ケリー・スレーターが世界最大級の「人工サーフィン施設」を建設予定

開催を目前に控えた東京オリンピック。今回は、本大会に追加種目として採用された「サーフィン」にまつわるニュースを。

カリフォルニアに世界最大の“人工サーフィン施設”が建設されるそうだ。

手がけるのは、数々のワールドタイトルやパイプマスターなどの記録をもつプロサーファーのケリー・スレーター

総工費は約2億ドル。人工波のウェイブプールのほかに、ホテルなどのリゾート施設レストラン、600戸の住居も含む複合施設となる見込みだ。

建設を予定しているカリフォルニア州ラキンタの広大な土地は、ゴルフ場と750戸の家が建てられる予定だったのだが、このたび建設が決定した人工サーフィン施設は、ゴルフコースよりも少ない水量で運営できるのだとか。

どのポイントで入るかチェックしたり、乗る波を見極めたり、自然と対峙することがサーフィンの醍醐味だったりする。一方、人工波のサーフィンなら、自分のレベルや好みの波に、天候に左右されずいつでも乗ることができる。

なお、着工は2021年、オープンは2022年を予定している。

競技としてサーフィンをおこなうのであれば、平等な環境を作り出せるウェイブプールはありかもしれない。

Top image: © iStock.com/helivideo
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

サーフ界のレジェンド、ケリー・スレーターの4年ぶりの来日が決定。1990年のデビュー以来、11度もワールドタイトルを獲得しているパフォーマンスを九州・宮崎...
サーフ天国・バリ島はビーチが「海洋プラスチックごみ」で地獄の状態。この問題に、地元とサーフィン界の神様や「空」のイメージがある時計メーカーが一緒に真摯な取...
2016年1月27日、オアフ島・カメハメハハイウェイでのこと。「Stab」によれば、クリス・ウィッティーさんの妻・サラさんは、2歳の子どもヴァンくんをベビ...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
8月11日にオープンした複合スポーツエンターテイメント施設「スポル品川大井町」。新宿や渋谷からでも電車で30分とかからないくらいの場所にあります。
リバーサーフィンからアイデアを得たウェーブプールを開発する「Citywave」は、ドイツのショッピングモールに施設をオープン。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...