空港もエコの時代。誰もが見落とす意外な「アレ」でまさかの節水対策を実現した!

米メディア「TakePart」で、ジャーナリストPadma Nagappan氏が、サンディエゴ国際空港の節水対策に注目した記事をご紹介。
記録的な干ばつ被害が深刻化するカリフォルニア州において、この空港が乗り出した取り組みは、最新テクノロジーを駆使したものかと思いきや、誰もが見落としがちな意外な方法。節水対策に励む企業努力が見て取れます。

shutterstock_281588774


現在、米カリフォルニア州の空港では、年間およそ数億ガロン(※1億ガロン=約3億7千万リットル)の水が使用されています。深刻な干ばつが続くカリフォルニア州において、この空港で使用される大量の水をムダに浪費せず、再利用する施策がついに始まったようです。

例えば、ロサンゼルス国際空港では一年間におよそ5千万ガロン(約2億リットル)以上の水が使用されています。サンフランシスコ国際空港においては、およそ倍の量。
ところが、アメリカで3番目の大きさを誇るサンディエゴ国際空港では、約7,700万ガロン(約3億リットル)に抑えることができています。この空港では、日々浪費する水をどうにか捻出すべく、エアコンの室外機から出る水を収集するなどして、節水対策に励んでいるようです。

「エアコンの冷却水だけでなく、空気中の湿気からも水を採取して、我々は何度も繰り返し使用しているんですよ」

サンディエゴ国際空港で、施設環境部門の統括マネージャーを担当するBrendan Reed氏が言います。単純計量しても、順調にこのまま節水対策が進めば、2015年だけでおよそ5,7000ガロン(約21万リットル)の水を節約することが可能とのこと。

shutterstock_62403391

こうして溜められた水の利用法のひとつが飛行機の冷房システムに活かされます。例えば飛行機がケートに接続される際、搭乗口から機内へ続く「ジェットウェイ」の真下をホースが通り、燃料の代わりに機内の冷房設備をコントロールするシステムが実際に採用されているそうです。

これまで、空港内に設置されたエアコン室外機からぽたぽたと地面に落ちる水滴により、滑走路の地面を浸食し傷つける危険性がありました。ならば、「この冷却水もビンに集めてしまおう」と、至極単純なアイデアを空港スタッフが発案。なんと、それがそのまま採用されることになったという訳。
サンディエゴ国際空港第一ターミナルのゲート数は8つ、貯水タンクがから続く循環ホース8本が、各ゲートへと敷かれています。集められた室外機からの水は、歩道の清掃や空港内の乗り物を洗浄する際に利用されているんだそう。
干ばつという大きな問題に直面しているなかで、空港が採用したのは、意外にも誰もが見過ごすようなアイデアだったのです。

カリフォルニア州は、今年で4年目の干ばつを迎えています。すでに州の河川や貯水池は枯渇し、地下貯水池までもが急速に消え失せようとしている現状。空港をはじめとする街の大規模施設は、大量の飲料水を消費しているのは事実です。ですが、もしも、こうした施設で繰り返し水を使うシステムが構築できれば、より多くの飲料水をカリフォルニアに暮らす人々へと供給できます。

shutterstock_124713472

2014年秋から、カリフォルニア州の各空港では、港内で使用するあらゆる水の再利用化に努めています。こうして集めた水の17%を用いて、空港から近隣地域へと飲料水を供給するシステムも現在構築中だそう。

サンディエゴ国際空港の職員は、水処理を含む500万ガロン(約1,900万リットル)の水の使用を削減する節約システムの開発に乗り出しました。彼らはさらに、雨水の再利用も視野に入れています。前述のReed氏がその計画の一部を語ります。

「私たちは660エーカーの広大な空港から排水溝を通じて、およそ1億ガロン(約3億8千万リットル)の雨水を1年で貯める計画です。これが実現できれば、蛇口をひねるだけで、潤沢な再利用水が使えるようになるはず」

take_part_logo_closed_100313 (1)

Licensed material used with permission by TakePart(Padma Nagappan)

他の記事を見る
世界でも3番目に忙しい空港と言われるダラス・フォートワース国際空港。「テキサスきたー!」のイメージ通りな『Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー...
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
「シンガポール・チャンギ国際空港」がさらなる進化を果たし、世界一の座を揺るがないものにしようとしています。
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
トイレを流すとき、一体何リットルの水を使ってると思う?一度トイレを利用しただけで、どれくらいの水が使われているか知っているだろうか。その量なんと、約6リッ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
「Wizarding World Holiday at Changi's」は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル内で開催されています。
アメリカ・ワシントン州のシアトル・タコマ国際空港で試験的に導入されている「ビジターパス」。1日50名までの限定ですが、世界的に広がりそうなシステムです。
アラブ首長国連邦(UAE)は、世界でも特に水不足が深刻な国。ここ最近は干ばつの影響もあり、ますます大きな問題となっています。その解決のために、「Natio...
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
本日10月29日(月)は、トルコの建国記念日。そのタイミングで、首都イスタンブールに世界最大規模の新空港が開港しました。
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
深刻な干ばつが続く、カリフォルニア州。ロサンゼルスで8月10日、苦肉の策とも思える大胆な施策が実行された。まずは、以下の動画を見て頂きたい。いったい、何が...
50万以上の植物に囲まれている空港がある。 2015年3月、イギリスのリサーチ会社スカイトラックス社は、シンガポール・チャンギ国際空港を世界で1番の空港と...