スペインでサッカー観戦なら、ビルバオは外せない

いまどき「スペイン旅行でサッカー観戦」はよくある話です。

特にマドリードとバルセロナでは顕著。まず訪れるであろう2大都市のそれぞれに世界的ビッグクラブがあるのだから、「せっかくなら観たい!」と思うのも自然です。幸い、余程の好カードでない限りチケット購入のハードルは高くありません。

ただし、ここでは少しマニアックな提案をしましょう。スペインでサッカーを観るなら、ビルバオを外してはいけません!

サン・マメス
(ビルバオ/スペイン)

© mms_photos_ / Instagram

バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。1913年に建設された“初代”サン・マメスの代わりとして、新たに2013年に完成しました。

最大の特徴は、外壁に発光素材を用いることで、自由自在に色を灯すことができる点。トップの画像は、クラブカラーである赤と白にライトアップされたときのもの。ネルビオン川を挟んだ向こう岸、ベストビューポイントからの一枚を見ると、極論この外観だけでも十分に満足できてしまうことが分かるはず(とはいえ、試合も観てください)。

さて件のアスレティック・ビルバオですが、スペインリーグ創設以降2部に降格したことのない3つのクラブのうちの一つです。他の2クラブは、あのレアル・マドリードとFCバルセロナ。歴史と実績を兼ね備える名門であることが理解できますね。

しかも特筆すべきは、これだけ国際化が進むサッカー界において、バスク出身者のみでチームを構成する「バスク純血主義」を100年以上も貫いていること!近年はやや緩やかな方針をとるも、これまでに在籍した外国人選手はほんの数名なんです。

それゆえ、伝統的に闘争心を代名詞とする同クラブは選手のまとまりも抜群。「選手である前に戦士たれ」という哲学のもと、生まれ育ったバスク地方に誇りを持ち、エンブレムに忠誠を誓い、ピッチの上で戦い続けます。

そんな選手たちとスペインでもっとも熱狂的と言われるサポーターとが作り上げる空間では、エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ(レアル・マドリードのホームスタジアム)やカンプ・ノウ(FCバルセロナのホームスタジアム)とはまた違ったこの国のサッカー熱を体感できます。一時期はどのようなビッグクラブを相手にしてもホームでは無類の強さを誇ったことから、サン・マメスは“要塞”と呼ばれるようにもなったんですよ。

もっともオススメの対戦カードは、レアル・ソシエダとのバスク・ダービー!

Top image: © Mimadeo/Shutterstock.com

⚽️他も知りたい!⚽️
🔥世界の熱狂的スタジアム🔥

熱き欧州サッカーの世界へ
かつて元日本代表MF中村俊輔が所属し、クラブのレジェンドと呼ばれるにいたるまで数々のゴールを演出したホームスタジアム「セルティック・パーク」。
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
世界中に多くのファンを抱えるオリンピック・マルセイユのホームスタジアム「スタッド・ヴェロドローム」。
「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
人気動画サイト「The School of Life」が紹介するのは、スペイン語やイタリア語にみられる「矮小化」について。具体例として使われている単語を声...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
10月11日に東京地下鉄株式会社(東京メトロ)が丸ノ内線の新型車両「2000系」をお披露目しました。
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
スペインでランチやディナーにいったり、人の家で料理をご馳走になる時、してはいけないマナー違反・タブーを10項目紹介。食事の時間の注意、タパスは立ち食い、塩...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
僕たち日本人からすれば、アメリカとスペインって同じ西洋文化圏。だから、2国間の生活習慣には、そんなに違いはないように思える。しかし、お国が変われば、〇〇も...
「わたしはぁ……自分の気持ちとかを大事にしたいんですぅ……」にしても、ヒロインほんとに声小さい。
地中海の食事として、2010年にユネスコ無形文化遺産に登録されたスペイン料理。和食同様、素材の持ち味を活かすのが特徴ですが、そのなかで異色の「ごちゃまぜ」...
スペインのステーショナリーメーカーの〈MILAN(ミラン)〉。もともとは、手作り消しゴムの専業メーカーだったそうです。その消し心地は……!?
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
ロサンゼルス・ドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムで食べるべきグルメです(番外編)。
日本におけるサステイナビリティは金銭的インセンティブと企業のマーケティングとしての要素が強く、どうしても表面的になりがち。私が住んでいるスペインとは、少し...
美容や健康にいくら気をつかっていても、どうしても欲求にかなわないのがお菓子、ですよね。そんなときにオススメしたいのがスペインの「トゥロン」。アーモンドやは...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
スペイン発、〈Studio Banana Things(スタジオ バナナ シングス)〉の「オーストリッチピロー GO」反発にこだわったという形状記憶クッシ...