スポーティーなミレニアルズ向けヘッドホン「Xtrainerz」

今夏、ソニーの「WF-1000XM3」がイヤホン/ヘッドホン市場を席巻中。Gear Patrolは「2019年のベスト」と言い切り、量販店では入荷待ちの状態。レビューサイトも軒並み高評価となっている。

が、ここで紹介したいのは純粋なリスニング用ではなく、スイムシーンに特化したヘッドホン「Xtrainerz(エックストレーナース)」だ。

AfterShokz(アフターショックス)の新作となるこのモデルは、防水・防塵性能は当然のようにIP68(つまり最高レベル!)。MP3プレイヤー内蔵型なので、スマホとペアリングする必要もない。

なによりも骨伝導式というのがポイントだ。従来のスイミング向けヘッドホンは、防水のためにイヤーピースを深く差し込むタイプが一般的だった。使ったことがある人はわかると思うが、これは耳への負担が小さくない。「Xtrainerz」は、骨伝導式なので、耳の穴に差し込む必要がなく、水泳用の耳栓やスイムキャップ、スイミングゴーグルと併用することも可能だ。単なる防水のヘッドホンではなく、スイムシーンでリアルに使えるヘッドホンといえる。

水中でも低音と音量を確保できる専用のイコライザーを搭載し、ストレージは4GB(約1,200曲)、バッテリーは1回の充電で約8時間の連続再生が可能。ファイル形式はMP3のほかにWMA、ACC、WAV、FLACに対応。メーカー希望小売価格は19310円(税込み)。AfterShokzのECサイトのほか、全国の量販店でも購入可能。

スポーティーなライフスタイルを送るミレニアルズなら、これだろう。

©AfterShokz
©AfterShokz
Top image: © AfterShokz
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ロンドンを拠点に活動するデザイナーRocco Giovannoniさんが開発したヘッドホン「Inmergo」が斬新だ。
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...