スポーツをしてもズレにくい生理用品。「ユニ・チャーム」が「順天堂大学」と開発

近年、女性のライフスタイルは多様化し、日中に身体を動かす頻度は増加している。しかし、昼間にナプキンを装着した際、通勤などの日常的な動作により、約6割の人は、ナプキンがズレるトラブルを経験しているという。

そこで「ユニ・チャーム」では、生理中、たとえスポーツをしても快適に過ごせるようなズレへの強さを実現するナプキン「ソフィSPORTS」を、4月7日に発売する。

ユニ・チャームが調べたところによると、ズレの発生原因は、身体を動かすことにより「ナプキンとショーツが離れ、最初につけた位置からナプキンがズレてしまうこと」と「ナプキンの吸収体のシートがヨレてしまうこと」の2つであることが判明。

「ソフィSPORTS」は、「順天堂大学 女性スポーツセンター」の複数の選手の声を取り入れながら研究が重ねられ、ハードな動きでも身体にフィットし、ズレに強いナプキンを実現した。

生理中の強い味方が、またひとつ。

スポーツ中の使用にも適するほどの“ズレへの強さ”を伝えるため、ヨガ、ランニング、サイクリングや登山をしている様子の写真を使用している斬新なパッケージにも注目だ。

©2020 ユニ・チャーム株式会社
Top image: © iStock.com/RyanJLane
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「生理」を取り巻く価値観をアップデートする——「#NoBagForMe」は、生理用品を購入する際の“選択肢”の多様化を推進するプロジェクト。
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
2019年の秋から、ボストンにある77の公立学校で生理用品が無料配布されます。
長時間の有酸素運動でなくたってOK。自宅で1日3分で出来る「脂肪燃焼トレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYou...
書籍の消費税は7%。生理用品の消費税は19%。税金のかけられ方に疑問を感じた企業が、生理用品を本として販売し始めました。
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
生理用品を軽減税率制度の対象にすることを目的とした署名活動が、オンライン署名サイト「Change.org」で実施中。
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
4月4日、2016年に世界的に大ブレイクしたピコ太郎がYouTube公式チャンネルにアップしたのは代表曲をアレンジした、手洗い促進と平和を祈る“手洗いソン...
ベビー用品大手の「ユニ・チャーム」は、保育園向けに紙おむつとお尻ふきが使い放題の定額サービスをスタート。業界初となるこの取り組みによって「親の負担軽減」は...
「NIKE」から高強度インターバルトレーニング用に開発された次世代のトレーニングシューズが発表。
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
前回に引き続き、生理に関する記事を紹介。生理周期に影響する8つのことが書かれている。8つの中には、かなり意外に思うものもある。研究結果などを引用しながらわ...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
旅先の人々とマッチングして一緒に食事を楽しむマッチングアプリ「OodyMate」を紹介。
今週4月10日~12日の3日間、VR空間上で同人誌即売会「ComicVket 0」が開催される。VR機器、スマホ、PCから誰でも参加可能。バーチャル空間の...
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
12月下旬、「コクミンドラッグOsakaMetro心斎橋駅店」にて生理用品「月経カップ」の取り扱いがスタート。日本国内のドラッグストアでは「初」の試み。
ザバスは、働く女性500名を対象に「トレーニングに関する調査」を実施。その結果、働く女性の36.6%がトレーニングをしているという事実が明らかとなり、さら...
Bodyform社は、一般的な生理用品のCMで使われる青い液体の代わりに、よりリアルな赤い液体を使用した。これは彼らのキャンペーン「#BLOODNORMA...
イェール大学とオックスフォード大学の研究結果によれば「運動はメンタルヘルスに効果的」だと判明。また「運動はお金よりも人を幸せにする効果がある」との事実も。