所沢から発信!「クールジャパン」を詰め込んだ日本初のコンテンツモール

「KADOKAWA」は、7月17日(金)、日本独自のカルチャーとその魅力を発信する大型複合施設「ところざわサクラタウン」を開業する。

「ところざわサクラタウン」とは、ミュージアム、イベント、ホテル、レストラン、書店、オフィス、神社など、あらゆる日本のカルチャーを集めたコンテンツモール

施設内は、リアルとバーチャルの展示を織り交ぜ、図書館、美術館、博物館の3つを融合させた複合文化施設「角川武蔵野ミュージアム」や、創造性を膨らませる独自の書籍展開をおこなう未来型ブックストア「ダ・ヴィンチストア」、アニメの世界観を再現し、その文化の魅力を感じながら宿泊できる「EJアニメホテル」など、クールジャパンを感じるコンテンツを盛りだくさんに詰め込んだ内容。

ジャパニメーションをはじめとする日本文化に興味をもつ訪日外国人はもちろん、日本の魅力を再確認したいアナタも楽しめること間違いなしの話題の施設のオープンに、乞うご期待。

 

※2020年7月6日追記/新型コロナウイルスの影響で開業日は延期となりました。詳しくはホームページをご確認ください。

© sakuratownjp/YouTube
©️KENGO KUMA & ASSOCIATES ©️KAJIMA CORPORATION
©️KENGO KUMA & ASSOCIATES ©️KAJIMA CORPORATION
©️2019 MANERE Co., Ltd.

『ところざわサクラタウン』
【開業予定】7月17日
【所在地】埼玉県所沢市東所沢和田三丁目31番地3
【フロア】地上5階、地下2階(M2階含む)
【エリア】角川武蔵野ミュージアム、ダ・ヴィンチストア、EJアニメホテル、所沢キャンパス(新オフィス)、武蔵野坐令和神社、ジャパンパビリオン、書籍製造・物流工場、千人テラス&中央広場
【施設詳細】https://tokorozawa-sakuratown.jp/about.html

Top image: © KENGO KUMA & ASSOCIATES ©️KAJIMA CORPORATION
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事