「親のためにサッカーをしているのではない。」サッカークラブが保護者に送ったメッセージに賞賛の声

とあるサッカークラブが発表した両親へのメッセージが、全米で大きな反響を呼んでいます。

本人たち以上に親が熱を上げ、過剰な期待が子どもたちへのプレッシャーに…なんてことは、どこの国も同じようですよ。

“心の成長”を優先した
クラブ方針が全米に浸透

ht_sign_lb_151020_12x5_1600

件のクラブは、コロラド州デンバーのグランドジャンクションFIRE FC。賞賛されたのはその育成方針です。まずは、上の写真に書かれた内容に注目しましょう。

【子どもたちが気づかせてくれること】・ボクらはまだ子供です・これはスポーツであり、単なるゲームです・コーチだってみんなボランティアなんです・審判だって、もちろん人間です・大学への奨学金が支給されることを期待したりしないでください

「我が子をもっと活躍させてほしい」、「スポーツ推薦や奨学金がもらるようなクラブのスター選手に育ててほしい」そんな親たちからの要望が後を絶たなかったそうです。行き過ぎた親の期待にクラブ側が出した答えが、子どもたちの目線に立ったこのメッセージボードでした。

スキルアップよりも
楽しさを優先

30173066

4歳から18歳までの子どもを育成しているFIRE FC。このボードは、11歳以下のジュニアクラスに通う親に向けたもの。そこが最大のポイントです。

「このクラスは本来、サッカーを通じて楽しむことを学び、チームや仲間との親睦を深めるのが目的です。ですから、子どもたちに過度なプレッシャーをかけてほしくないと、私たちは願っています。子どもたちが成長していくなかで、いつか自分から『もっとサッカーに打ち込みたい』と思う時がくるかもしれません。ですが、それを今、この場で提供するということは、私たちの願うところではないのです。サインボードを掲げたこの2年、私たちは親御さんたちの態度の変化を見てきました。私たちの考え方を支持し、とてもポジティブな影響を感じてくれています」

他の子どもと比較したり、競争心を前面に押し出す育成スタイルではなく、のびのびとサッカーを楽しみ、仲間意識やスポーツマンシップを、まずは子どもたちに養わせること。それがクラブが掲げる方針だったのです。

さて、このメッセージを撮影しFacebook投稿した結果、全米に拡散したばかりか国外からも、クラブへの賞賛コメントが届いているそう。「テクニックよりもスポーツマンシップを優先する素晴らしい方針」と、サッカーに限らず他のクラブスポーツにも、FIRE FCの信念が浸透し始めていると「ABC News」も報じるほど。
全米3,000万人以上の子どもたちが、あらゆるスポーツに取り組んでいます。そのうち7割近くが、13歳までに挫折を味わい、競技から離れていってしまうことがミシガン州立大学の調査研究から判明しています。そんな背景も少なからず影響しているのかもしれません。

 Reference:ABC News
Licensed material used with permission by FIRE FC

7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
コーチが「ネイマール!」と叫ぶと、サッカー少年たちがわざと転んで痛がっているふりをする動画がYouTubeで公開されました。
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
フィレンツェで、9月4日から新たな条例が施行されました。街中にある4つの通りで、食べながら車道や歩道、家や店の前で立ち止まることを禁止しているものです。一...
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
世界中に多くのファンを抱えるオリンピック・マルセイユのホームスタジアム「スタッド・ヴェロドローム」。
86%のブラジル人女性がクラブでセクハラを受けたことがあります。ことの重大さを伝えるため、実際に女性がどのくらい男性に体を触られるのかを検証しました。
「普通のサッカーなんて退屈だ」そんな強気な発言とともに、まったく新しいスポーツを開発してしまった男たちがオーストリアにいる。競技の名は「アルパインサッカー...
かつて元日本代表MF中村俊輔が所属し、クラブのレジェンドと呼ばれるにいたるまで数々のゴールを演出したホームスタジアム「セルティック・パーク」。
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。
昨日2015年8月11日、日本女子サッカーの第一人者、澤穂希選手が30代の一般男性との結婚を発表。所属するINAC神戸の公式HPには、入籍報告の直筆メッセ...
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
「サッカー日本代表のエース」「ACミランの10番」そんな“本職”以外にも、「経営者」や「クラブオーナー」「MITメディアラボ特別研究員」など、さまざまな肩...
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
付き合いたい女性の条件は、もちろん人それぞれ。ただその中でも、同じ趣味のパートナーを求める人は増えているようです。会話も合うし、同じ時間を共有できる。それ...
ここで取り上げるのは、サポーターではなく「日本代表選手たち」が見せた美しきマナーについて。
4年に一度開催される、サッカーの祭典。各大陸予選を勝ち抜いた32ヵ国が世界一の座をかけて争う云々かんぬん……とわざわざ書かなくとも、ワールドカップについて...