広がる生理の選択肢。海外のサニタリーアイテム【まとめ】

少し前まではナプキンとタンポンに限られていた生理ケアの選択肢。それがいま、フェムテックの振興により大きく広がってきています。

ひとたび日本の外に目をやれば、月経カップや生理用ショーツ以外にもユニークなニューフェイスたちが登場していました。

今回は、いつか使ってみたい海外のサニタリーグッズをご紹介!

カラダにも環境にもやさしい
繰り返し使えるタンポンアプリケーター

英スタートアップDAME.が手がけるのは、再利用できるタンポンアプリケーター人工工学に基づいたあらゆるタンポンに適応可能なデザインで、かなり実用的だといいます。

その最大のポイントは、バクテリアを99%除去できる抗菌素材で作られている点。タンポンを挿入したあとは軽く水で洗い流し、トイレットペーパーで軽く拭きえすれば、また新しいタンポンをセットしてポーチに入れて持ち運べちゃいます。

プラスチックごみの排出をおさえ、カーボンニュートラルを叶えたサニタリーグッズです。

続きを読む>>>

スマホで経血量を管理できる
Blutooth内蔵タンポン

© Team my.Flow/YouTube

米スタートアップ企業「my.Flow」が開発したスマートタンポン。これは、タンポンに内蔵されたチップで経血量を測定し、その情報をリアルタイムで専用スマホアプリを介して通知してくれるというもの。

取り替えるタイミングを誤って洋服を汚してしまう懸念がなくなるうえ、月々の経血量が記録できる。

2017年に製品化された本アイテムだが、すでに多くの大手企業がスポンサーになっているそうだ。

続きを読む>>>

これをお腹にあてるだけで
生理痛が軽減……?!

© Silkn Stop/YouTube

この「Silk’n Stop」は、お腹を撫でるだけで生理痛の軽減につながるといういわばマッサージマシンのようなグッズ。

子宮の収縮によって血液や栄養、酸素がうまく供給されないのが生理痛の原因だといわれていますが、「Silk’n Stop」は、薬を使わずにそれらの供給をうま〜くサポートする仕組みになっているのだとか。

「Indiegogo」でのクラウドファンディングでは大人気を集めていたものの、いまだ発売には至っていません。早くいいニュースが聞きたいなぁ。

続きを読む>>>

ユーザーの82%が「軽くなった!」
PMSに効く?エッセンシャルオイル

©2019 LOLA

セックスローションやコンドームなど、女性のためのケアグッズを開発、販売する米メーカー「LOLA」。

同社が展開するエッセンシャルオイルブレンドは、筋肉の緊張緩和が期待できるカプサイシン(唐辛子エキス)や、血行促進にいいとされるカモミール・ゼラニウム、気分を高めるといわれるラベンダーなど、17種類のエッセンシャルオイルを配合。これにより、PMSを軽減に導いてくれるのだとか。

使い方は、ローラー状になっているヘッド部分を脇腹あたりに塗るだけ。メーカーの調査によれば、じつにユーザーの82%が月経痛の即時の軽減を感じたとのこと。

うん、気になる!

続きを読む>>>

Top image: © 2019 LOLA, 2018 Silk'n Therapy
経済的に生理用品が買えない「生理の貧困」問題に対する世界各国の取り組みをまとめて紹介。スコットランドでは世界で初めて誰でも無償で生理用品が購入できる法案が...
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
「生理」を取り巻く価値観をアップデートする——「#NoBagForMe」は、生理用品を購入する際の“選択肢”の多様化を推進するプロジェクト。
第3の生理用品と注目の「月経カップ(生理カップ)」のメリット・デメリット、正しい使い方、スムーズな入れ方、メンテナンス方法まで気になる疑問を専門家に徹底取材。
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
女性のためのケア用品を開発、販売する米メーカー「LOLA」の「エッセンシャルオイルブレンド」は生理痛を和らげる効果が期待できるとか。
2019年の秋から、ボストンにある77の公立学校で生理用品が無料配布されます。
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
生理用品を軽減税率制度の対象にすることを目的とした署名活動が、オンライン署名サイト「Change.org」で実施中。
書籍の消費税は7%。生理用品の消費税は19%。税金のかけられ方に疑問を感じた企業が、生理用品を本として販売し始めました。
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
アメリカのスタートアップ企業「my.Flow」が開発した「スマートタンポン」。タンポンは、Bluetooth内蔵のウェアラブル端末とつながっており、スマホ...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
1921年から「エスキモー・パイ」を販売する企業「Dreyer’s Grand Ice Cream」が、同商品の名称を変更すると発表した。
7⽉1⽇、着るクーラー「REON POCKET」が「ソニー株式会社」から発売された。
生理痛を振動で軽減もしくは失くすことができると謳うアイテムが登場。「Livia」と名付けられたこの装置は、ゲートコントロール理論を用いているからこそ、薬品...
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
Bodyform社は、一般的な生理用品のCMで使われる青い液体の代わりに、よりリアルな赤い液体を使用した。これは彼らのキャンペーン「#BLOODNORMA...
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
12月下旬、「コクミンドラッグOsakaMetro心斎橋駅店」にて生理用品「月経カップ」の取り扱いがスタート。日本国内のドラッグストアでは「初」の試み。
前回に引き続き、生理に関する記事を紹介。生理周期に影響する8つのことが書かれている。8つの中には、かなり意外に思うものもある。研究結果などを引用しながらわ...