子どもは、親がマリファナを吸うことをどう考えているのか?

現在、アメリカの半分以上の州でマリファナが合法化されているのは、多くの人が知っていること。だけどまだまだ、マリファナ=麻薬という考え方が残っているのも事実。

そのように学校で教育されてきた子どもたちは、自分の親が吸っているのを知ったら、どう思うのでしょうか?子どもと親のやり取りをハイライトでどうぞ。

「お母さん、マリファナ吸ってるの?」

「本当にマリファナを吸ってるの?」

「ここ数年間で、4〜5回吸ったかな。顔が険しいけど、大丈夫?」

「ううん。なんで、そんなもの吸うの?」

「ちょっと気分転換がしたかったの。ディナーのときに、ワインを飲む感覚と一緒だわ」

「へ〜」

「誰だって、ストレスを抱えるときがあるの。辛い時間を過ごさなきゃいけないことだって。そのときに助けになるわ」

「私がパニックになっているのを見たことがあるでしょ?そんなときに吸ったら、落ち着くし、不安も消えるの」

「みんな、吸うわけでもないんだ。食べる人もいるんだよ」

「じゃ、お父さんは食べてるの?」

「たまにね」

「美味しいの?」

「マリファナ自体は不味いよ。だから、他のものと混ぜて、なるべく良い味になるようにするんだ」

「ハイって、どんな気分?」

「リラックスするわよ。その様子を見たとき、どう思った?」

「難しい質問。だって、お母さんいつも吸ってるじゃない」

「ふんわ〜りした感じ。そして、どうしてもドリトスを食べたくなってしまうわね。

最近では、友だちと吸って、私たちはスゴく良い時間を過ごしたわ」

「とてもお腹が減るんだ」

「え、なんで草がお腹を減らすの?」

「正直、お父さんもその理由が分からないんだ」

「じゃ、吸っていい?」

「ダメだよ。特に10代の頃はね。小さな子どもは、体が成長してないから、危険なこともあるんだ」

「じゃ、お父さんが吸っても何も悪いことはないの?」

「いつも吸っていたら、良くはないだろうね」

「ワシントンでは21歳になったら、合法的に吸えるようになるわ」

「大人になって、脳が発達したらね。

家から出たくない、学校に行きたくないと思ってしまうこともあるだろうから、使い方には気をつけないといけないのよ」

この親子の場合は、少女がマリファナに対して嫌悪感を示しているので、お母さんから質問。

「あなたは、ドラッグに手を出すと思う?」

「絶対にないわ!」

「なんで、そこまで言い切れるの?」

「だって、私は悪いものだと知っているから」

「じゃ、お母さんが吸ったら、悪い気分になるかしら?」

「たぶんね」

「でも、もしもあなたがマリファナを吸うときが来たら、そのときにはちゃんと言ってね」

「分かった!」

親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもなら興味を示すかなと思いきや、ほぼ全ての子どもがネガティブなイメージを払拭できなかった模様です。

もしかしたら、アルコールを知らない子どもたちは、お酒を飲んで酔っ払っている大人のことをこんな風に捉えているのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Cut.com, (YouTube), (Facebook), (Twitter)
アメリカでは大麻の合法化が進んでいますが、実際に吸ってみるとどんな感覚になるのかを女性たちが教えてくれます。彼女たちが話すのはセックス、健康、仕事について。
メイン州にあるシーフードレストラン「Charlotte’s Legendary Lobster Pound」は、ロブスターを茹でる前にマリファナを吸わせる...
トロントの企業「AHLOT」は、マリファナをたくさん吸ってきた経験のある人を募集中です。
「Elite Daily」のライターGeorgina Berbariさんは、おそらく自分の経験も踏まえながら、様々な研究を証拠にマリファナと運動の関係を語...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
アメリカで広がる大麻合法化の流れをうけて、前回はその税金の使われ方やテクノロジー業界の大麻ビジネスについて紹介した。今回は、急増する大麻サービスに触れつつ...
日本では絶対にあり得ない、「Cut.com」による、あの衝撃映像シリーズが帰ってきた。今回は、マリファナを3人のおじいちゃんが吸引して、会話する様子を収録...
日本では絶対にあり得ない、衝撃的な映像が「Cut.com」に取り上げられ、話題を呼んでいます。なんと、マリファナを3人のおばあちゃんが吸引し、談笑(という...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの地方検事局は、マリファナの合法化の動きを受けて、それに関係する犯罪歴を消去すると発表しました。その決断の裏には...
大麻に関わる情報を地図を元に提供する「Weedmaps」、大麻版アマゾン「Leafy」、大麻ビジネス版セールスフォース「Baker」、大麻版UberEAT...
白人至上主義を掲げる「オルタナ右翼」を支持する男性と「ブラック・ライブズ・マター」ムーブメントを支持する女性。一見、意見が合うことがなさそうな印象の2人だ...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
米国のマサチューセッツ州でマリファナ入りのピザが登場した。2017年7月現在、米国でマリファナが合法化されていのは首都ワシントンD.C.及び、28州にも上...
オランダのビール会社ハイネケンが所有するカリフォルニア醸造所Lagunitas Brewing Companyが、マリファナを原料としたビール「Super...
カリフォルニア州の田園風景の中で、ひっそりと大麻を育てている修道女がいる。「Sisters of the Valley」と呼ばれる彼女たちがつくっているの...
海外の人気動画サイト「CUT」。彼らの人気シリーズ「もしも◯◯と××が一緒にマリファナを吸ったら…」。今回集まったのは、この3人。左:ジム(ユダヤ教の指導...
子どもたちは元受刑者に、僕たちが質問するのをためらってしまいそうなことを聞いています。例えば、何で逮捕されたの?刑務所の生活はどう?友達はいた?といった具合に。
大の大人なら、ある程度は共通したイメージを持てる「警察」も、子どもの場合は少し変わった姿になってしまう。そんなことを教えてくれた「CUT」の動画。アメリカ...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.43
動画メディア「Cut」が支持政党が違う若者3人を呼び、マリファナを吸って彼らにアメリカの「政治」の現状を語らせた。初めは民主党派と共和党派で揉めていたが、...