アメリカ人が選ぶ「恋人たちのロマンチックな瞬間 」(ベスト5)

あなたは、おそらく部屋に座り込んで「今月は、何か大事なことがあったかな」と首をかしげていることでしょう。季節は8月。まだ夏は終わってない!海、山、川。でも、もっと大切なことが…。8月は「National Romance Awareness Month:ロマンチック月間」です。

この素晴らしい一ヶ月を共有するために、本当にロマンチックに過ごすための幾つかのヒントを紹介しましょう。幸運にも、出会い系サイトのMatch.comによる「アメリカの独身者」の調査で、パートナーのためにできる最高にロマンチックな5つのことが明らかになりました。この結果を踏まえて、あなたのパートナーを本当に愛する方法として学んでみてはいかがでしょう。

これはライターCandice Jaliliが「Elite Daily」に寄せた記事の書き出し部。

アメリカ人にとってロマンチックなことって…なんだか気になって、内容を読んでみるとちょっと驚き。だって、アメリカだからさぞかしスケールの大きいものかと思いきや、意外と身近なものだったから。きっと、あなたもそう感じるはず。

彼らが「ロマンチック」と感じるシーン、ベスト5をどうぞ。

第1位
恋人の体調が悪いときは
そばを離れない

個人的な経験だけど、私のボーイフレンドがしてくれた最もロマンチックなことのひとつは、病気の時にスープを持って看病に現れたこと。それも、ふたりがちゃんとつき合う前のこと。とてもスウィートでしょ?

この状況をロマンチックと感じるのは、決して私だけではないはずです。パートナーが鼻すすっている時、介抱してあげることは恋人として最もロマンチックなことだと、調査結果からも明らかになっているんですよ。

第2位
ふたりで「家族行事」に参加

あなたの妹は結婚していますか?成人式を迎える遠い従兄弟はどうですか?おじいちゃんのお葬式は?パートナーを家族イベントに連れ出してください。パートナーを家族に会わすということは、どんな関係においてもとても大切な一歩であり、ふたりで家族行事に参加するということは、2番目(約83%)にロマンチックなことだとく結果が出ているのです。

第3位
友だちにパートナーを紹介

もし、パートナーのことを母親に話すのに準備ができていなかったり、まだ、その話題に触れるのが少し早いと感じているのなら、せめてあなたの友だちに話してみてください。まあ、最終的には母親にも伝えなければならないでしょうけど。

おそらく、友だちに話す方がハードルが低いはず。でも、約82%の人々は、そのことをとてもロマンチックなことだと捉えているのです。

第4位
一緒に旅行に出かける

ちょっとした週末の休暇、何します?パートナーと一緒に旅行に出かけてみるアイディアはどうでしょう。

およそ79%の人々は、とてもロマンチックなことだと考えているようです。でも、ひとつだけ気をつけて!旅行の終わりまでにお互いを殺したいというような結末だけは、決して迎えないように。

第5位
両親にパートナーを紹介する

愛する恋人のことをどうやって両親にきり出すか、それで悩んでいたりしませんか?でも、調査では76%近い人々が、両親にパートナーのことを話すは、とてもロマンチックなことだと思っているようですよ。

これには何の費用もかかりませんが、やっぱり「時は金なり」です。逆にパートナーの母親から1時間の尋問につながる可能性もなきにしもあらずなので、そこは要注意。まあ、あなた次第ですけどね。

以上、5つのことによって想像力はかき立てられましたか?確かなことは、あなたの日常において携帯電話をいじくってメッセージを伝えることも、愛を伝える小さな方法だってこと。

でも、独身者のほぼ半分(約45%)の人々は、携帯電話の電源を切って行動することが、次の一手だと見なしてるようです。

もう、あなたは、パートナーのためにできるロマンチックなことが分かったと思います。さあ、彼らをゴールドのように大切に扱いましょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
賢くパートナーを選ぶ。そんなロジカルにモノゴトが上手くいかないことくらい理解しているつもりです。が、それにしたってこの動画(「The Schoool of...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
ちょっとでも「いい関係」になれますように!
「愛が薄れてしまったから」、「より理想と思えるパートナーに出会ってしまったから」。一度はうまくいっていた恋愛が幕を閉じる理由はいろいろあるでしょう。ところ...
「Fish on Wheels」は、魚の水槽の土台となるタイヤが、魚の動きに合わせて動くというもの。つまり動く水槽。犬や猫みたいに魚が自分の後を追いかけて...
日本でも話題となった「#MeToo」のムーブメント。ショッキングな事例が次々と明らかになりましたが、問題はもっと根本的なところにあると考える女性たちも多い。
女性ライター・キャンディスは、「Elite Daily」にこんなことを書いていました。居心地が良いからと惰性でする恋愛じゃなく、上辺だけの軽いものでもない...
安定した経歴のある、彼。あなたを愛してくれているし、彼の家族のことも大好き。なのになぜか彼への気持ちにギモンを感じてしまう。もしかしたら、あなたはロマンチ...
期待に応えてくれないパートナーに、イライラしていませんか?もしかしたらそれは、恋愛に対する「期待」が大きすぎるせいかもしれません。そう気づかせてくれるのは...
正直になるのって、結構難しいことです。大人になるにつれて、周りの意見を気にするクセが染みついてしまっているのもしょうがありません。でもだからこそ、大切なパ...
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
ドイツ出身のボディ・ビルダーPatrick Huberさんの恋人は、1996年のアトランタオリンピックに飛び込み競技のスウェーデン代表のとして出場したJi...
日頃の彼の行動、改めて思い出してみてください。
“恋愛エキスパート”としてアメリカでは名の通ったJeffrey Bernstein博士のアドバイスを交えたこの記事は、「Elite Daily」ライターC...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
落ち込んだときや嬉しいとき。誰かにその体験談を共有できてこそ、痛みが軽くなったり、喜びが倍増するもの。そうして人と触れ合い、互いに刺激し合いながら切磋琢磨...
1860年代よりディーン家が所有していた島「Pebble Island」。管理が困難になり、売りに出されて話題となりました。島にはアザラシやペンギンなど多...
長い間会えない状況が続く遠距離恋愛。デートにも行けない中で恋愛関係を続けていくにはどうしたら良いのか、お悩みの方もいるのでは。多くの人が悩むポイントは、「...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
恋人ができたのはいいけれど、思えば近頃仕事と恋人を行き来してばかり。あれ?友人と最後に会ったのはいつだっけ?そんなバランス維持に苦戦する人たちに「Elit...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
友だちとの関係も恋愛と同じようにケアしてあげないといけないと教えてくれるのが「Elite Daily」のRachel Chapmanさん。この7つの場面に...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。