「必要とする全女性にアフターピルを!」オンライン署名活動が実施中

「アフターピル」は、意図しない妊娠から女性を守る最後の砦。にもかかわらず、避妊の知識が少ない若年層であればあるほど入手が難しい……。

この現状を変え、必要とするすべての女性が安心・安全に入手できる社会を作るための活動が、オンライン署名サイト「Change.org」にて実施されている。

イニシアチブをとるのは、若者の性問題に取り組むNPO法人「ピルコン」代表の染矢明日香さんと、「#なんでないの。」プロジェクト代表の福田和子さん。

染矢さんのステートメント曰く、ウェブサイトに日夜届く「避妊を失敗してしまった。どうしたらいいかわからない」という相談がアクションのきかっけ。

世界的にアフターピルや低用量ピルを取り巻く状況は日進月歩で変化している。先進国をはじめとした76ヵ国では、すでに処方箋がなくとも薬剤師からの購入が可能。うち19ヵ国においてはOTC(市販薬)化もされており、若い女性に無料提供する国も少なくない。一方で、日本はなかなか新しいニュースが出てこず、それどころか安全すら脅かされつつある──。

そんな日本と世界との格差についてもプロジェクトページでは説明している。

詳細はぜひとも原文で。

なかなか知る機会の少ない社会問題の一端が垣間見える、大変興味深い内容だ。

Top image: © iStock.com/bee32
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

避妊だけではないピルの活用方法について、『女性のためのピルの本』の著者であり西国分寺レディースクリニック院長・医学博士の佐藤力氏にインタビュー。ピルの効果...
2017年に「安易な使用を招く」などの理由から見送られていた「アフターピル(緊急避妊薬)」の市販化に向けた検討が、厚生労働省で再開される。
通常、ピルの処方には産婦人科に行って処方箋を発行してもらう必要がありますが、Nurxは簡単な質問に答えて、身分証明書をアップロードするだけ。
「避妊用ピアス」……っていったい何?ざっくり説明すると、ピアスのキャッチ部分に、低用量ピルなどの避妊薬にも含まれるホルモン製剤を含有するパッチが付いている...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
生理用品を軽減税率制度の対象にすることを目的とした署名活動が、オンライン署名サイト「Change.org」で実施中。
ピルの飲み忘れを予防するためのスマートピルリマインダー「Popit Sense(ポピットセンス)」が日本上陸。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...