飛行機を待つ間にサーフィン?ミュンヘン空港に巨大人工ウェーブが出現!

夏本番。ビッグウェーブを求めて、サーファーたちが海へと出かけます、普通はね。ところが、この動画を見てください。完全に街乗りサーフィン。
じつはここ、ドイツ3番目の大都市ミュンヘンの国際空港!ターミナルの目の前に特設プールをわざわざ用意して、人工ウェーブに乗りまくる「Surf&Style」というイベントが、いまヨーロッパのサーファーたちの間でちょっとした話題を呼んでいます。

スクリーンショット 2015-07-16 23.25.55

ドイツ南部に位置するミュンヘンは海からも遠いため、なかなかサーフィンが盛んとは思えない土地柄ですが、意外にも街中をサーフボードを抱えるウェットスース姿の人を見かけて、観光客は驚くことがあります。
いったい、彼らはどこで波に乗るかといえば…それは川!

街の中心を流れるEisbach川の急流を利用した「River Surf」が大人気。ミュンヘンの人たちにしたら、リバー・サーフィンが基本だそう。

スクリーンショット 2015-07-16 23.11.10

スクリーンショット 2015-07-16 22.41.21

スクリーンショット 2015-07-16 22.41.32

スクリーンショット 2015-07-16 22.40.55

ミュンヘン国際空港公式サイトの情報によると、波間がライトアップされる夜のセッションでは、DJによる音楽に合わせてライディングが楽しめるそう。また、期間中もっとも盛り上がりを見せる「欧州選手権」では、華麗なプロボーダーたちに交じって、Eisbach川で鍛え上げた地元ミュンヘン代表のリバーボーダーたちが、メイクに挑戦するエキシビジョンも用意されているようです。

海がなくともこの盛り上がり。 この夏、ミュンヘンを訪れる人は、サーフボードが必要かも?

Licensed material used with permission by Munich Airport

ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
8月11日にオープンした複合スポーツエンターテイメント施設「スポル品川大井町」。新宿や渋谷からでも電車で30分とかからないくらいの場所にあります。
リバーサーフィンからアイデアを得たウェーブプールを開発する「Citywave」は、ドイツのショッピングモールに施設をオープン。
年末年始、飛行機に乗り遅れそうになって焦ったりしませんでしたか?たとえば、まだチェックインの最中なのに「フライトまであと5分」という最終の搭乗アナウンスが...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
世界でも3番目に忙しい空港と言われるダラス・フォートワース国際空港。「テキサスきたー!」のイメージ通りな『Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー...
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
サーフィンは、数あるスポーツの中でもかなり上達が難しい類だと思う。だって、訪れるポイントの地形によって割れる波の形はまったく違うし、同じポイントでもウネリ...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。