小学生の「ヘディングの練習」を禁止!イギリスのサッカー協会が発表

2月24日、イングランドと北アイルランド、スコットランドのサッカー協会が「ヘディング」に関する新たなガイドラインを発表した。これは元サッカー選手が一般の人と比べて神経変性疾患で亡くなる可能性が3.5倍も高いという研究結果を受けた改定で、18歳以下の選手を対象にしている。

そのなかでも注目したいのが、小学生のヘディング練習が禁止になったことだ。

ちなみに、試合中のルール変更はなし。なんでも、彼らの年代の試合ではヘディングをする機会がそもそも少ないからなんだとか。

イングランドサッカー協会は、ヘディングが神経変性疾患を引き起こす証拠はまだないとしながらも、あらゆるリスクをなくすために今回の決定に至ったという。

数年前にアメリカでも同じようなルールが制定されていることを考えると、今後、ほかの国でもユース世代の未来を大切にするためにヘディングの回数などに規制がかかりそうだ。

Top image: © Fotokostic/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
渋谷センター街の路上にて「ストリートサッカー」が初開催!小さなスペースでできる手軽さから渋谷の新たなカルチャーになることが期待されている。
「Mostoles Balompie」というスペインのサッカークラブが「Flat Earth FC」に改名しました。日本語にすれば、「地球平面FC」ってと...
ベンはアーセナルのファンです。「どうして?」とよく日本人の友達から聞かれます。理由は大きく分けて3つあるから紹介したいと思います。
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
サッカーファンだけでなくビジネスパーソンにも関係がある!?イングランドのゴールデン・ジェネレーションが失敗した理由です。
イギリスのヒースロー空港が乗客の手荷物検査の効率化を検討中。2022年までに、手荷物の中身を3D分析できる新装置を導入する方針を発表しました。
コーチが「ネイマール!」と叫ぶと、サッカー少年たちがわざと転んで痛がっているふりをする動画がYouTubeで公開されました。
「PARK SSC」は、サッカーボールをひとつ購入すると、同じ型のサッカーボールが恵まれない環境にある子どもたちに届けられるなど、サッカーを通じて世界とつ...
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
JFLに所属する奈良クラブのスタジアムグルメがスゴイんです。
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
1921年から「エスキモー・パイ」を販売する企業「Dreyer’s Grand Ice Cream」が、同商品の名称を変更すると発表した。
7⽉1⽇、着るクーラー「REON POCKET」が「ソニー株式会社」から発売された。
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
「Kent Fire and Rescue Service」というイギリスの救助隊が公開した事故現場が、インスタレーションみたい!
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
7月から9月にかけて、イギリスでは風力や太陽光、水力などの「再生可能エネルギー」による発電量が化石燃料による発電量を上回った。
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。