ある「ライオン」の死から一週間。100万件の署名が集まった理由とは?

ジンバブエのワンゲ国立公園周辺では、スポーツハンティングが合法的に行われていましたが、この度ライオンやヒョウ、象のハンティングが禁止となりました。英・メディア「Daily Express」が伝えています。
7月はじめに人気ライオンの「セシル」が殺されたことを受けて政府へと示された署名運動の結果、およそ1週間ほどで100万件以上の署名が集まり、その要求が認められました。

アフリカで殺された
最も有名なライオン「セシル」

b87be46c378ff0572-1038x576

「セシル」は黒いたてがみを持ち、群れの中でもひときわ目立つ大きなオスでした。体格が大きく、人間にも慣れており、10mほどの距離まで近づいても観察ができるようなおおらかさから、生物学者はもちろん、観光客からも一番人気の動物として知られていました。

2015年7月1日、13歳だった「セシル」は、スポーツハンターにボーガンで射られた後、40時間程立った後にライフルで撃たれ殺害されました。皮を剥がれ頭部を切断されていたそうです。

スポーツハンティングの犠牲

b87be46adc9a94c4c378ff0572-1038x576

それから一ヶ月ほどたって、インターネット上でセシルを撃った人物が判明し話題となりました。セシルを射殺したのは、アメリカ人歯科医のWalter Palmer氏。スポーツハンティングの愛好家でした。
同氏はハンティングに必要な手続きを経て、ガイドにおよそ680万円もの報酬を支払っていたと主張していましたが、セシルが殺されていたのは夜のハンティングが禁止されているワンゲ国立公園の外の私有地。外におびき出されて殺された可能性もあり、現在も調査が行われています。

在籍していた狩猟愛好家団体「サファリ・クラブ・インターナショナル(Safari Club International、SCI)」は、同氏やハンティングのガイドを行った現地ハンターの会員資格を一時剥奪しています。

ネットで集まった署名は
100万件を突破


Reference:Twitter

オンライン署名サイト「Care2」では、今後のハンティングを禁止とするための署名運動が開始。SNSなどで瞬く間に拡散されたこともあり、1週間程で100万件を超える署名が集まりました。

8月5日に掲載された英・メディア「Daily Express」の記事によれば、署名は正式に受理され、ジンバブエの野生生物局はハンティングの許可を中断。政府はWalter Palmer氏の身柄引き渡しについて要請を行うために、法的な手続きを開始したといいます。

この結果を受け、「ブリティッシュ・エアウェイズ」や「ヴァージンアトランティック航空」、その他いくつかのアメリカの航空会社でもハンティングのトロフィーの輸送を禁止すると発表しているようです。

Reference:Daily Express , Twitter , Care2 , Safari Club International , 

アメリカでは、ハロウィンの日程変更をめぐって12万を超えるネット署名が集まっている(7月31日現在)。署名の内容は、「10月の最終土曜日」に開催するように...
日本ではあまり馴染みがないが、欧米では、趣味で野生動物を狩猟する「トロフィー・ハンティング」が広く好まれているという実態がある。射殺された動物は、剥製や毛...
必要とするすべての女性が安心・安全に「アフターピル」を入手できる社会作りのためのプロジェクトが、オンライン署名サイト「Change.org」にて実施されている。
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
万能植物の月桃成分を配合した“マスクをつけたくなるスキンクリーム”をご紹介。
紙製のストローや容器を採用するなど、脱プラスチックに向けた動きを展開しているイギリスのマクドナルド。それに対して、「ハッピーセット」のおもちゃも廃止すべき...
2012年、親に捨てられ、さまよっていた生後間もないメスのライオンを救出し、ボツワナの野生動物公園で親代わりに育ててきたValentin Gruenerさ...
生理用品を軽減税率制度の対象にすることを目的とした署名活動が、オンライン署名サイト「Change.org」で実施中。
ジンバブエ発祥の「The Friendship Bench」は、おばあちゃんとコミュニケーションをとって、こころの病気を治療するサービスです。現在はNY市...
ライオン、クマ、トラが並んでいるこの写真。なぜこんなに仲睦まじい姿で写ってるのでしょうか。不思議ですが、これには理由があったのです。写真の場所は、非営利の...
この記事では、お家トレーニングにもオススメな「ケトルベル」をご紹介していきます。そのメリットを知ったら、欲しくなってしまうこと間違いなしです。
NPO法人「POSSE」は履歴書の性別欄の廃止の実現に向けた署名活動を開始。世界中で性差別反対やジェンダーレスの動きは加速しており、この署名運動にもすでに...
2019年10月、ルワンダで史上初となる「完全アフリカ製」のスマホ「Mara Phone」がリリース。
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
長年ビヨンセのメイクアップアーティストを務めるSir JohnさんとLuminess Cosmeticsが組んで生まれたコスメがあります。既にLumine...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
「Firsthand」は「チームラボ」がデザインした、お米の流通過程で使用される米袋をアップサイクルしたエコバッグ「teamLab Folding Ric...
はげる夢の意味とは?夢占いの専門家が、人物、はげ方、心理別に「はげる夢」を紐解いていきます。
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
コービー・ブライアントの肖像を「NBA」の“新しいロゴ”にするという署名活動。ジャスティン・ビーバーやスヌープ・ドッグら著名人の拡散もあり、同署名は1月3...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
「Change.org」で、あるキャンペーンが始まった。発起人Simon Mitchell氏の主張はこうだ。「来る新しい20ポンド紙幣の顔は、デヴィッド・...