これ、ショッピングモールの中だそうです

人を気にせず波を待たずしてサーフィンができるようになると言われ、5年くらい前からサーファーだけでなく一般の人にも浸透してきたウェーブプール。

傾斜の緩い波やチューブになる波を出し分けられるテクノロジーを採用した新しい施設もオープンしているけど、リバーサーフィンからアイデアを得たオリジナルタイプも負けていない。

「Citywave」は、ドイツ北部の都市オスナブリュックにあるショッピングモールに、ウェーブプールをつくりあげた。

彼女が買い物している間に
僕はサーフィン

4789981369335808
© 2018 Citywave
5890815847038976
© 2018 Citywave

彼女のなが〜い買い物を待っている間にサーフィンをしていられる、と言ったら大げさになってしまうかもしれない。でも、スポーツ用品店の存在が見てとれるように、本当にショッピングモールで波に乗れるみたいだ。

ウェーブプールが楽しめる場所では、一度で少人数しか使えないのを理由に利用料金が高く設定されているケースが多い。だとしても、波のない街でサーフィンができるというのはアクティビティとして人気を集めるポテンシャルもある。

ちなみに、東京にも「Citywave」が上陸する予定とのこと。時期や会場については続報を待ちたい。

Top photo: © 2018 Citywave
Licensed material used with permission by Citywave
夏本番。ビッグウェーブを求めて、サーファーたちが海へと出かけます、普通はね。ところが、この動画を見てください。完全に街乗りサーフィン。じつはここ、ドイツ3...
「サーフィンとは”禅”である」という言葉もあるように、ただのスポーツではなく、自然と一体化することで、自分と向き合うもの。陽の光を浴び、風を受け、波を体感...
閉店後のノースカロライナ州のショッピングモールで、自閉症の子どもを持つ家族向けの、サンタ記念撮影会が“ひっそり”と開催されました。多くの人が行き交う場所、...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
武蔵小山の商店街にある〈みやがわスポーツ〉。お店の奥では、いろんなサイズのサコッシュやトートバッグ、ポーチなどが作られています。型もサイズもさまざま。価格...
「KOBE-REYES-(コウベレイーズ)」は、国内唯一の人工サーフィン施設。未経験者をメインターゲットとしているため、用具のレンタルも可能で無料講習も開...
世界のあらゆる波を人工でつくり出す「Wavegarden」。いわゆる人工波テクノロジーを用いた、ウェーブプールを手掛ける草分け的存在だ。サーファーたちをわ...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
2015年11月。レース会場となったのは、ブラックフライデーの翌日で大忙しの巨大モール「ウエストフィールド・ロンドン」。なんと、あの有名ゲームのキャラクタ...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
波に乗るタイミングはサーフィンの時と異なるし、浮力もないのでコツがいるボディサーフィン。それでもみんなに楽しんでもらいたいという願いで、開発された専用ミニ...
欲しいものが決まっているとき、オンラインショッピングって本当に便利。外に出る必要も、わざわざ歩きまわって商品を探す必要もない。でも欲しいものが決まってない...
サーフィンは、数あるスポーツの中でもかなり上達が難しい類だと思う。だって、訪れるポイントの地形によって割れる波の形はまったく違うし、同じポイントでもウネリ...
ホームレスに食を恵んで欲しいと頼まれた女子大生。結局一緒に食事をすることになったが、話を聞いてみると男性は昔ビジネスまでしていて今は自己破産したとのこと。...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
半身不随の女性を背負いもう一度、波に乗せるサーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、サーフィン人生を奪われてしまった。...
2人の子を持つドリュー・アンは、とても困っていました。スーパーに行くと、自由に走り回りたい盛りの2歳の弟から目を離さないようにしながら、体が不自由なお姉ち...
「Truck Surf Hotel」という移動式ホテルの利用者は、ポルトガルもしくはモロッコの海を転々として、その場でサーフィンができる。
「波に乗らなきゃサーフィンじゃない!」なんてお叱りを受けたとしても、水面をすべる疾走感を味わってみたいのですよ。一度くらいは。だけど、どこか聞こえる心の声...
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...