古くなったクレヨンで子どもを「笑顔」にする、お父さんのナイスアイデア

私たちが届けたクレヨンで子どもたちが遊び、10分だけでも病院の中にいることを忘れられたら。このプロジェクトは成功だと思うね」ーThe Crayon Initiative

アメリカでは、まだ使えるにも関わらずレストランや学校などから、毎年約3万キロものクレヨンが捨てられている現状にあります。
この状況に待ったをかけたのが、サンフランシスコに住む2児の父親、Bryan Wareさん。
彼は捨てられるはずのクレヨンを再利用して、病院の子どもたちに配る活動「The Crayon Initiative」をスタートしました。

使用済みクレヨンが、
新しいクレヨンに生まれ変わるまで

この活動は、まず学校やレストランなどで捨てられる予定だったクレヨンを集めるところから始まります。

th_スクリーンショット 2015-09-10 14.38.56

集まったクレヨンを色ごとに振り分けていきます。

th_スクリーンショット 2015-09-10 14.48.09

振り分けられたクレヨンを色ごとに溶かします。

th_スクリーンショット 2015-09-10 14.42.07

溶かしたものを、専用の型にいれて冷やします。

th_スクリーンショット 2015-09-10 14.42.22 th_スクリーンショット 2015-09-10 14.42.32

これで完成!新しくパッケージされたクレヨンは、カリフォルニア中の病院に配られます。

th_スクリーンショット 2015-09-10 14.50.42

th_スクリーンショット 2015-09-10 14.46.47

一度しか使ってないのに
捨てるのは勿体ない!

Wareさんはこのプロジェクトを、2011年に思いついたそう。その理由はレストランでのある体験だったと語ります。

レストランで僕の誕生日パーティーを開いてもらった時に、ウェイターが息子にクレヨンを持ってきてくれたんだ。その時は少し遊んだだけで終わったんだけど、そのクレヨンをどこに持っていくのかな?と疑問に思って。もし捨てられていたら勿体ないと思ったんだよ

クレヨンで
子供たちに笑顔を届ける

th_スクリーンショット 2015-09-10 14.45.03

活動を開始して2年。現在では、2,000ケースものクレヨンを病院に寄付しました。今後は、アメリカの他の都市にもこの活動を広げていきたいとか。

BryanさんをはじめとするThe Crayon Initiativeは、今日も子どもたちにクレヨンを届けています。彼らの活動を応援したいという方は、こちらから。

Licensed material used with permission by The Crayon Initiative

緑色ではなく、ピーマン。黄色ではなく、とうもろこし。ちょっと変わったカラー表記のクレヨンが話題です!楽しめるのは“誰も知らなかった色”その正体は、mizu...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
コクヨが秘密裏に開発したという自慢のクレヨンーーなんと水彩画のような透明感があり、下絵をかき消すことなく色が塗れるのだとか。もちろん鮮明な色使いが可能です...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
アメリカのテキサス州にある子ども病院では、患者とその家族に喜んでもらおうと看護師が絵を描いている。使用するのは施設内にあるホワイトボードとカラーペンのみ。...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
こんなふうに何かを「いつくしめる」人になりたいな。
去年の感謝祭で帰省した大学生の女の子、その時、入院中の友人のお見舞いで子ども病院を訪れることに。そこで、祝日にもかかわらず家族と過ごせない子どもたちの存在...
ファッションは自分を主張するツールのひとつ。けれど、どうして病院のガウン(病衣)は、みな一様に同じ色、同じかたちのものなのか?大人だったら、こんなこと考え...
いろんなストーリーが浮かんできます。
『えがないえほん』は、正真正銘の歴史的大ヒット作。世界中の子ども達が“絶対に大爆笑する”と謳われ、つい最近日本にも上陸したけれど、そこには他国と変わらず大...
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
大好きだったり、ちょっと複雑だったり、一緒に住んでいたり、今は離れて暮らしていたり、お父さんへの想いはきっと人それぞれでしょう。「The School o...
「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
英語で男親を意味する“Father”と“Dad”。父親、パパ、お父さん…意訳すれば何かは当てはまりそうですが、ライターKathy Shimmield氏に言...
CTスキャンやMRIでの検査は小さい子どもには怖く感じられるもの。彼らの苦痛を軽減すべく、GEヘルスケアーが検査室を改造。部屋や器具は海や空のテーマで装飾...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...