性別に関係なく履ける「生理用パンツ」が、売り切れ続出

生理は女性にとって、切っても切り離せないもの。でも、毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女」だけとは限りません。

性別に関係なく、生理がくる全ての人が気兼ねなく履けるように。そんな思いで、新たな生理用パンツが誕生しました。

「誰」でも履ける
ボクサータイプ

「生理用パンツ」ボクサータイプ「生理用パンツ」ボクサータイプ

シカゴ発の「pyramid seven」は、誰が履いても違和感のないデザインになっています。

見た目は普通のボクサーパンツですが、クロッチ部分は一般的な生理用ショーツと同じ仕組みに。二重になっており、羽付きのナプキンもつけられます。

「生理用パンツ」ボクサータイプ「生理用パンツ」ボクサータイプ

「女性向け」の生理用パンツ
しかないのはおかしい

「生理用パンツ」ボクサータイプ

性のかたちが多様化している世の中で、生理用パンツはいわゆる「女性用」しかない。開発者であるMichelle JanayeaさんとZipporah Jarmonさんは、そんな現実に違和感を覚え、このパンツを開発したそう。

ふだんから「女性用」の下着を履かない人にも、生理がくる人はいるはず。そんなシチュエーションでも快適に過ごしてほしいという願いからデザインされた下着です。

「生理用パンツ」ボクサータイプ

現在、商品ページには、SOLD OUTの文字がたくさん。これまで人知れず悩んでいた人たちを、おおいにサポートしていると言っていいでしょう。

Licensed material used with permission by pyramid seven llc

関連する記事

ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
月経カップや生理用ショーツに限らず、もっとユニークなアイテムを見つけました。
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
現場から長時間離れることが職業上できない女性が抱える生理の問題。そんな悩みを解決する生理用品ポケット「Carrie」が素晴らしい。
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
経済的に生理用品が買えない「生理の貧困」問題に対する世界各国の取り組みをまとめて紹介。スコットランドでは世界で初めて誰でも無償で生理用品が購入できる法案が...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
ベネズエラの首都、カラカス。南米有数の大都市である一方、世界でもトップクラスに治安の悪い都市としても悪名を轟かせています。1日に起きる殺人事件の数は、なん...