【これは便利】目的地の混雑状況が一目でわかる「混雑レーダー」

これから向かおうとしている観光地の混雑状況、気になりますよね?場合によっては、目的地を変更したほうが満足度が高まることだってあるでしょう。でも、それって一体どう把握すればいいの?

そこで活躍するのが、「Yahoo!地図」アプリの機能「混雑レーダー」です!

混雑状況をYahoo!地図上に
ヒートマップで色分け!

この「混雑レーダー」は、混雑状況をヒートマップで色分けし可視化したもの。情報は早朝6時から深夜1時まで、20分間隔で更新。平常時とは異なるイベント開催時の混雑状況だって一目瞭然です。

たとえば、上は日本最大規模の花火大会である秋田県「大曲の花火」当日のデータ。15時頃から幹線道路を通り会場の河川敷に観客が集まる様子や、イベントが終わる21時30分頃から観客が帰っていく状況がよくわかります。

こちらは、某有名アーティストのオールナイトライブ当日のデータ。左上が会場ですが、21時の開演に向けて11時頃から続々と人が集まっていますよね。

ちなみに、掲載した2種類の混雑アニメーションは、説明用に加工されたもの。実際は、現在から過去3時間分の状況を確認できるのだそう。

では、気になる「混雑レーダー」の使い方を説明しましょう。まずは、以下の3つの方法で表示できます。

表示方法
①メニューから

②地図選択ボタンから

③ショートカットから

上のいずれかで「混雑レーダー」を表示した後、使用できる機能は2つ。

【機能】
①スライダー

現在だけでなく、過去3時間分の混雑状況を確認できます。

②再生ボタン

3時間前から現在までの混雑状況をアニメーションで再生可能。表示時間を任意の時刻へ移動している場合は、その時刻から現在までの状況を再生します。

さあ、あなたも「混雑レーダー」を上手く活用し、せっかくのお出かけを気持ちのイイものにしてくださいね!

Licensed material used with permission by ヤフー株式会社
他の記事を見る
このアプリがあれば、地球上どこでも3m四方指定で待ち合わせができる。花見会場で電話しながら友だちを探し回ることも、シンデレラ城の前で迷子になることもない。...
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
イギリス発の「BeeLine」。専用のアプリを使うと目的地までの距離と方角だけを教えてくれる、迷うことや遠回りすることを楽しもうというアイテム。
SNSを介して知人と近況をシェアすることが当たり前のこの時代。またしても、注目度大のアプリが登場しました。この「WHERE」があれば、ちょっとしたお出かけ...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのWEBサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
毎日使う目覚まし時計に、こんな機能があったら便利。「Snorelax」は、数ある交通情報アプリの中でも通勤ルートに特化したもの。こんなサポートをしてくれま...
春が近づき、本格的な行楽シーズンは目の前。ポカポカ陽気の中、公園に出かけたり、花見やフェスの予定を立てたり…気温とともに気分も上がってきますよね。そんなち...
Uberが、米デンバーでアプリを介し、バスや電車の時間、乗車料金、さらにはチケットを購入できるサービスを開始。人々の「移動」を最大限快適にしようというもの。
仕事を進める上で、チームの緊密さはとっても重要。これまでもさまざまなサービスやアプリが従業員同士のコミュニケーションをサポートしてきましたが、ここに来て「...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
新しいiPhoneシリーズに搭載された「感圧タッチ(Force Touch)」機能には、まだ見ぬ可能性が潜んでいたようです。なんと、画面の上に置いたモノの...
配車アプリ「inDriver」はピックアップのロケーションと目的地を設定すると同時に、乗客は自分の希望運賃を提示することができます。アメリカをはじめとする...
Google傘下の「Waze」が、10月10日、アメリカで「Waze Carpool」が利用できるようになったと発表しました。
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
スマートフォンさえあれば、たとえ旅行先でも迷わず目的地に辿り着くことができるでしょう。とっても便利になったかわりに、画面ばかり見てしまってせっかくの旅行先...