2030年に向けたイギリスで始まるAI対策の「研修制度」

イギリスは、将来AIやロボットによって仕事を代替される工場労働者たちの転職に向けたスキルアップやキャリア形成をサポートする研修制度を始める。

まずは、リバプールでトライアルを始めるとのこと。小規模で試験的に実施することを通して、広い範囲で運用できるよう準備していく見通しだ。

オックスフォード・エコノミクスは、2030年までに約2000万人の工場労働者の仕事がAIによって代替されると予測。AIに代替される側の「行き先」の議論も大切だが、個人がAIをどのように利用していくかを考えることも必要になるだろう。

Top image: © iStock.com/Thossaphol
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
スカンジナビア航空は、気候変動対策として「免税品の機内販売廃止」を発表。2030年までに、排ガスの少なくとも25%を目指します。
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...