国内初!病児や障害児の「かわいい」「かっこいい」をケアするECモールがスタート

病気や障害のある子どもたちや家族が、治療に前向きになれるようなグッズなどを取り扱う日本初のECショッピングモール「チャーミングケアモール」が今月1日にプレオープンした。本格的なスタートは2020年1月からとのこと。

名称の「チャーミングケア」とは、病気の治療や入院をする子どもたちの「おしゃれ」「かわいい」「かっこいい」「自分らしくありたい」という気持ちに寄り添って、見た目やメンタルをケアする支援のカタチ。この考え方が広まり確立されるのを目的に、今回のモールは運営されていくようだ。

モール内では、病気や障害に対しての取り組み事例についての「読み物」コンテンツの発信もあるという。悩みをもつ当事者だけではなく、お見舞い品やギフトの用意などで、多くの人に利用されることも期待されている。

スペシャルキッズのための衣料品 ©チャーミングケアモール
車椅子周辺アクセサリー ©チャーミングケアモール
きょうだいやケアをする家族へのギフト ©チャーミングケアモール

『チャーミングケアモール』
【WEBサイト】
https://charmingcaremall.com/

Top image: © iStock.com/Hispanolistic
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
クラフト作家のリアルでの活動の場が減少したこと、個人で運用しているECサービスへの集客は、情報の拡散が難しいという課題を解決するバーチャル展示会「VR作家...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
リバーサーフィンからアイデアを得たウェーブプールを開発する「Citywave」は、ドイツのショッピングモールに施設をオープン。
2023年に向けて開発中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の地に、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」とラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」が開業する。
高級食材を使った料理をリーズナブルな価格で提供することで人気の「俺のレストラン」。4月15日、あらたに俺のシリーズ公式通販サイト「俺のEC」をオープン。
小橋賢児が自身初となる著書『セカンドID』が発売することになった。既存の枠にとらわれない、ボーダーレスな視点を持つ彼が語る、本に込めた想いとは?

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
世界18都市の番組が聴けるイタリア発のおしゃれラジオ「THE CITY RADIO」。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...