「生理周期」に影響する8つのこと。意外なものも含まれていた…!

前回、生理に関する記事を紹介した時に反響があったので、今回は生理周期に影響する8つのことが書かれた記事を紹介したいと思います。

Caroline Burkeさんが書いた「Elite Daily」の記事。研究結果などを引用しながら、わかりやすくまとめられています。

8つの中には、「えっ?」と驚いてしまうようなことも含まれているので、詳細まで読んでみることをオススメします。

誰しも生理に対して疑問がある。何に影響されるのか、どう影響されるのか。お察しの通り、私たちの生理周期は普通ではつまらないことから、驚くようなことまでいろいろなものに影響される。

きっと、ピルはどうやって周期に影響を及ぼすのかは考えたことがあると思うけれど、天気が影響するかを考えたことはある?

必ずしも、天気が周期を影響するわけではないけれど、思っている以上に関わりはあるみたい。たくさんのことが、生理不順に関わるのだ。

生理不順(周期が短い、長い、量が多い、少ないなど)が、必ずしも怪しいサインではなく、生理周期はストレスやピルなどにより変化する個人的なもの。

生理不順は、必ずしも心配しなきゃいけないわけではないけれど、自分にとっての“正常な状態”を把握しておかないと、ストレスを感じている時との差がわからなくなってしまう。

生理がきて嬉しいという人はあまりいないけれど、生理がくるということは健康的には良いこと。そういう意味では尊重されるべきものだ。

ここでは、生理に影響を及ぼす8つのことを紹介しよう。

01.
満月

満月の生理への影響は、科学的には証明されていない。けれど、最近の日食によって強まった月の引力により、生理の周期がおかしくなったという女性がたくさんいた。

次の満月の時には、生理周期への影響に注目してみるといいかも。

02.
運動のしすぎ

いきなり運動量を増やすと、1〜2カ月生理に変化があるかもしれない。

運動はそもそも身体に負担になり(だいたいの場合は良い負担)ホルモンへの影響もある。つまり、生理周期にも影響があるということ。運動量が適度であれば、すぐに生理周期も身体の変化に追いつくはず。

03.
風邪やインフルエンザ

つねにピルを使っていない限り、インフルエンザ、かぜ、細菌感染は、ストレスと同じくらい生理の周期に影響があるもの。抗生剤はエストロゲンレベルに影響を及ぼす可能性があるので、いつもより早く生理がくることも。

04.
夜勤

The European Society of Human Reproduction and Embryologyの研究によると、おかしな時間に働く女性は、流産、ホルモンの乱れ、不妊の可能性を高めているという。

それは、シフト制の仕事によって、睡眠不足や睡眠障害を引き起こすから。週に2日以上夜勤がある人は、生理に影響することに気づくかも。そういう人は、帰宅して寝る時に、アイマスクや耳栓をして、少しでも多く睡眠をとれるようにしよう。

05.
周囲の人

周りにいる女性の生理の周期は、自分にも影響するというのは本当。でも、あなたが思っているような理由じゃないと思う。

Cosmopolitan」によると、100人以上のアメリカ人女性が、一緒に寮に住むという実験をした。結果、socially mediated synchronyと呼ばれる影響があったというのだ。ただ1人、男性から自分だけが標的とならないよう、他の人と周期を合わせるという現象が起きたという。

でも、この結果については反対意見も多い。信じるか信じないかはあなた次第。

06.
食生活の変化

食生活を大幅に、特に不健康な意味で変えると生理に影響がある。十分な食事をとらないと身体が“サバイバルモード”に入り、余計なエネルギーを使わないよう生理を止めてしまう。

同じように、いつもより食べ過ぎるとエストロゲンレベルが上がり、必要以上に血液を出してしまう。

もし食生活を変えようと考えているのなら、医師に相談した方が良いだろう。

07.
新しい化粧品

新しい化粧品を使い始めると、生理の周期に悪影響があるかもしれない。

化粧品の中には、内分泌かく乱物質を含むものもあり、健康的な生理の流れを邪魔することがあるという。購入する前に、化粧品に入っている成分をしっかり読むと良いだろう。特に、DDT and bisphenol Aは避けるように。

08.
睡眠不足

睡眠不足は、生理に多大な影響を及ぼす。ストレスや夜勤が生理の周期に悪影響になるのと同じように、十分な睡眠がとれないと毎月同じように生理はこないもの。必要な分の睡眠時間を減らしたり変更することは、すぐにホルモンバランスに影響してしまう。

もし寝つきが悪いときは、電話を違う部屋において、寝る直前に目にブルーライトを当てないようにしよう。 

Licensed material used with permission by Elite Daily

おすすめ記事

関連する記事

生理周期に合わせて使えるフェイシャルマスクが、フェムテック専門オンラインショップ「fermata」にて販売中。LA発のナチュラル生理ケアブランド「Rael...
寒い季節は、身体が冷える影響で「生理痛」が重くなってしまう人が増加。そこで「生理痛軽減」に関するアイテムや工夫をいろいろ集めてみました。
現場から長時間離れることが職業上できない女性が抱える生理の問題。そんな悩みを解決する生理用品ポケット「Carrie」が素晴らしい。
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
生理の夢の意味とは?夢占いの専門家がシチュエーション、人物、場所別に「生理の夢」を解説します。
経済的に生理用品が買えない「生理の貧困」問題に対する世界各国の取り組みをまとめて紹介。スコットランドでは世界で初めて誰でも無償で生理用品が購入できる法案が...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
英・豪華客船「タイタニック号」の沈没事故から109年目を迎える今年、ボストンを拠点とする「RR Auction」が、同船で上級無線通信士を務めたJack ...
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
女性のためのケア用品を開発、販売する米メーカー「LOLA」の「エッセンシャルオイルブレンド」は生理痛を和らげる効果が期待できるとか。
月経カップや生理用ショーツに限らず、もっとユニークなアイテムを見つけました。
口には出さないけれど、「生理は仕事に影響する」と感じている女性は多数いるのだと伝えているオーストラリアの調査がある。その割合は、1,000人以上の女性に対...
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
書籍の消費税は7%。生理用品の消費税は19%。税金のかけられ方に疑問を感じた企業が、生理用品を本として販売し始めました。
スコットランドの地方自治体で、生理用品の無償提供を義務付ける法案が、11月24日、議会にて満場一致で可決された。今ここに「生理用品が無料で手に入る最初の政...
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
親子で“はじめての生理”の準備ができる「はじめての生理ボックス」が、ショーツメーカー「チーカス」よりデビュー。4月23日まで、クラウドファンディングサイト...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
イタリアのデザインスタジオ「Formafantasma」のウェブサイトがリニューアル。古きインターネットを彷彿とさせる文字だけのデザインに称賛が集まってい...
米国大手新聞社「ニューヨーク・タイムズ」は今月21日に発行した1面を黒いドットで埋めた。ある程度の規則性を持ちながら打たれた砂嵐のように見える黒いドットは...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...