豪コンドーム会社が無料で配ったミレニアルズ向け「SEXセット」がかわいい

オーストラリアのコンドームメーカー「Four Seasons Condoms」が、ミレニアルズ向けの「SEXセット」を無料で配布。

ポップなデザインが手に取りやすい「Generation Intervention Pack」には、コンドームや潤滑ジェル、マッサージオイルなどがセットに。ミレニアルズが、安全に、楽しくセックスを楽しむためのプロダクトだ。

さらに、ユニークなのが同包された「Ice Breaker cards」。もうお互いのコンセンサスは取れているはずなのに、なんだか気まずいなんてことない?「これ、いつ始まるんだろう」みたいな……。だけど、このカードに書かれたトピックスに沿って会話を進めれば、自然といいムードになるはず。

と、ここまで書いておきながら大変恐縮だが、本セットの発送はオーストラリア国内限定、すでに完売となっている。

ちなみに「Ice Breaker cards」と、同ブランドのブックレットは、こちらからダウンロード可能なので、気になる相手がいる方はぜひともお試しあれ。

Top image: © Four Season Condom
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
渋谷パルコの「Condomania(コンドマニア)」で、駄菓子みたいにレトロでかわいいコンドームを見つけました。
渋谷パルコの「Condomania(コンドマニア)」で、部屋に飾りたいかわいいコンドームを見つけました。
渋谷パルコの「Condomania(コンドマニア)」で見つけた、かわいいコンドームを5つ紹介します。こういうパッケージだったら、女性も積極的に手に取りたく...
渋谷パルコの「Condomania(コンドマニア)」で、桃のいい香りがするかわいいコンドームを見つけました。
タッチパッドとトラックパッドが一体化された次世代のキーボード「Prestigio Click&Touch」が応援購入サービス「Makuake」で1/30(...
「Sustain Natural」が製造するコンドームは、安すぎない価格で取り引きされた天然ゴムを使っている。フェアトレードされているってことだ。農園で児...
渋谷パルコの「Condomania(コンドマニア)」で、彼に贈りたいかわいいコンドームを見つけました。
渋谷パルコで「Condomania(コンドマニア)」限定のかわいいコンドームを見つけました。
かわいいんだけど……イラストをよく見ると、いちいち卑猥です(笑)。
「オカモトラバーズ研究所」が、正しいコンドームの知識を伝えるアニメ「コンドームバトラー ゴロー」を公式Webサイトにて公開。だけど、"本格SFバトルアクシ...
海外で人気を集めるオンラインフィットネスPeloton(ペロトン)。エアロバイクやトレッドミルを駆使したサービスで本格的なトレーニングができると話題に。利...
世界のコンドームの1/5を生産するマレーシアの最大手企業「Karex」が、ロックダウンの影響で1週間以上生産を停止。その影響ですでに1億個のコンドームの生...
米系大手クルーズ会社ロイヤル・カリビアン・インターナショナルの「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」は、目的地に向かう以外の楽しみがこれでもかというほど詰まって...
12月5日、カルチャーが交差する下北沢にモノよりコトを重視するミレニアルズにぴったりの宿泊施設「illi Shimokitazawa(イリー シモキタザワ...
「ハロー ミレニアルズ」#11 - Melbourne
ジェンダーフリーなアンダーウェアブランド「BushyPark」から「TENGA」とのコラボパンツがデビュー。
今年で40周年を迎えるアイスキャンディー「ガリガリ君」の新味「ガリガリ君ジンジャーエール」と「ガリガリ君レモンスカッシュ」が今月19日(火)から全国発売。
株式会社コーセーは、イオンスタイル上尾とテラサイクルジャパン合同会社との3社で、「海洋プラスチックごみ」からリサイクルした再生樹脂を使用した「買い物かご」...
カンザス大学の研究チームが、男性用避妊ジェルの被験カップルを募集中。ジェルを腕、または肩に塗るだけで、精子の数が減少するとのことだ。
高強度ありながら“肌に最も近い素材”と言われる、ハイドロゲル製のコンドームの開発競争が、近年激化しています。この次世代型コンドームの登場により、エイズウイ...
男性とばかり付き合ってカラダを重ねていてた。でも、「気持ちいい」と思ったことは一度もなかった。
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
17世紀〜20世紀初頭の貴族のファッションに身を包み現代に生きる25歳の若者が注目されている。
2016年2月、サンフランシスコとブルックリンのメッセンジャーたちは、いつもと違う“あるモノ”を運んでいた。「必ず1時間以内に届けよ」という使命のもと、彼...