イヤーパッドに水が入った「ヘッドホン」

ロンドンを拠点に活動するデザイナーRocco Giovannoniさんが開発したヘッドホン「Inmergo」が斬新だ。骨伝導の仕組みを利用していること自体はそれほど珍しくないのだが、なんとイヤーパッドにあたる部分に「水とジェル」が入っているのだ。

これは“空気中よりも水中の方が音が速く伝わる”という点に注目したもので、その影響で脳がどこから音がやってきたのかを感知できないらしい。

すると、どうなるのか? どこからともなく突然音が発生したように感じたり、360度から音が聞こえたりする感覚になるとのこと。ユーザーテストでは、被験者のひとりが「音楽のなかにいるみたいだ」と語っている。

これまでにない没入感を得られることから、今後、Giovannoniさんは同じ技術をVRにも活かす予定だ。

©Nicola Tree
Top image: © Nicola Tree
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
8月12日にテキサス州オースティンで、サイレントディスコのように参加者一人ひとりがヘッドホンをつけて、ハイキングをするイベントが開催予定だ。
骨電導を利用したヘッドホン「BATBAND」は、耳を塞がずに後頭部にかけるだけでOK。Bluetoothで通信が可能で、通話にも対応しています。音漏れなど...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...