寝るときの「姿勢」を意識するだけで、慢性的な症状は改善できるかも

日本人のおよそ5〜8%が、睡眠時間6時間以下のショートスリーパーだとか。「一日8時間」なんて長いこと言われ続けてきましたが、睡眠は長さよりも質、という声もあります。

さらには、「寝ているときの姿勢こそ重要」といった見解まで。あ、これアメリカ「LittleThings」でちょっと話題になっている、ライターPhil Mutz氏の記事なんですが、なんでも腰痛から胃もたれ、鼻炎まで。睡眠時の姿勢ひとつで解決できる!そうですが……。効果は実際に試して判断してください。

01.
腰痛のとき

D8d30a6064eb9e949dd0336d8b470ee878bc0346

腰痛持ちの人たちの最大の悩みが、この寝る時の姿勢。横になっても痛みが取れず、体勢がなかなか決まらないこともありますよね。

痛みを分散するうえで、最も効果的な姿勢を「WebMD」が紹介していました。曰く、仰向けで寝るときは、ひざの下に枕やクッションをあてがい、ひざが伸びきった状態にしないこと。また腰から背中にかけて(腰部湾曲)に丸めたバスタオルなどを挟んだ、このスタイルがいいそうです。

02.
肩こりがひどいとき

06e84b5d4cf999bd3418e33211fd2fa2d239df2e

慢性的な肩こりに悩まされている人は、とにかく痛くない方の肩を下にすることを心がけましょう。

Women's Health Magazine」がおすすめする解消法は、痛みのない(もしくは少ない)肩を下向きにし、さらにひざを軽く曲げた姿勢。このとき、ひざの間に枕やクッションを挟むといいそうです。両肩に痛みがあるとき?その場合は仰向けで。

03.
鼻水や鼻炎で困ったとき

9e28d25580a1073715e9384342c17d2c7bd56033

鼻炎や鼻づまりの解消法は、寝るときの姿勢にかかっている。これが「Harvard Medical School」による結論です。単純に頭を高くして寝ること。水平もしくは頭が低くなると、どうしても鼻の奥へと鼻水が貯まってしまいます。

鼻がぐずぐずするような日は、枕をもう1つ増やしてみて。

04.
頭痛に悩まされるとき

D878c2ca5bf6a33143566542a609b810e68996dd

頭痛は、正しい姿勢でさえ眠ることができれば改善され、逆に姿勢が悪いとさらに悪化するやっかいなもの。

Hub’s health expertの記事の中に、その原因となるコメントがありました。「寝ているときに首が曲がっていると気づくまで慢性的な偏頭痛に悩まされてきました」、と。

要するに、寝ているあいだ無意識のうちに首が曲がって、痛みの原因になっているという見方も。頭を乗せる枕の両サイドにも小さなクッションを置いて、睡眠時、首が左右に振れない状況を作り出してみましょう。

05.
つらい生理痛のとき

B8a5bd23fea6016073536d713915f905266e3ce1

痛みとともにイライラがつのるのが、月経痛です。それでも寝るときの姿勢次第では、痛みを多少緩和できるんだそう。「Women's Health Magazine」おすすめの姿勢は、膝の下に枕をあてがい、背中が反りすぎないスタイルだそう。

06.
高血圧のとき

728c5c53c6ce078690b960124629e6b77b75270a

本来ならば、医師の診断をあおぐことが先決ですが、寝るときの姿勢を見直すことから始めましょう。

WebMD」で発表された結論ですが、男性がうつ伏せで寝ているときの血圧を調べた愛知大学医学部の研究によると、「男性はうつ伏せで寝ているとき、多少ではあるものの血圧が低下する」ことが研究により判明したそうです。

もしかしたら、女性にも効果があるかもしれません。

07.
お腹が痛いとき

Ddb604342b406fafb61f61c5c3ddc5b85d3061ac

ベッドに入ってもお腹が痛くてたまらないとき、専門家の意見は「体の左側を下にして眠ること」だそう。こうすることで消化を助けてくれる、と「Skin Sheen」では紹介されています。なお、できればひざ間に枕を挟んで寝る(02の肩こりのように)と、より効果アリだとか。

08.
首が痛いとき

Dfe8128d5301982da21be936b3b70a90de2f64c4

首筋の痛みを緩和させるには、タオルが大活躍します。

Pain Physicians」で紹介されていた、寝るときの姿勢の記事にこんな一節がありました。「丸めたタオルを首の下に挟んでサポートすること」。タオルを枕カバーに入れてしまえば、ズレる心配もありませんね。

09.
胸やけがするとき

5c9f33d0a46f9ea1f9991611ef33b4e642fcf63a

食べすぎ、飲みすぎなどにより胸焼けに苦しむ夜は、体の左側を下にして眠る。方向さえ間違わなければ大丈夫、と「WebMD」でDavid A.Johnson医師。

Licensed material used with permission by LittleThings
「Stappone」は、靴の中に入れておくだけで体全体をスキャンしてくれるインソール。そして、姿勢が悪くなったときや歩き方に問題があるときには、連動したス...
デスクワークやスマホ操作の代償…「肩こり」。ガチガチに凝りすぎて頭まで痛くなってきたり、もはや凝っていない状態を思い出せなかったり。程度に差はあれど、悩ん...
眠れない時って本当に寝れないですよね。ネット上に掲載されているあらゆる事は既に試し済みだっていう人もいるはず。そんな人にこそこの記事はオススメしたいです。...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
生理痛を振動で軽減もしくは失くすことができると謳うアイテムが登場。「Livia」と名付けられたこの装置は、ゲートコントロール理論を用いているからこそ、薬品...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
突然ですが、肩こりや頭痛に悩まされていませんか?もしかしたらその原因は、スマホを見る姿勢かもしれないという記事が「Spirit Science」に掲載され...
現役パーソナルトレーナーが、筋力アップやシェイプアップ、健康維持に役立つトレーニング方法を解説する動画サイト「筋トレTV」。今回は、同サイトに掲載されてい...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「小林製薬」の調査によると、女性の約65%が生理痛・下腹部痛に悩んでいるのだとか。イライラや眠気などが一緒に起きる人もいて、生理中は気分が暗くなる女性も多...
座っている時間が長く、運動不足であればあるほど、姿勢も悪くなってしまいがち。すると、背中や腰が痛くなるだけでなく、消化がうまくいかなくなったり、頭痛の原因...
「夏バテ」はよく聞く言葉ですが、でも実際は秋も体調を崩しがちではありませんか?カラダの冷えや、知らず知らずの脱水症状など、秋ならではの気をつけたいポイント...
寝ても寝ても、改善されない理由がここにあるかも。
就寝前のヨガが「安眠へと誘ってくれる」、とアメリカの運動科学研究が立証したようです。早速、「LittleThings」ではベッド上でできるおすすめポーズを...
寝返りが多くて、朝起きたときにはいつも枕がどこかへ行っている。日によって寝る体勢が違うから、どの向き寝ても頭にフィットする枕がほしい。そんな人にオススメの...
ポルトガルのある研究によれば、女性の背中の反りが大きいほど、男性は魅力的に感じるそうです。つまり、猫背を改善できれば、男性からの好感度も上がるのでは?
「猫背の人は実年齢よりも老けて見える」とはよく言いますが、他にも、やる気がなさそうに見えたり、自信がないように見えるなど、とにかく良い印象を与えません。こ...
睡眠不足は体に悪いといわれているが、果たして睡眠過多はどうなのだろうか?最新の研究では、8時間以上の睡眠は健康を損なう可能性があるという。一体どういうこと...
「慢性疲労症候群」は、極度の疲弊感と微熱、筋力・思考力低下、睡眠障害などの症状が半年以上も続く病。未だ治療法は確立されていない。知名度の低さから理解されに...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...