「ヒースロー空港」が発表したイギリス初の混雑緩和対策とは?

イギリスのヒースロー空港が乗客の手荷物検査の効率化を検討中。2022年までに、手荷物の中身を3D分析できる新装置を導入する方針を発表。手荷物からパソコンや液体を取り出す作業をなくすことで、待ち時間の大幅な削減を図ります。

すでに、アメリカやヨーロッパの一部で導入されていますが、イギリスでは初の取り組みです。

2006年にイギリスは、アメリカやカナダへ向かう複数の便における爆破テロ計画を未然に防止。以来、手荷物の液体検査をはじめとしてテロ対策が強化され、「ヒースローといえば長蛇の列」がお馴染みになってしまった……のも導入の背景にはあります。

もちろん、「安全性」を最優先するのが空港としての大前提。3D分析によるセキュリティの向上が狙いではありますが、あわせて時間の節約も図ることで利用者の満足度アップに繋げます。

Top image: © iStock.com/SolStock
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
イギリスのヒースロー空港の職員たちが、利用者たちにこの一年の感謝を伝えるためのフラッシュモブを披露。クリスマスソング「ひいらぎかざろう」に聴き入る利用者の...
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...