クレイジー!!米サッカークラブ、ヘリコプターからファンに現金をバラ撒く

2017年8月に創設されたばかりのサッカークラブ「ラスベガス・ライツ」。マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。

9月8日に行われたロサンゼルス・ギャラクシーのセカンドチームとの試合で、そんな彼ららしいファンサービスが行われました。さすがベガス!と言いたくなっちゃいます。

それはフィールド上でヘリコプターから5,000ドル相当のお札をバラまくというもの。参加したかったな〜。事前に選ばれた200人のファンが実際に現金を掴み取るチャンスを得られたそうです。

動画を10秒再生するだけでも、どれだけcrazyかが分かると思いますよ。

Top image: © 2018 TABI LABO
他の記事を見る
1月18日にオープンしたアメリカ・ラスベガスの「Til Death Do Us Part」は、“永遠の愛を誓います”という意味のある言葉がそのまま名前に採...
JFLに所属する奈良クラブのスタジアムグルメがスゴイんです。
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
5月にオープンしたカジュアルダイニング「Chew&Chug」が提供するのは、フードもドリンクもすべて片手で持てるオールインワンのテイクアウト!
「世界一高いホテルのスイートルームのひとつ」と報じられているのは、ラスベガスのパームズ カジノ リゾートに新しくできた一室。宿泊料金は1泊なんと10万ドル...
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
コーチが「ネイマール!」と叫ぶと、サッカー少年たちがわざと転んで痛がっているふりをする動画がYouTubeで公開されました。
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
とあるサッカークラブが発表した両親へのメッセージが、全米で大きな反響を呼んでいます。本人たち以上に親が熱を上げ、過剰な期待が子どもたちへのプレッシャーに…...
世界中に多くのファンを抱えるオリンピック・マルセイユのホームスタジアム「スタッド・ヴェロドローム」。
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
世界中からエンターテインメントが集まる娯楽の聖地ラスベガス。その中心地から約3キロほどの場所に、モーターファンには待望のサーキットがオープンしました。なん...
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
「普通のサッカーなんて退屈だ」そんな強気な発言とともに、まったく新しいスポーツを開発してしまった男たちがオーストリアにいる。競技の名は「アルパインサッカー...
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
スポーツをすると、カラダがスッキリとして気持ちも爽快になるものです。もしそんな気持ちを、恋人同士で共有することができたら素敵じゃないですか?「Elite ...
かつて元日本代表MF中村俊輔が所属し、クラブのレジェンドと呼ばれるにいたるまで数々のゴールを演出したホームスタジアム「セルティック・パーク」。
「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。