クレイジー!!米サッカークラブ、ヘリコプターからファンに現金をバラ撒く

2017年8月に創設されたばかりのサッカークラブ「ラスベガス・ライツ」。マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。

9月8日に行われたロサンゼルス・ギャラクシーのセカンドチームとの試合で、そんな彼ららしいファンサービスが行われました。さすがベガス!と言いたくなっちゃいます。

それはフィールド上でヘリコプターから5,000ドル相当のお札をバラまくというもの。参加したかったな〜。事前に選ばれた200人のファンが実際に現金を掴み取るチャンスを得られたそうです。

動画を10秒再生するだけでも、どれだけcrazyかが分かると思いますよ。

Top image: © 2018 TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
1月18日にオープンしたアメリカ・ラスベガスの「Til Death Do Us Part」は、“永遠の愛を誓います”という意味のある言葉がそのまま名前に採...
JFLに所属する奈良クラブのスタジアムグルメがスゴイんです。
「Mostoles Balompie」というスペインのサッカークラブが「Flat Earth FC」に改名しました。日本語にすれば、「地球平面FC」ってと...
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
5月にオープンしたカジュアルダイニング「Chew&Chug」が提供するのは、フードもドリンクもすべて片手で持てるオールインワンのテイクアウト!
6月19日、ラスベガス市が駐車違反の反則金を支払う代わりに、学校への文房具の寄付をしてもいいと認めました。
「世界一高いホテルのスイートルームのひとつ」と報じられているのは、ラスベガスのパームズ カジノ リゾートに新しくできた一室。宿泊料金は1泊なんと10万ドル...
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
渋谷センター街の路上にて「ストリートサッカー」が初開催!小さなスペースでできる手軽さから渋谷の新たなカルチャーになることが期待されている。
新型コロナウイルス感染拡大のなか苦境に立たされる外食業界。料理の「先払い」によりレストランをサポートしようという動きが続々と。
コーチが「ネイマール!」と叫ぶと、サッカー少年たちがわざと転んで痛がっているふりをする動画がYouTubeで公開されました。
サッカーファンだけでなくビジネスパーソンにも関係がある!?イングランドのゴールデン・ジェネレーションが失敗した理由です。
ベルギーリーグ1部のサッカークラブ「シント=トロイデンVV」がオフィシャルスーツサプライヤーとして都市型オーダースーツブランド「Aoki Tokyo(アオ...
「PARK SSC」は、サッカーボールをひとつ購入すると、同じ型のサッカーボールが恵まれない環境にある子どもたちに届けられるなど、サッカーを通じて世界とつ...
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
「YELLOW BLANK MARKET」が、新型コロナウイルスの感染拡大による営業自粛を受けてオンラインクラブを始動する。それに伴って4月3日〜5日の...
電気自動車メーカー「テスラ」のCEOイーロン・マスクが世界の病院へ向けて人工呼吸器を送料も含めて無償で配布することをTwitterで発表した。対象は「テス...
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、FIFA女子ワールドカップ2019で優勝したアメリカ代表の凱旋パレードに参加。その場で、アメリカサッカー界の男...
とあるサッカークラブが発表した両親へのメッセージが、全米で大きな反響を呼んでいます。本人たち以上に親が熱を上げ、過剰な期待が子どもたちへのプレッシャーに…...
東京ミッドタウンのフジフイルム スクエアにて開催されている「BACK-GROUND」は、2010年からドイツを拠点に撮影を続けてきたフォトグラファー・千葉...
世界中に多くのファンを抱えるオリンピック・マルセイユのホームスタジアム「スタッド・ヴェロドローム」。
2月24日、イングランドと北アイルランド、スコットランドのサッカー協会が「ヘディング」に関する新たなガイドラインを発表した。それにより、小学生のヘディング...