食事中にスマホをいじる子どもたち。怒ったパパの行動がナイス!

食事中のスマホはマナー違反。それを、あるユニークな方法で息子たちに伝える父。テクノロジーの進化と家族のあり方を描いた短い動画です。

制作したのは20歳の現役大学生。彼のブログによれば、学校の機材を使って友人宅で撮影したため、制作費はゼロ。それが、1,450万回以上再生され、世界中に強烈なインパクトを残しています。

スマホに夢中な息子たち
父の怒りは沸点に…

スクリーンショット 2016-01-01 10.36.17

家族4人、無言の食卓。口火を切ったのは画面左手、兄のスマホにメッセージが着信してから。すぐさまレスを返そうとする兄。すると、弟(右手)のスマホにもメッセージが。

スクリーンショット 2016-01-01 11.30.41

呆れた父はこう言います。「なあ、塩とってくれないか?」無言でスーッ。メッセージを打つのに必死な彼らは、よくも見ないで目の前のコショウを父の手元へとテーブルの上を滑らせる始末。

スクリーンショット 2016-01-01 10.37.54

怒りが沸点に達した父、思わずこんなジェスチャー。そして…ある行動に出ました。

作戦大成功に、思わずドヤ顔
息子たちが絶句した理由とは?

スクリーンショット 2016-01-01 21.32.59

この後、鬼気迫る父の姿に、しぶしぶスマホをしまった息子たち。この動画最大の見どころは、父があるモノを出して、兄弟に自分たちの何がオカシイかを気づかせたこと。では、父はいったい、何を持ち出したのでしょう。答えは、こちらの動画から!

 Licensed material used with permission by Matthew Abeler

カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと...
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
子どもから、ないしは家族がパパへの感謝をおくるのが「父の日」。一般的には。ですが、小児がんと闘うカンザス州のガブリエルくんは、先月(2016年6月)の父の...
いったい、この現象を誰が説明できるだろうか?スマホの着信音が鳴った瞬間、それまで縦横無尽にせわしなく動いていたアリたちが、一糸乱れぬ動きでスマホの周りを回...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
このカシャカシャ音が、耳をきもちよくさせてくれる。
ネクタイってどうやって結ぶんだっけ?うまく髭の手入れができないけど、どうしよう?こんな疑問が浮かんだとき、ついすぐにスマホを手に取ってしまう。お父さんに聞...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
恋人や友だちと過ごすクリスマスが浸透している日本。かたや欧米諸国は、ご存知の通り家族と過ごす方がプライオリティは高めです。ここに紹介する動画は、まさにその...
幸福度の高い子どもを育てる、また、その後もハッピーな大人に育てるには、ある大事な法則がありました。大切なのは「心理的なコントロール」をしないこと。
2012年から子どもたちとの夏休みは必ず田舎で過ごす写真家であり2児の母親でもあるIzabela Urbaniak。ポーランドの都会で育った子どもたちが、...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
朝起きる、歯磨きをする、ごはんを食べる、着替える、仕事へ行く。毎日決まったスケジュールでやっていることはたくさんあります。これ、習慣化していたら考えずにす...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
大勢でスマホ内の動画を見たい時や、思い出をシェアしたい時、様々なシチュエーションで大活躍してくれそうなプロジェクターがある。スマホを設置するだけで、壁に映...
日々すくすくと成長していく子どもの姿は、動画や写真でどんどんスマホに溜まっていきます。でも、忙しかったり、実家が離れていると、子どもの近況を伝えるのも一苦...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
子どもたちは元受刑者に、僕たちが質問するのをためらってしまいそうなことを聞いています。例えば、何で逮捕されたの?刑務所の生活はどう?友達はいた?といった具合に。
一般的に「子どもっぽい」という表現は、ネガティブな使い方をされるもの。社会に受け入れられたければ、大人のように振る舞うことが求められます。しかし、ライター...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。