性別に関係なく履ける「生理用パンツ」が、売り切れ続出

生理は女性にとって、切っても切り離せないもの。でも、毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女」だけとは限りません。

性別に関係なく、生理がくる全ての人が気兼ねなく履けるように。そんな思いで、新たな生理用パンツが誕生しました。

「誰」でも履ける
ボクサータイプ

「生理用パンツ」ボクサータイプ「生理用パンツ」ボクサータイプ

シカゴ発の「pyramid seven」は、誰が履いても違和感のないデザインになっています。

見た目は普通のボクサーパンツですが、クロッチ部分は一般的な生理用ショーツと同じ仕組みに。二重になっており、羽付きのナプキンもつけられます。

「生理用パンツ」ボクサータイプ「生理用パンツ」ボクサータイプ

「女性向け」の生理用パンツ
しかないのはおかしい

「生理用パンツ」ボクサータイプ

性のかたちが多様化している世の中で、生理用パンツはいわゆる「女性用」しかない。開発者であるMichelle JanayeaさんとZipporah Jarmonさんは、そんな現実に違和感を覚え、このパンツを開発したそう。

ふだんから「女性用」の下着を履かない人にも、生理がくる人はいるはず。そんなシチュエーションでも快適に過ごしてほしいという願いからデザインされた下着です。

「生理用パンツ」ボクサータイプ

現在、商品ページには、SOLD OUTの文字がたくさん。これまで人知れず悩んでいた人たちを、おおいにサポートしていると言っていいでしょう。

Licensed material used with permission by pyramid seven llc
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
経済的に生理用品が買えない「生理の貧困」問題に対する世界各国の取り組みをまとめて紹介。スコットランドでは世界で初めて誰でも無償で生理用品が購入できる法案が...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
瓶に具材をたっぷり詰めて醬で味付けした「BINJAN」は、無添加のおかず瓶詰め。フードスタイリスト新田亜素美さんとデザインプロデュースのプロペラ社が考案し...
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
「Thinx」というブランドを知っている日本人は少ないだろう。けれど「ナプキン不要の下着」や「セックス用ブランケット」という彼らの製品を耳目にしたことはあ...
NY生まれの「Thinx」が開発した新製品は、生理中の人が使うセックス用ブランケットです。
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
月経カップや生理用ショーツに限らず、もっとユニークなアイテムを見つけました。
アウトドアブランド「Vollebak」が抗菌作用を持つ“銅”を65%使用したフルメタルジャケットを製作。特殊な素材を用いて高機能なアイテムを開発してきた次...
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
生理痛を振動で軽減もしくは失くすことができると謳うアイテムが登場。「Livia」と名付けられたこの装置は、ゲートコントロール理論を用いているからこそ、薬品...
女性のためのケア用品を開発、販売する米メーカー「LOLA」の「エッセンシャルオイルブレンド」は生理痛を和らげる効果が期待できるとか。
「生理」を取り巻く価値観をアップデートする——「#NoBagForMe」は、生理用品を購入する際の“選択肢”の多様化を推進するプロジェクト。
第3の生理用品と注目の「月経カップ(生理カップ)」のメリット・デメリット、正しい使い方、スムーズな入れ方、メンテナンス方法まで気になる疑問を専門家に徹底取材。
黒人男性のジョージ・フロイド氏が白人警官に殺害されたことに対する抗議デモが全米に広がっているなか、「ナイキ」は「#UntilWeAllWin」というハッシ...
湯本見番で開催してきた箱根観光客向けの芸者ショー「Meet Geisha」が、ビデオ会議アプリ「Zoom」を使って世界初の「芸者とオンライン飲み会」のサー...
体は男性、心は女性であるClemmerさんは、世間の「生理は女性のものだ」という考えによって、辛い思いを味わってきました。身近なところから少しずつ変えてい...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
書籍の消費税は7%。生理用品の消費税は19%。税金のかけられ方に疑問を感じた企業が、生理用品を本として販売し始めました。
2019年の秋から、ボストンにある77の公立学校で生理用品が無料配布されます。
前回に引き続き、生理に関する記事を紹介。生理周期に影響する8つのことが書かれている。8つの中には、かなり意外に思うものもある。研究結果などを引用しながらわ...
口には出さないけれど、「生理は仕事に影響する」と感じている女性は多数いるのだと伝えているオーストラリアの調査がある。その割合は、1,000人以上の女性に対...