介助犬のおかげで、杖を使わずに歩けるようになった少女

骨の成長を阻む病(モルキオ症候群)を抱え、四肢が細く低身長のBellaちゃん11歳。松葉杖を使って歩くこともままならなかった少女が、あるキッカケで再び自分の足で歩けるように。そこには、自分の体重(20キロ)の3倍もある超大型犬の存在が。

松葉杖に代わって介助する
60キロ越えの巨大犬

bella_and_george_paw_3ebbd1959c41d6f4035b6e134c56f84c.today-inline-large2x

マサチューセッツ州に暮らすBellaちゃん。ある日、じつに60キロ近い体重の大きな犬が家族に加わりました。名前は「ジョージ」2歳のグレート・デーンです。成長すると、2メートルを超えることもあるその体格とは裏腹に、穏やかな性格で人気の犬種なんだそう。
ジョージが家にやってきた日から、Bellaちゃんに小さな変化が現れ始めました。それまでずっと、松葉杖にしがみつくようにして歩いていたり、車椅子生活だった少女が、ジョージの力を借りて、懸命に自分の脚で歩き始めたんだそう。

スクリーンショット 2015-11-16 21.10.58

どこへ行くにもふたりは一緒。動画では、学校に通う彼女に寄り添い、片時も離れないジョージの姿。授業を受けるBellaちゃんの足元でうたた寝をしています。

「これまで松葉杖や車椅子に頼りっきりだった。でも、今は違うの。彼は私のすることを何でも理解してくれるんだ。それに、教室のことならなんでも分かっているよ」

ローカルニュース「WCVB.com」が紹介する少女のコメントからは、今やジョージが介助犬としてではなく、完全に友だちとして彼女の生活を支えていることが伝わってきます。

一匹の介助犬が
少女のやる気に火を付けた

bella_and_george_hospital_f7369270d42d93c8ae8537aae741d7d8.today-inline-large2x

これまでに、足腰の筋力を増すための手術を9回のに渡って乗り越えてきたBellaちゃん。ところが、どうしても松葉杖を支える上半身に頼りきり、「下肢の筋力が衰えるいっぽうだった」と少女の母親は、NBCニュース「TODAY」に振り返るように伝えています。
それが2年前、大型犬グレート・デーンの特性である身長の高さを生かし、Bellaちゃんのように下肢に障がいを抱える人の両立支援をサポートする介助犬サービス「Service Dog Project」に出会ったんだそう。

bella_and_george_kiss_3101f696410905c20d9f9bfec7bfbcd3.today-inline-large2x

ジョージといることで、何事にもチャレンジしてみようという意欲がBellaちゃんに湧いてきたことを両親は、何よりも喜んでいるようです。Bellaちゃんもまた、ジョージといれば「何でもできる!」とチカラがみなぎってくるんだとか。
冬には一緒にソリを楽しみ、春には自転車にも乗りました。今年の夏休はビーチにも出かけ、ご満悦な彼女の様子が印象的。

bella_and_george_bedtime_28fa18aaafd40f6da11111300b56e80d.today-inline-large2x

何をするにも一緒のBellaちゃんとジョージ。もちろん、寝るときも仲良くベッドを並べているんだって。

 Reference:WCVB.com , TODAY
Licensed material used with permission by Mrs, Rachel Burton

11月1日は「ワン・ワン・ワン」の“犬の日”。犬好きも、そうでない人も、あらためて犬のことを考え、犬を知り、犬をかわいがるこの日に、「そんなのあるのか!」...
2018年12月中旬に発表された、自動車メーカー「フォード」のヨーロッパ支社がつくった犬小屋の紹介です。
低身長や発育不全、薄い体毛が特徴の病、ハラーマン・ストライフ症候群の少女のインタビュー動画。インタビュアーのクリスさんは元特殊教育学校教師。子どもを中心に...
犬が落ち着くであろうスローテンポな曲を109曲収録した「犬用音楽プレイヤー」を埼玉の医療機器メーカーが発売。「音楽の曲調で犬の感情が変化しスローな音楽を聞...
耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」より、クリエイティブディレクター 佐藤可士和氏とのコラボモデル「DWE-5600KS」が2021年3月5日に発売。
カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービスだ。
11月1日は「ワン・ワン・ワン」で“犬の日”。自身も犬好きという今大人気の現代美術作家・加賀美健(かがみけん)さんが描き下ろした「アダム エ ロペ ル マ...
11月1日は「犬の日」。あらためて犬のことを考え、犬を知り、犬をかわいがるこの日に、「ほっこり話」から胸が締め付けられるような「切ない話」まで、犬たちを今...
不要になった古着の子ども服を子どもたちから直接回収し、ドッグウェアに再生する「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」。子どもたちに、物を大切にする気持ち...
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
生まれ持った能力をいかし、世界のさまざまな場面で活躍する「ワンちゃん」たち。ここではそのいくつかの記事を紹介しましょう。大きな愛に溢れる彼らの姿に、きっと...
1873年にイギリスで創設された由緒正しきケネルクラブ「The Kennel Club」。世界最古の愛犬団体として知られている。犬種管理やドッグショーの運...
身近な疑問を解明してくれる人気動画シリーズの「AsapSCIENCE」で今回扱うテーマは「犬」。長年「人類の親友」と比喩されてきた犬は、なぜにこんなにまで...
海難救助犬として活躍してきた歴史を持つ、ニューファンドランドは"超大型犬"テガンくんと並ぶと、熊に間違われてしまいそうなくらいに大きい。だけど心優しい性格...
8月26日の「ナショナルドッグデー(全米犬の日)」をきっかけに、アメリカで、AmazonのAIアシスタント「Alexa」のある機能が話題になった。「Pup...
育児中のパパママからの「あると助かる〜!」の声を実現する子供服ブランド「アルトタスカル」が誕生
シアトルに住むスティーブ・マシオ氏は、旅行が大好き。その愛は「デルタ航空」のファーストクラスの座席を購入して自宅に置いているぐらいに大きい。その様子を紹介...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
顔の片側もしくは両側に奇形が生じ、眼球にも異常が見られるゴールデンハー症候群。顔にだけではなく、時には心臓をも蝕む恐ろしい病気として知られています。スロバ...
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
もしも犬が話せたら。「愛してくれて、ありがとう」といっているかもしれません。
7〜8月に多いという犬の熱中症対策として、「株式会社シロップ」は、鹿児島県産の黒豚や安納芋などの国産食材を使用した人間も食べられるカスタムフレッシュドッグ...