耳につけたら、見た目と機能のギャップに驚く「ヘッドホン」

クラウドファンディングサイトでは、ちょっとニッチな悩みを解決する、一点突破アイテムの出資が募られることが多い。サポーターは、その活躍に期待して投資をするというカタチだ。

でも、ときに突拍子もないアイテムも出てくる。例えば、ここで取り上げる「Nirvana」。

ルックスはヘッドホンだけど
マッサージグッズ

6423307133911040

どこからどう見てもヘッドホン。だけど、耳をマッサージしてくれるアイテムとして役立ってくれる。

メーカーによれば、耳にはツボが集まっているから上手く刺激してあげると、心臓や肝臓、肺機能を整えてくれるとのこと。さらに、ストレス軽減にも使えるという。常に仕事に追われる社会人にとっては嬉しい効果だ。

クラウドファンディングの話に戻れば、奇抜なアイデアほど目標額を達成する傾向にある。

「Nirvana」は200万円の出資を募ったところ、現時点で約350万円を調達している。たくさんの人が「ちょっと使ってみたい」と思ったのかもしれない。

ちなみに、値段もまたある意味で度肝を抜かれる。興味のある人はコチラから。

Licensed material used with permission by NIRVANA
1日中パソコンを使ってカラダがバキバキ。マッサージにいきたいけど時間もない…。そんな人にとっておきのアイテムをご紹介。マッサージ機能付きのパーカー「Ari...
骨電導を利用したヘッドホン「BATBAND」は、耳を塞がずに後頭部にかけるだけでOK。Bluetoothで通信が可能で、通話にも対応しています。音漏れなど...
「LunaR」は、秒針を持たない2針のアナログタイプのスマートウォッチです。しかも、透明なソーラーパネルによる、自動充電が可能なんだとか。
ランニングやトレーニングなどのスポーツをするときのために、開発されたスマートヘッドホン「Vinci 2.0」。その特徴を考えると、満員電車の中でも活躍して...
電話がかかってきた。けれど周りの目が気になって、何だか会話しづらい…。別にいけない話をしているわけでもないのに、そんな風に感じてしまう。だったら、こんな解...
海外に出ると、日本人ってたいてい年齢より若く見られるもの。小柄で童顔、そんなイメージが板についているんでしょう。でも、私たちが外国人の年齢をズバリ当てられ...
「耳栓のデザインだって、面白くないんじゃどうしようもないだろ?」耳栓に機能プラスαのデザインを求める人が、はたして世の中にどれだけいるかは定かでないが、そ...
パソコン、スマホ、テレビなど、仕事でもプライベートでもスクリーンを見る時間はどんどん増えていますよね。そんな暮らしの中で「目の疲れがなかなかとれない」とい...
クラウドファンディング「Indiegogo」で発表されて以来、異例のスピードで潤沢な資金を調達した、世界で最も快適と標榜するスマートヘッドホン「Sound...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
まるでヘッドホンをつけているかのように、「あなただけに聞こえる」スピーカーが、「INDIEGOGO」で紹介されています。これさえあれば耳へのストレスなく、...
集中してやれば、すぐに片付くはずの仕事。そんなことは分かってる。でも、周りの音に気が散ってしまったり、ついついネットサーフィンをしてしまったり…。気付けば...
「Kickstarter」でクラウドファンディング中の「Vinci」は、AI(人工知能)搭載のワイヤレススマートヘッドホン。すでに目標額の3倍以上となる約...
音楽を聞こうとしたら、ポケットの中でイヤホンが絡まっている…。接続部分が壊れて買い換えなければならないこともあるし、カナル型だったらイヤーピースをなくして...
男子が普段の印象からは全く想像できないほどのすてきな行動をしたり、想定外の特徴を持っていることを知ったとき、女子は、うれしさのあまり「ギャップ萌え」してし...
パッシブ、アクティブ両者のノイズキャンセリング機能が搭載されている耳栓「QuietOn」の紹介です。
クラウドファンディングサイトで出資を募り始めたばかりというのに、すでに目標額を320%達成しているイヤホンがあります。じつはこれ、音楽を楽しむためのもので...
言いたいことは、もうタイトルがすべて。ぜひ見てほしいのが、この「Ostrich Pillow Loop」です。アイピローをスカーフにして身につけてしまおう...
「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤーカフ)」は、そもそも耳穴をふさがない。耳たぶにクリップするように装着します。ゆえに、...
「今後はもう耳掃除をするべきではない」目を疑うような内容の記事が「Simple Organic Life」に掲載され話題となっています。でも、それって汚く...