無理せず休める。アメリカ・オレゴン州の学校で始まる「メンタルケア制度」

アメリカのオレゴン州では、学校に通う生徒が「mental health days」を取得できる制度ができるようだ。自殺率の抑制の一環として、現役の学生が提言を進め、すでに州知事の署名も済んでいる。

この制度は「精神的な理由」で学校を休むことを認めるもの。怪我などでなければ免除されなかった休みの条件を広げる。3ヵ月の範囲で5日間の休みが取得でき、それ以上になる場合は、学校長などへの申請が必要となる。

オレゴン州では、「自殺」が10〜34歳の死因で2番目に多く、メンタルケアによって抑制する政策に関心が寄せられている。

日本政府の「2019年版自殺対策白書」によると、我が国でも19歳以下の自殺数が過去最悪に。特定できたもので最も多かった原因は「学校問題」というから、無理せず休むことができる環境づくりは必要だろう。

Top image: © iStock.com/dolgachov
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
米オレゴン州のビーバートンで、緊迫した空気が一変して笑いに包まれる夜がありました。一本の通報電話に、地元の保安官が現場へ駆けつけるも待ち構えていたのは……。
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
オーストラリアのニューサウスウェールズ州は、州内の500を超える学校を対象に朝食を提供するサービスの開始を決定。オーストラリア最大のフードバンクと提携し、...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
米テネシー州にあるカトリック系の学校「St. Edward Catholic School(聖エドワード・カトリック・スクール)」の図書館から『ハリー・ポ...
2006年、ポートランドに設置された公衆トイレ。オレゴン州からマサチューセッツ州やニュージャージ州に広がり、今年に入ってからはワシントン州やテキサス州も導...
テキサス州の小学校の校長先生であるBelinda Georgeさんは、Facebookのライブ配信を使い、子どもたちに本の読み聞かせを行っています。途中、...
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
バージニア州の小学校「William Marvin Bass Elementary School」では、地理や生物などを学ぶ授業でVRゴーグルが配られ、生...
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
アメリカ国務省は、ビザ申請を行う際に「ソーシャルメディアアカウント」の申告を義務化。アメリカに入国するほぼ全ての人が対象です。
アメリカンダイナー風のポップなインテリアにパステルカラーを組み合わせた室内がかわいい部屋。「The McFly」と呼ばれていて、アメリカ・テキサス州ダラス...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
アメリカ・ネブラスカ州の気象局は、クルマのダッシュボードを使ったビスケット焼きを実演することで、たくさんの人に熱波の警告をした。
アラバマ州にあるフォードの販売店が、自動車を購入した人に「アメリカの国旗」と「聖書」をあげるというキャンペーンを行なっています。
こんにちは。アメリカ・テキサス州に住んでいるMegumiです。今回はちょっと変わった食器用洗剤を買ったお話をさせてください。
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。