素材、機能、見た目。違いで決める「吸水型生理ショーツ」3選

生理期間の過ごし方が多様化し、ナプキンやタンポンの使用にとらわれない新しいアイデアが拡大中。

なかでも、いま注目は「吸水型ショーツ」の着用。

国内外のさまざまなブランドから新製品が展開され、選ぶことを楽しめるほどにそのラインナップが充実してきています。

素材、機能、見た目……今回はタイプ別にオススメのショーツをご紹介。

あなたはどれが好み?

「EVE」
素材が決め手なら!

©fermata

韓国のヘルスケアブランド「EVE(イブ)」が展開する「Pパンティー」は、もともとは使い捨て生理用品の使用削減を目的に開発された吸水型ショーツ。

有害化学物質を一切含んでおらず、世界トップレベルに厳しい繊維製品の安心・安全を証明する「Oeko-tex standard 100(エコテックス・スタンダード100)」と、「Patagonia」で有名なサステナビリティ認証「Bluesign(ブルーサイン)」を受けています。

肌に直触れる部分に限っては、オーガニック繊維の国際認証「GOTS」を持つ3年以上無農薬の畑で栽培されたオーガニックコットンを使用。

吸水型ショーツというだけでも十分ですが、徹底してエコにこだわったプロダクトなのです。

フェムテック専門オンラインショップ「fermata store(フェルマータストア)」にて販売中!

EVE

価格:4480円(税込)

「Bé-A」
機能重視なら!

©MNC New York

“Girls be ambitious”から名付けられた「Bé-A(ベア)」は、タンポン5本分という高い吸収力もさることながら、ほかにも魅力的なスペックを完備。

抗菌・防臭にすぐれ、温活にも働きかける、洗濯がラクで、ナプキンも取り外しやすい……など、全方位から生理期間と寄り添ってくれる大満足のショーツに仕上がっています。

現在、「Campfire」にてクラウドファンディング中。正式発売は今夏を予定。ですが、女性とってよりよい選択となるよう今後も開発に努めていく目論見なのだとか。

Bé-A

価格:7590円(税込)

「Nagi」
見た目にこだわるなら!

©Nagi

今年5月のデビュー以降、SNSを中心に話題の「Nagi(ナギ)」。吸収力や防臭性といったスペックはもちろん、生理期間でも自分らしいスタイルを楽しめる充実のラインナップこそ何よりもの魅力です。

カタチは“スタンダード”、ローライズな“スリム”、ハイライズな“フル”の3タイプ。カラーはベーシックなブラックに加え、タイプごとにオレンジやパープルといったヴィヴィッドな種類も展開。

現在売り切れ中で、今月末に再販予定だそう。気になる人はSNSをしっかりウォッチしておこう!

Nagi

価格:5250円(税込)〜

Top image: © Nagi
月経カップや生理用ショーツに限らず、もっとユニークなアイテムを見つけました。
第3の生理用品と注目の「月経カップ(生理カップ)」のメリット・デメリット、正しい使い方、スムーズな入れ方、メンテナンス方法まで気になる疑問を専門家に徹底取材。
女性のためのケア用品を開発、販売する米メーカー「LOLA」の「エッセンシャルオイルブレンド」は生理痛を和らげる効果が期待できるとか。
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
奈良県の老舗パンストメーカーが開発した「TSUMUGI」のレギンスは、虫除け、冷却、UVカットに優れ、夏を快適に過ごせるアイテム。
経済的に生理用品が買えない「生理の貧困」問題に対する世界各国の取り組みをまとめて紹介。スコットランドでは世界で初めて誰でも無償で生理用品が購入できる法案が...
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
「CAMP FIRE」にて支援募集中の持ち運び可能なモニター「TRIO」なら、手持ちのノートPCがトリプルディスプレイ化。テレワークでも生産性MAXで作業...
生理痛を振動で軽減もしくは失くすことができると謳うアイテムが登場。「Livia」と名付けられたこの装置は、ゲートコントロール理論を用いているからこそ、薬品...
「生理」を取り巻く価値観をアップデートする——「#NoBagForMe」は、生理用品を購入する際の“選択肢”の多様化を推進するプロジェクト。
2019年の秋から、ボストンにある77の公立学校で生理用品が無料配布されます。
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
アメリカのスタートアップ企業「my.Flow」が開発した「スマートタンポン」。タンポンは、Bluetooth内蔵のウェアラブル端末とつながっており、スマホ...
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第六弾は、山形・鋳心ノ工房発、「鉄」の置き型風鈴。950年以上の歴史を持つ伝統工芸でありなが...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
書籍の消費税は7%。生理用品の消費税は19%。税金のかけられ方に疑問を感じた企業が、生理用品を本として販売し始めました。
生理用品を軽減税率制度の対象にすることを目的とした署名活動が、オンライン署名サイト「Change.org」で実施中。
前回に引き続き、生理に関する記事を紹介。生理周期に影響する8つのことが書かれている。8つの中には、かなり意外に思うものもある。研究結果などを引用しながらわ...
ああ…今月もアイツが来た。ほんとうに嫌いだ、特に冬のアイツは。寒くてただでさえお腹が痛くなりやすいし、今の時期インフルエンザだって流行している。風邪もひき...