食事中にスマホをいじる子どもたち。怒ったパパの行動がナイス!

食事中のスマホはマナー違反。それを、あるユニークな方法で息子たちに伝える父。テクノロジーの進化と家族のあり方を描いた短い動画です。

制作したのは20歳の現役大学生。彼のブログによれば、学校の機材を使って友人宅で撮影したため、制作費はゼロ。それが、1,450万回以上再生され、世界中に強烈なインパクトを残しています。

スマホに夢中な息子たち
父の怒りは沸点に…

スクリーンショット 2016-01-01 10.36.17

家族4人、無言の食卓。口火を切ったのは画面左手、兄のスマホにメッセージが着信してから。すぐさまレスを返そうとする兄。すると、弟(右手)のスマホにもメッセージが。

スクリーンショット 2016-01-01 11.30.41

呆れた父はこう言います。「なあ、塩とってくれないか?」無言でスーッ。メッセージを打つのに必死な彼らは、よくも見ないで目の前のコショウを父の手元へとテーブルの上を滑らせる始末。

スクリーンショット 2016-01-01 10.37.54

怒りが沸点に達した父、思わずこんなジェスチャー。そして…ある行動に出ました。

作戦大成功に、思わずドヤ顔
息子たちが絶句した理由とは?

スクリーンショット 2016-01-01 21.32.59

この後、鬼気迫る父の姿に、しぶしぶスマホをしまった息子たち。この動画最大の見どころは、父があるモノを出して、兄弟に自分たちの何がオカシイかを気づかせたこと。では、父はいったい、何を持ち出したのでしょう。答えは、こちらの動画から!

 Licensed material used with permission by Matthew Abeler

カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと...
富士五湖のひとつ山中湖畔の高台にある「ホテルマウント富士」は、毎年恒例の企画「富士山が見えなかったら、無料宿泊券をプレゼント」の実施を発表した。
このカシャカシャ音が、耳をきもちよくさせてくれる。
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
子どもから、ないしは家族がパパへの感謝をおくるのが「父の日」。一般的には。ですが、小児がんと闘うカンザス州のガブリエルくんは、先月(2016年6月)の父の...
いったい、この現象を誰が説明できるだろうか?スマホの着信音が鳴った瞬間、それまで縦横無尽にせわしなく動いていたアリたちが、一糸乱れぬ動きでスマホの周りを回...
スマートフォンを充電しながら99%UV除菌できる「Smart Cleaner」。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
パレスチナにあるスケートパークでは、日々、子どもたちがトリックを練習しています。
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
ファーウェイの折りたたみスマホが話題になっていますが、個人的にはコッチの方を早く製品化してほしい!イギリスを拠点に置くデザイナーが考案しているブレスレット...
ネクタイってどうやって結ぶんだっけ?うまく髭の手入れができないけど、どうしよう?こんな疑問が浮かんだとき、ついすぐにスマホを手に取ってしまう。お父さんに聞...
「University College London」の研究によると、数ヵ月に一度のペースで芸術鑑賞をする人はそうでない人と比べて31%も死亡リスクが低い...
「オーディーエス」は、スマートフォンで再生した好きな音楽に、入眠時の脳波と同じ周波数の信号を加えるRBS技術を搭載した、快適な睡眠をサポートしてくれるデバ...
「Moto Zen」のスペックは「電話」と「電話」だけ。必要最低限のコミュニケーションを取りたい人向けのスマホだ。
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
恋人や友だちと過ごすクリスマスが浸透している日本。かたや欧米諸国は、ご存知の通り家族と過ごす方がプライオリティは高めです。ここに紹介する動画は、まさにその...
幸福度の高い子どもを育てる、また、その後もハッピーな大人に育てるには、ある大事な法則がありました。大切なのは「心理的なコントロール」をしないこと。
2012年から子どもたちとの夏休みは必ず田舎で過ごす写真家であり2児の母親でもあるIzabela Urbaniak。ポーランドの都会で育った子どもたちが、...