「コンドーム」にかわる新しい「避妊法」?被験者カップルを募集中、期間は2年間

画期的避妊方法が今、研究されている。

その使い方はいたって簡単男性、あるいはに透明のジェルを塗り込むだけ。

ジェルに含まれる成分が皮膚から浸透し、男性ホルモンに作用。そして、作られる精子の量を減らすという。使用後、3〜4ヵ月で効果はなくなる。女性避妊薬にみられるような、性欲の減退といった副作用はないとのことだ。

上記の研究をおこなっているアメリカ・カンザス大学の研究チームは、男性向け避妊ジェルの被験者カップル募集中。期間は2年間4000ドル(約44万円)の報酬が支払われる。

治験内容は、毎日ジェルを塗り、パートナーセックスをすること。コンドームよりも効果があるとされているが、あくまでも試験段階。ジェルの効果がみられなかった場合を考え、妊娠してもOKというカップルのみが対象だ。

カンザス大学は、この3年間で世界各国420組のカップルを対象に研究を進めている。これまでにも、ほかの大学で「NES/T」と呼ばれるジェルを使った同様の実験がおこなわれているが、体重増加筋肉増量ニキビの発症といった副作用が報告されている。

ピルIUDペッサリー。ほとんどの避妊方法は、女性が主導しておこなうもの。また、それらは身体に大きな負担を伴う副作用がみられるのも問題だ。

一方で、妊娠を望まない男性は、コンドームを使うかパイプカットするくらいしか選択肢がないのが現状。

このジェル、望まない妊娠を減らす救世主となる?

Top image: © iStock.com/KatarzynaBialasiewicz
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事