自閉症の子どものために、サンタがとった素敵な行動。

閉店後のノースカロライナ州のショッピングモールで、自閉症の子どもを持つ家族向けの、サンタ記念撮影会が“ひっそり”と開催されました。

多くの人が行き交う場所、喧騒、ネオンなどなど。自閉症の子にとっての障がいとなる要素を出来る限り取り除いてはいても、ストレスを感じてしまう子どもがいました。すると、サンタはある行動に出たのです。

閉店後のモールで
“ひっそり”特別な撮影会

6歳のBrayden Deelyくんが、お母さんに連れられてショッピングモールにやってきました。目の前には、天井まで届きそうなもみの木と、大きなプレゼントの箱。それらに囲まれるようにして、ベルベット地の大きなソファに腰掛ける、白髭のサンタ。

自閉症の子どもたちを支援する「Autism Speaks」では、彼らの個性に合わせて、落ち着いた環境でサンタと記念撮影をしてもらおうと、閉店後のモールで「Caring Santa」というイベントを開催しています。

アメリカでは、クリスマスカードを送る習慣から、こうした大型施設の特設会場を使って、子ども向け記念撮影会が例年11月頃より催されています。Braydenくんが家族とやってきたのは、2015年11月のこと。

戸惑う少年。
すると、サンタが突然…

「目の前にいるのが大好きなサンタだってことは、Braydenも分かっていたと思います。だけど、誰かに好きだという気持ちを伝えるには、ちょっと勇気が足りなかったのでしょうね」

“本物”と彼が信じるサンタを目の前にして、6歳の少年は、尻込みしたのかクリスマス飾りの横でじっと身動きせず固くなっていた、と「USA TODAY」は、我が子の様子を伝える母親のErinさんのコメントを紹介しています。

その一部始終を目にしていたのが、当のサンタ。突然、そばにあったおもちゃを床に置き、ごろんと突っ伏して、まるで子どものように遊び始めました。サンタの遊びに惹かれたBraydenくん。徐々に距離を縮めていき、ついに一緒になってサンタの遊びに参加したんだそうです。

Erinさんによると、二人はこうして20分くらい、床に転がりながら遊んだ末に、最後は念願のツーショット撮影と、ハイタッチを交わすことができたそう。

サンタの機転に感謝

自閉症の子どもを持つ家族とサンタをつなぐイベント「Caring Santa」。子どもたちが穏やかに、ストレスなくサンタとの撮影を楽しんでもらいたいと、主催団体の「Autism Speaks」は、イベントの趣旨を説明しています。
サンタの機転もそのひとつ。自閉症の子どもの目線に立って考えた行動に、全米のメディアが賞賛するとともに、この二人の出会いを紹介しました。

ABC News」に対して語った、母親のErinさんの言葉に本音が見えるような気がします。

「サンタとの撮影会に参加することは、なかば諦めていたんです。人の多い中にいることも、ずっと順番を待っていることも、彼にとっては苦痛だから。不安だった彼を気遣ってくれたサンタに感謝です」

Reference:USA TODAY, ABC News
Licensed material used with permission by Autism Speaks and Maeghan Pawley
他の記事を見る
歌とダンスがすきな9歳のGeorge君は、自閉症を患っています。クラスメイトに自己紹介するために自身が制作した動画では、自閉症が自分の行動にどのような影響...
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
街のネオンもショーウィンドウもクリスマス一色です。ところで、あなたはサンタクロースについてどのくらい理解していますか?ライターLaura Caseley氏...
大人になっても、サンタクロースは永遠の憧れ。そんなサンタさんのお家を訪れることができるだけじゃなくて、もしも買うことができるとしたら…。そんなみんなの夢に...
開催日は2月19日〜21日。作品を展示するのはナイジェリア系アメリカ人アーティストであるAmarachi Nwosuさん。
2月9日、ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷・円山町のクラブ「WOMB」がタッグを組み、バレンタインイベントを開催。そこでス...
入院中の子どもたちにも、クリスマスを。オーストラリアの写真家、Karen Alsopさんは、ついにその思いをかたちにしました。「病室から出ることのできない...
「ウォータースライダーが道路を塞いでいるので、どけるように言ってほしい」と苦情を受けた、ノースカロライナ州アシュビルに勤める警察官Joe JonesとCa...
自閉症の人には、世界がどんな風に見えているのでしょう?私たちが親切のつもりで声をかけいても、本人にとってはそれが負担になっているかもしれません。イギリスで...
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
メキシコ本場の味が三軒茶屋で。 手作りの青いタコスの専門店LOS TACOS AZULES〒154-0011 東京都世田谷区上馬1丁目17-9https:...
リバーサーフィンからアイデアを得たウェーブプールを開発する「Citywave」は、ドイツのショッピングモールに施設をオープン。
6歳のアイリス・グレースちゃんは、2011年12月、2歳の時に自閉症と診断された女の子。コミュニケーションがとても苦手でしたが、両親に連れられてヨガや音楽...
約3か月前に、米ノースカロライナ州シャーロット市で撮影された、一枚の写真。パトロールをしていた警察官ティム・パーディは、たまたま駐車場にいたひとりの少年を...
「まさにプロの魂を見せつけられた気分だ」。これは、この記事の主人公James WilliamさんのFacebookに投稿された、写真とコメントを目にした人...
サンタクロースに因んだイベントを楽しんでいた子どもたちに向かって「サンタはいない!」と叫んだ男。通報を受けた警察が到着した後も妨害行為を続け、結局、不法侵...
って、言うほど高いところでもないんですけどね。
就職活動や転職活動って、とても緊張しますよね。自分で「こんなことを話そう」と準備していても、予想していなかった質問をされるとつい焦ってしまうことも。ですが...
自閉症のひとつ、アスペルガー症候群の男の子ベンジャミン君(10歳)。口数が極端に少なかったり、同年齢の子どもとうまく波長が合わない、他人の気持ちが分からな...
スタンフォード大学が開発を進めている「The Autism Glass Project」は、グーグルグラスを使って人の表情を読み取り、どんな感情なのかを視...
アメリカのテキサス州にある子ども病院では、患者とその家族に喜んでもらおうと看護師が絵を描いている。使用するのは施設内にあるホワイトボードとカラーペンのみ。...
この人形を作っているのは「Eyes of Things」というプロジェクトチーム。帽子についているカメラを使い、喋っている人の表情から8種類の感情を認識す...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
傷つきたくないからこそ、人は自分を守ろうとするもの。けれど、そのような行動ってわりと無意識のうちにとっている事がある。客観的に読んで見ると、「あっ」と気づ...