性別に関係なく履ける「生理用パンツ」が、売り切れ続出

生理は女性にとって、切っても切り離せないもの。でも、毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女」だけとは限りません。

性別に関係なく、生理がくる全ての人が気兼ねなく履けるように。そんな思いで、新たな生理用パンツが誕生しました。

「誰」でも履ける
ボクサータイプ

シカゴ発の「pyramid seven」は、誰が履いても違和感のないデザインになっています。

見た目は普通のボクサーパンツですが、クロッチ部分は一般的な生理用ショーツと同じ仕組みに。二重になっており、羽付きのナプキンもつけられます。

「女性向け」の生理用パンツ
しかないのはおかしい

性のかたちが多様化している世の中で、生理用パンツはいわゆる「女性用」しかない。開発者であるMichelle JanayeaさんとZipporah Jarmonさんは、そんな現実に違和感を覚え、このパンツを開発したそう。

ふだんから「女性用」の下着を履かない人にも、生理がくる人はいるはず。そんなシチュエーションでも快適に過ごしてほしいという願いからデザインされた下着です。

現在、商品ページには、SOLD OUTの文字がたくさん。これまで人知れず悩んでいた人たちを、おおいにサポートしていると言っていいでしょう。

Licensed material used with permission by pyramid seven llc
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
「ニュージーランド航空」は、乗客がフライト中に実践できる「エクササイズ」を考案。12月1日より、国際線の機内エンターテインメント画面にて、ストレス緩和につ...
NY生まれの「Thinx」が開発した新製品は、生理中の人が使うセックス用ブランケットです。
「Thinx」というブランドを知っている日本人は少ないだろう。けれど「ナプキン不要の下着」や「セックス用ブランケット」という彼らの製品を耳目にしたことはあ...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
生理痛を振動で軽減もしくは失くすことができると謳うアイテムが登場。「Livia」と名付けられたこの装置は、ゲートコントロール理論を用いているからこそ、薬品...
フィンランドで現職世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏が誕生!これによりフィンランドの5党の党首は全員女性になる見通しだ。
「生理」を取り巻く価値観をアップデートする——「#NoBagForMe」は、生理用品を購入する際の“選択肢”の多様化を推進するプロジェクト。
体は男性、心は女性であるClemmerさんは、世間の「生理は女性のものだ」という考えによって、辛い思いを味わってきました。身近なところから少しずつ変えてい...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
前回に引き続き、生理に関する記事を紹介。生理周期に影響する8つのことが書かれている。8つの中には、かなり意外に思うものもある。研究結果などを引用しながらわ...
書籍の消費税は7%。生理用品の消費税は19%。税金のかけられ方に疑問を感じた企業が、生理用品を本として販売し始めました。
「シチズン時計」は11月28日、ARで腕時計の試着体験ができる新サービス「CITIZEN AR try」を開始。
「Netflix」は、先日12月9日に発表された米「ゴールデングローブ賞」において、合計で34ノミネーションという快挙を成し遂げた。
口には出さないけれど、「生理は仕事に影響する」と感じている女性は多数いるのだと伝えているオーストラリアの調査がある。その割合は、1,000人以上の女性に対...
2019年の秋から、ボストンにある77の公立学校で生理用品が無料配布されます。
ああ…今月もアイツが来た。ほんとうに嫌いだ、特に冬のアイツは。寒くてただでさえお腹が痛くなりやすいし、今の時期インフルエンザだって流行している。風邪もひき...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家 「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる...
女性が人生のなかで「生理期間」として過ごす平均的な日数。2,400日は、実に6年半もの時間に相当する。そんなに長いのならば、この期間をもっと大切にするべき...
韓国・ソウルの市議会の行政自治委員会は、ソウルに住む10代のすべての少女に生理用ナプキンを無償で支給することを盛り込んだ条例を可決した。