育ての親である男性と再会したライオンがとった行動とは?

2012年、親に捨てられ、さまよっていた生後間もないメスのライオンを救出し、ボツワナの野生動物公園で親代わりに育ててきたValentin Gruenerさん。街での仕事に区切りがつくと、Sirgaと名付けたライオンに今も会いにきているそうです。

すでに3年の月日で、およそ10倍にまで生長したSirga。大の仲良し Gruenerさんが訪問するたびに、ある熱烈な方法で彼を歓迎しているんだそう。その模様を捉えた動画はスリル満点。必見です!

メスライオンの歓迎ぶりが
過激すぎる!

スクリーンショット 2015-12-01 12.24.37

この日、久しぶりに動物公園を訪れた Gruenerさん。フェンスの向こうで彼を待つSirgaは、落ち着きなく立ったり、ぐるぐると辺りを行ったり来たり(早く開けてグルウルル…)。

スクリーンショット 2015-12-01 12.25.14

ようやくフェンスが開いた。その途端…一目散に猛ダッシュしてくるSirga。

スクリーンショット 2015-12-01 12.25.51

そして、Gruenerさん目がけてジャ〜ンプ!

スクリーンショット 2015-12-01 12.26.04

全身投げ出しダ~イブ&首元にがぶっ!?ええっ、大丈夫?

スクリーンショット 2015-12-01 12.26.59

がばっ(ガルル…)。

スクリーンショット 2015-12-01 14.26.01

(ンゴ〜ァン…グルルル)
Gruenerさんに飛びつくなり、四肢を彼の体に預けて右に左に頬ずりが始まりました。
まさに、ヴィヴィアン・リーとロバート・テイラー。あの不朽の名作『哀愁』を彷彿させる!?感動の再会シーンです。

スクリーンショット 2015-12-01 12.27.17

両腕を肩に回し、目を細めるこの表情を見て下さい。本当に幸せそう。

スクリーンショット 2015-12-01 12.27.53

現在、動物公園内にいるライオンはSirgaただ1頭。生まれてすぐ寝食を共にしてきたGruenerさんを、彼女は同じライオンだと思っているのかもしれない。ネコ科の中では社会性を持つライオンだけに、彼女の唯一の友だちが自分なのだと思えば、毎回のあの異常なほどの“熱烈歓迎ジャンプ”も「理にかなっている」とGruenerさんは「BBC」のインタビューに答えています。

 Reference:BBC
Licensed material used with permission by Storyful

ライオン、クマ、トラが並んでいるこの写真。なぜこんなに仲睦まじい姿で写ってるのでしょうか。不思議ですが、これには理由があったのです。写真の場所は、非営利の...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
意外にもチーターはシャイな動物。ライオンやハイエナと一緒に運動させようとしても、馴染めないことが多いのだそう。そこで、米オハイオ州の「コロンバス動物園&水...
ジンバブエのワンゲ国立公園周辺では、スポーツハンティングが合法的に行われていましたが、この度ライオンやヒョウ、象のハンティングが禁止となりました。英・メデ...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
この心温まる動画は、ケガを負った野生の子鹿と、それを救った男性、そして彼の愛犬の物語です。数週間の手厚い介抱のあと、野生に返そうとする男性の元を離れようと...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
『Wildlife Photographer of the Year』は、ロンドン自然史博物館が毎年開催している、自然と野生動物だけに絞ったフォトコンテス...
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
親の育て方のせいで十分に成長できなかったと思う人に、ひとつ良い方法があります。それは、自分自身があなたの親になること。その方法を「The School o...
アフリカ・ケニアのトサボでは、近年降雨量が激減し、野生動物たちが乾燥に苦しんでいるそう。そんなサバンナに「オアシスを作ろう」と奮闘している、ひとりの男性が...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
左右対称に黒いインクを垂らして描かれた不明瞭な絵。そこから見えたものをもとに判断する「ロールシャッハ・テスト」が、実際に精神科で心理測定として使われていま...
先日2016年2月11日、サンフランシスコ発のチョコレート専門店「DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)」の日本1号店が東京...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
日本ではあまり馴染みがないが、欧米では、趣味で野生動物を狩猟する「トロフィー・ハンティング」が広く好まれているという実態がある。射殺された動物は、剥製や毛...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...