介助犬、セラピー犬、子守犬・・・心揺さぶるワンちゃんの大活躍【まとめ】

生まれ持った能力をいかし、世界のさまざまな場面で活躍する「ワンちゃん」たち。ここではそのいくつかの記事を紹介しましょう。大きな愛に溢れる彼らの姿に、きっと心うばわれるはず。

01.
自閉症の男の子を
つきっきりで看病する
「アシスタントドッグ」

9歳のJames君は自閉症。話すことはもってのほか、家族とのアイコンタクトさえ嫌がっていた彼を変えたのは、1匹のアシスタントドッグでした。

名前はMahe。Jamesくんのケアができるよう特別なトレーニングを受けていて、彼を落ち着かせるだけではなく、安全に過ごせるよう見守ります。発作が起きると鼻を鳴らしたり吠えることで周りに知らせなければならないので、片時もJames君のそばを離れません。

そんなケアが功を奏し、James君はみるみるうちに回復。今では学校にも通っているとか。もちろん、Maheと一緒にね。

→詳しい記事はこちらから。

02.
オリンピック代表選考会で
試合前の選手を癒やす
「セラピー犬」

リオ五輪の出場枠をめぐり、今年の7月にネブラスカ州オマハで実施されたアメリカの競泳代表選手選考会。4年間の成果が問われるとあって、選手たちの緊張感から会場の空気はピリピリ…かと思いきや、リラックスムードに包まれていたというのです。

そのワケは30匹の「セラピー犬」。一緒に遊んで不安を取り除き、本来の実力を最大限に発揮してもらえるようにとアメリカの非営利団体、Domesti-PUPSが派遣しました。「みんなナーバスになっていたけど、とてもリラックスできたよ」と選手の評判は上々。2020年の東京五輪では、チームスタッフとしてセラピー犬を帯同させることがワールドスタンダードになっているかも?

→詳しい記事はこちらから。

03.
毎日赤ちゃんを
抱っこしてお昼寝♪
優しい子守犬の、悲しい過去

とてもほっこりするこの光景は、カナダに住むエリザベス・スペンスさんの息子、アーチーくんとイングリッシュポインターのノラ。一緒にお昼寝をするほど、とっても仲良し。チャンスがあれば、アーチーくんをぎゅっと抱っこします。

でも実はノラには、シェルターで虐待されていたという悲しい過去が…。アーチーくんが生まれる7年前にエリザベスさんが引き取ったのです。

彼女は言います。「写真を撮り始めたのは、シェルターから来た子たちが素晴らしいペットだっていうことを知って欲しかったのと、2人の姿を見た人が保護施設にいる動物に“愛のチャンス”を与えようって思ってくれたらいいな、と考えたからよ」と。

→詳しい記事はこちらから。

04.
殺処分直前に保護された犬。
災害救助犬として活躍中!

災害救助犬、夢之丞。彼は殺処分直前だったところを紛争や災害の人道支援をしているNPOピースウィンズ・ジャパン(以下PWJ)に保護され、今は災害現場という過酷な環境で頑張っています。

2014年8月に広島で発生した土砂災害では、行方不明だった男性の遺体を発見。メディアでも大きく取り上げられたので、知っている人も多いかもしれません。2015年のネパール地震にも派遣され、捜索活動にあたりました。「助けられた命」が、今度は「命を助ける」。素晴らしいサイクルが話題になったのです。

→詳しい記事はこちらから。

05.
一人では歩けない少女を変えた
1匹の介助犬との出会い

骨の成長を阻む病(モルキオ症候群)を抱え、四肢が細く低身長のベラちゃん11歳。以前は松葉杖を使って歩くことさえままらなかったのですが、介助犬ジョージとの出会いにより、懸命に自分の脚で歩き始めたんだそう。

「ジョージといると、何でもできるってチカラがみなぎってくるの!」とベラちゃん。冬にはソリを楽しみ、春には自転車にも乗れるようになったのだとか。

何をするにも一緒のベラちゃんとジョージ。もちろん、寝るときも仲良くベッドを並べているんですって。

→詳しい記事はこちらから。

06.
空港の安全を保つ
「ゴーグル犬」
彼にしかできない仕事って?

鳥や小動物が空港内に入ってくると離着陸に問題が生じるだけではなく、もしも飛行機に衝突してしまったら大事故につながりかねません。そんな事態を防ぐため、米ミシガン州にあるチェリー・キャピタル空港を日々パトロールしているのが、名物犬の「K-9 Piper」。

青いゴーグルと黒いベストをしっかり着こなし、威厳すら感じるこの出で立ち──。カッコいい!フォトジェニックな彼に、ファンも増えているみたいですよ。

→詳しい記事はこちらから。

07.
ウェディングムービーの撮影を
愛犬にお願いしてみたら…

結婚式当日のウェディングムービー。家族の大切な宝物になるだろうから、撮影を任されるとなると責任重大。腕のいいカメラマンに依頼するのが当然でしょ?と思いきや、マーシャルさんとアディーさん夫妻は、なんと愛犬のライダーにお願いすることに!

当日はGoProを装着。画面がブレちゃうのはご愛嬌?ちょっと暴走しちゃう場面もありながら、大事なところはしっかりとおさめています。まさに世界にひとつしかないオリジナルムービーですね。

→詳しい記事はこちらから。

11月1日は「ワン・ワン・ワン」で“犬の日”。自身も犬好きという今大人気の現代美術作家・加賀美健(かがみけん)さんが描き下ろした「アダム エ ロペ ル マ...
2018年12月中旬に発表された、自動車メーカー「フォード」のヨーロッパ支社がつくった犬小屋の紹介です。
犬が落ち着くであろうスローテンポな曲を109曲収録した「犬用音楽プレイヤー」を埼玉の医療機器メーカーが発売。「音楽の曲調で犬の感情が変化しスローな音楽を聞...
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
万能植物の月桃成分を配合した“マスクをつけたくなるスキンクリーム”をご紹介。
不要になった古着の子ども服を子どもたちから直接回収し、ドッグウェアに再生する「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」。子どもたちに、物を大切にする気持ち...
カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービスだ。
身近な疑問を解明してくれる人気動画シリーズの「AsapSCIENCE」で今回扱うテーマは「犬」。長年「人類の親友」と比喩されてきた犬は、なぜにこんなにまで...
骨の成長を阻む病(モルキオ症候群)を抱え、四肢が細く低身長のBellaちゃん11歳。松葉杖を使って歩くこともままならなかった少女が、あるキッカケで再び自分...
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
この記事では、お家トレーニングにもオススメな「ケトルベル」をご紹介していきます。そのメリットを知ったら、欲しくなってしまうこと間違いなしです。
7〜8月に多いという犬の熱中症対策として、「株式会社シロップ」は、鹿児島県産の黒豚や安納芋などの国産食材を使用した人間も食べられるカスタムフレッシュドッグ...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
8月26日の「ナショナルドッグデー(全米犬の日)」をきっかけに、アメリカで、AmazonのAIアシスタント「Alexa」のある機能が話題になった。「Pup...
人見知りする犬から、人懐っこい犬まで。人間同様、犬の性格も十人十色ですよね。うちの子の性格をもっと知りたい!という方にオススメなのが「Little Thi...
1873年にイギリスで創設された由緒正しきケネルクラブ「The Kennel Club」。世界最古の愛犬団体として知られている。犬種管理やドッグショーの運...
「バルミューダ(BALMUDA)」がブランド初となるコードレス掃除機「BALMUDA The Cleaner」を発表。発売は11月17日(火)から。
「ドン・キホーテ」のブランド「情熱価格」より、ありそうでなかった片耳だけの完全ワイヤレスイヤホンが登場。「イヤホンから流れる音に集中しすぎず、周囲にも気を...
瞳を持たずに生まれたにも関わらず、とても明るい性格でニコニコ幸せそうに毎日を過ごすゴールデンレトリバー「スマイリー」の写真に世界中がメロメロ!現在は心の病...
みなさん犬は好きですか?犬好きな人って、何となく情が深くて、愛嬌たっぷりな印象があります。そんな「犬好きの女の子」を彼女に選ぶべきだと語っているのは、「E...
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
保護犬猫のマッチングサイト「OMUSUBI」の新機能では、保護犬猫とユーザーの相性度診断によって潜在的に相性の良い子を提案する。今まで選ばれにくかった犬猫...
4月からの新生活にも慣れ、あんまり忙しいので、家のワンちゃんを眺めて「お前はいいな、毎日気楽で。」なんてつぶやきたくなる毎日。いっそその犬の生活、真似して...
もしも犬が話せたら。「愛してくれて、ありがとう」といっているかもしれません。