ラスベガスにある「墓場」なのに美しい場所

日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に2kmほど離れた場所にあります。

たくさんの人はこの博物館を“ネオンの墓場(Neon Boneyard)”と呼ぶことも。LEDサインに取って代わられた、レストランやホテル、カジノのネオンサインを集めているからなんです。夜になるとライトアップされるので、とってもフォトジェニック。

ラスベガスといったらカジノやクラブに行きがちだけど、足を運んでみる価値はありそうです。

Top image: © The Neon Museum
2015年12月、ラスベガスで開催された大会「World of Dance Las Vegas 2015」で、ダンサーのFik-Shunが見せたパフォーマ...
“Internet Aesthetics(インターネット美学)”という言葉、知ってる?
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
AI搭載アイマスク『Luuna』が、あなたが抱えている睡眠に関する悩みを解消してくれるかもしれません。
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
世界中からエンターテインメントが集まる娯楽の聖地ラスベガス。その中心地から約3キロほどの場所に、モーターファンには待望のサーキットがオープンしました。なん...
写真は、インテリア照明ブランド「NO VACANCY」が、処分されるスケートデッキを土台にしてつくった作品『deck neon tokyo』。3月6日(火...
10月29日、スウェーデン・マルメにオープンしたのは、そんな珍味を集めた博物館「Disgusting Food Museum」。名前がすごいストレート!
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス。略称ベガスは、1946年、ギャングスターのベンジャミン・シーゲルがフラミンゴホテルとカジノを建設して以来、続々とマフィア...
中国のハワイとして開発が進むビーチリゾート「海南島」は、中国最南端に位置する。島の大きさは九州ほどで、島南部は熱帯気候に属する。この島がハワイと言われるゆ...
Amazonや楽天で実勢価格200円ぐらいで手に入るゴムですが、コイツがかなり使えます。ペンやケーブルをまとめたり、ブックバンドにしたり、弁当箱をとめたり...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
イランのLavasanには、宗教的な意味を持つ彫刻や、一見すると意味のわからないオブジェが並ぶ博物館が。
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
ツイッターのタイムラインに大阪で台風の日に撮られた一枚の写真が流れてきた。雨という嫌な感情が吹き飛ぶくらい、その写真は綺麗だった。その写真を撮ったNAOH...
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
ラスベガス国際空港のトイレで、一匹の子犬が捨てられているのが見つかりました。名前はChewy、生後3ヶ月だったそうです。彼女の横には一通の手紙が。そこには...
4人の女性シンガーで構成されたボーカルグループ、Women of the World。リーダーとして活躍する植田あゆみさんは、生粋の日本人だ。Women ...
オルタナティブ・ファクト(もうひとつの真実)なんて言葉も登場する昨今。いろんなことを簡単に知ることができる一方、事実を知ることも難しくなってきているのかも...
世の中にあるのは、敷居が高くてアカデミックなミュージアムばかりではありません。世界各地に、目を疑いたくなるような「ナゼ?ナニ?」を収集、展示したヘンテコな...