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」。子どもたちに、物を大切にする気持ち...
カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービスだ。
「World Brewers Cup 2016」チャンピオンのトップバリスタ・粕谷哲氏と、フレブル専門誌『BUHI』がコラボして作ったコーヒーが発売。ナッ...
犬系男子の特徴や恋愛傾向をわかりやすくまとめています。犬系男子と付き合うメリットやデメリット、相性の良い女性のタイプや付き合いを続けるコツにも触れているの...
みなさん犬は好きですか?犬好きな人って、何となく情が深くて、愛嬌たっぷりな印象があります。そんな「犬好きの女の子」を彼女に選ぶべきだと語っているのは、「E...
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
身近な疑問を解明してくれる人気動画シリーズの「AsapSCIENCE」で今回扱うテーマは「犬」。長年「人類の親友」と比喩されてきた犬は、なぜにこんなにまで...
7〜8月に多いという犬の熱中症対策として、「株式会社シロップ」は、鹿児島県産の黒豚や安納芋などの国産食材を使用した人間も食べられるカスタムフレッシュドッグ...
4月からの新生活にも慣れ、あんまり忙しいので、家のワンちゃんを眺めて「お前はいいな、毎日気楽で。」なんてつぶやきたくなる毎日。いっそその犬の生活、真似して...
男性を動物に例え、その性格から犬系男子、猫系男子と分ける人が増えています。もちろん全てが全く同じというわけではありませんが、それぞれのタイプには分けられる...
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
ペット先進国として知られるドイツ。そんなドイツで「飼い主は1日2回以上、犬を散歩させること」を義務付ける、驚きの法案が提出された。