音漏れの心配もナシ!耳を塞がない「ヘッドホン」が登場

骨電導を利用したヘッドホン「BATBAND」は、耳を塞がずに後頭部にかけるだけでOK。Bluetoothで通信が可能で、通話にも対応しています。

音漏れなどの心配はなく、ヘッドホン以外の音もクリアに聞こえるため多忙なビジネスシーンでも重宝しそうです。

ワンタッチで通話できる

まず、片側についているボタンは電源のオンオフだけではありません。ワンタッチでスマホにかかってきた電話を受信でき、ヘッドホンにはマイクも付いているため会話もできます。

楽曲の再生操作もカンタン

もう一方には長細いライン上のタッチポイントが。ここでは指で触れることで音量調整や、楽曲のスキップが可能です。

連続通話は8時間
連続再生は6時間

もちろんノートパソコンなどとも連携。音楽鑑賞や動画閲覧だけでなくスカイプ通話にも対応しています。

USBポートで充電が可能で、通話なら8時間、音楽再生は連続6時間まで使用できます。ヘッドホンの内側は柔らかいパッドになっており、頭にはめ込んで使用する感じ。実際につけてみた感想はこちら。

「かなり音量も大きいわ」

「普段は耳から音を感じているけど、頭の中全体に響いてる感じだ」

音量が大きいと話す女性ですが、外へは音が漏れていません。ヘッドホンには3か所の発信ポイントがあり、左右に加え後頭部からも音波が送信されています。

ARやVRにも対応し、立体的な音響体験ができるそうなのでゲームでも活用できるシーンがありそうですよね。

2016年4月の発送開始を予定している「BATBAND」は、Kickstarterで事前予約すると格安で手に入れることができます。日本からは送料込みでひとつ164ドル(約2万円)から予約ができます(2015年10月23日時点)。

通常販売価格は250ドル(約3万円)を予定しているようなので、早めにチェックしておいたほうがいいかもしれませんね!

Licensed material used with permission by STUDIO BANANA THINGS
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
音楽を聞こうとしたら、ポケットの中でイヤホンが絡まっている…。接続部分が壊れて買い換えなければならないこともあるし、カナル型だったらイヤーピースをなくして...
ロンドンを拠点に活動するデザイナーRocco Giovannoniさんが開発したヘッドホン「Inmergo」が斬新だ。
どこからどう見てもヘッドホンのマッサージ機の登場です。効果は、心臓や肝臓、肺機能を整えてくれるのだとか。
今冬注目の食材ピーナッツ。蜷尾家/NINAO(ニナオ)が冬季限定で発売する台湾の冬の定番スイーツ「花生湯(ファーシェンタン)」は、杏仁の香りが広がる甘く仕...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
集中してやれば、すぐに片付くはずの仕事。そんなことは分かってる。でも、周りの音に気が散ってしまったり、ついついネットサーフィンをしてしまったり…。気付けば...
8月12日にテキサス州オースティンで、サイレントディスコのように参加者一人ひとりがヘッドホンをつけて、ハイキングをするイベントが開催予定だ。
まるでヘッドホンをつけているかのように、「あなただけに聞こえる」スピーカーが、「INDIEGOGO」で紹介されています。これさえあれば耳へのストレスなく、...
クラウドファンディング「Indiegogo」で発表されて以来、異例のスピードで潤沢な資金を調達した、世界で最も快適と標榜するスマートヘッドホン「Sound...
インクレスペン「ピニンファリーナ・カンビアーノ」のレオナルド・ダヴィンチ没後500周年モデル。ペン立てにもなる木箱にダヴィンチの自画像が描かれ、ペン部分に...
電話がかかってきた。けれど周りの目が気になって、何だか会話しづらい…。別にいけない話をしているわけでもないのに、そんな風に感じてしまう。だったら、こんな解...
ランニングやトレーニングなどのスポーツをするときのために、開発されたスマートヘッドホン「Vinci 2.0」。その特徴を考えると、満員電車の中でも活躍して...
「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤーカフ)」は、そもそも耳穴をふさがない。耳たぶにクリップするように装着します。ゆえに、...
ちょっとコンビニまでに行くなら財布とスマホ、あとはこのキャップでOK。Bluetoothでさっと接続したら、お気に入りのプレイリストをONに。見た目はフツ...
耳に引っ掛けるだけのストレスフリーな超薄型Bluetoothイヤホン「CLiCK」。残り期間わずかなクラウンドファンディングでは、最大32%(記事公開時)...
「KATE」のポップアップイベント 「真実の唇。」展。東京は今月21日(土)~25日(水)に表参道ヒルズ本館の「スペース オー」、京都は2020年1月9日...
来春開業をするJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」の構内に無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」1号店がオープンする。レジで「待つ/停止する」がない...
「Kickstarter」でクラウドファンディング中の「Vinci」は、AI(人工知能)搭載のワイヤレススマートヘッドホン。すでに目標額の3倍以上となる約...
着信があったときにデバイスを取り出す手間を「sgnl」が省く。耳の穴を覆うように突起した「耳殊」の軟骨に指先を触れると、骨伝導通話ができるようになる“リス...
AfterShokz(アフターショックス)の新作となるこのモデルは、防水・防塵性能は当然のようにIP68(つまり最高レベル!)。MP3プレイヤー内蔵型なの...
発売は1984年。流行り廃りの激しいこのジャンルにおいて、35年以上売れ続けているという、超超超ロングセラーです。
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...