ラスベガスにある「墓場」なのに美しい場所

日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に2kmほど離れた場所にあります。

たくさんの人はこの博物館を“ネオンの墓場(Neon Boneyard)”と呼ぶことも。LEDサインに取って代わられた、レストランやホテル、カジノのネオンサインを集めているからなんです。夜になるとライトアップされるので、とってもフォトジェニック。

ラスベガスといったらカジノやクラブに行きがちだけど、足を運んでみる価値はありそうです。

Top image: © The Neon Museum
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
1月18日にオープンしたアメリカ・ラスベガスの「Til Death Do Us Part」は、“永遠の愛を誓います”という意味のある言葉がそのまま名前に採...
6月19日、ラスベガス市が駐車違反の反則金を支払う代わりに、学校への文房具の寄付をしてもいいと認めました。
「Neon Muzeum」は、その時々の時代を反映したネオンサインが集まるミュージアム。混迷の時代のプロパガンダや戦後のポーランド繁栄を感じられるものなど...
5月にオープンしたカジュアルダイニング「Chew&Chug」が提供するのは、フードもドリンクもすべて片手で持てるオールインワンのテイクアウト!
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。