肩こりが和らぐ「セルフお灸」を自宅で始めてみませんか?

デスクワークや日常生活からくる、つらい肩こり。マッサージに行きたくても「時間がない」という人は多いはず。もっと手軽に、しかもお金をかけずに解消できたら…。そんなお悩みを、ドラッグストアで買えるお灸が解決してくれるんです。

自宅でお灸をするのは心配、という人のために、鍼灸師監修のもと、初心者でも簡単にできる「お灸のポイント」を紹介しましょう。

初心者は
「台座タイプ」を

「セルフお灸」

お灸は、温熱がツボを刺激して血行を良くすることで、自然治癒力を高めてくれます。また、原料のもぐさ(乾燥したよもぎ)は抗酸化作用があり、お灸の熱によって皮膚に浸透するため、免疫の向上も期待できます。

従来のもぐさ100%のものだと取り扱いが難しく、火傷の跡が残ることもあるので、初心者には「台座タイプ」をオススメします。小さな台の上に「もぐさ」が乗せてあるので安定感があり、とても使いやすいんです。また、台座は熱をコントロールする役目もあります。

お灸の使い方って?

用意するのはペン、ライター、市販のお灸、水を入れた容器。

ペンでツボに印をつけてから、台座についているシールをはがし、利き手ではないほうの人差し指の先端にのせてライターで火をつけてから、ツボに据えます。しばらくの間、お灸からじんわりとした温かさを感じましょう。熱いと感じたら、すぐに取り除いて、水を入れた容器に入れてください。

※セルフお灸にまだ慣れていないときに、火をつけてからツボを探すと慌ててしまうため、ペンで印をつけてからお灸をのせましょう。
※初心者の人は1日1回を目安にセルフお灸をしましょう。1回あたり3箇所からはじめて、徐々に増やし、最大10箇所程度まで増やしてOK。灸あたりする(気分が悪くなるなど)ことがあるため、気分が悪くなった場合は2〜3日間あけてからまたセルフお灸をしましょう。

使い方はたったこれだけ。意外と簡単なんです。

肩こりに効く
「5つ」のツボ

01.曲池(きょくち)

肘を曲げるとしわができますよね。そのしわの一番はじにあります。

「セルフお灸」

02.手三里(てさんり)

上で紹介した「曲池」から親指に向けた線上の、指3本分あたりにあります。

「セルフお灸」

03.肩井(けんせい)

乳頭から肩まで、まっすぐ上に引いた線上。もしくは、右手で左肩を押さえたとき、中指が自然に当たるところにあります(右肩の場合は左手で押さえたとき)。

「セルフお灸」

04.肩ぐう(けんぐう)

「セルフお灸」

肩の先端で、「肩井」よりも外側。腕を水平にあげると自然にできる肩のくぼみの真ん中あたりです。

05.合谷(ごうこく)

手の親指と人差し指の間の奥で、骨の手前。やや人差し指方向です。

「セルフお灸」

もしツボの場所がずれてしまっても副作用はありません。必要でない部分に据えた場合、すぐに「熱い」と感じるので取り除いてしまえばOK。また、ピリピリしたり、皮膚が引きつれる感じがするときは、すぐに外してください。試しながら自分の気持ちいいポイントを見つけましょう。

ただし、この7つに注意!

・肩井や肩ぐうなど自分から見えづらいツボは、火を使わないタイプで。

・使い終わったお灸は、しっかり水に濡らして火を完全に消す。

・妊娠中は専門家に相談する。

・入浴前後は避ける。

・飲酒後は避ける。

・発熱時は避ける。

・高血圧の人は控える。

火を使わない貼るだけのタイプは、煙も出ないので仕事中にも使えます。肩こりがつらくなる前にぺたっと貼ってみるのもいいかもしれませんね。

一見ハードルの高そうなお灸ですが、注意すべきところさえ気をつければ、意外と簡単にできるのは驚きですよね。じんわり体が温まるので、リラックスしたいときにも効果的ですよ。最近は匂いによるリラックス効果も期待できるアロマ灸も出ているので、用途に合わせて選んでくださいね。

これ、転がすタイプのお灸なんです。
東京・渋谷にある鍼灸院「グラン治療院」と抹茶とあずきの和洋菓子店「松右衛門」が共同で「食べるお灸~よもぎとあずきのムース~」を開発。
デスクワーク、パソコンとにらめっこしている時間が多い方がおさえておくと良い、簡単に使える肩こり対策おススメのツボを、筋肉とその作用と共にお伝えしたいと思います。
足つぼマッサージ、リフレクソロジー、フットケア。健康を左右するカギは足裏にある、というのは定説。ライターPhil Mutz氏が医療情報サイト「WebMD」...
外食が途絶え、およそ80,000杯分(約2万L)のビールが消費されずに余剰となった今春。これを廃棄するのではなく、新たにクラフトジンとして蘇らせるプロジェ...
デスクワークやスマホ操作の代償…「肩こり」。ガチガチに凝りすぎて頭まで痛くなってきたり、もはや凝っていない状態を思い出せなかったり。程度に差はあれど、悩ん...
気温もグンと下がることもあり、これからの季節に多い悩みのひとつが「肩こり」です。1年通して症状がありそうなイメージですが、とくに冬は寒さの影響で、筋肉が凝...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
パナソニックが開発した、その名も「レジロボ(R)」が設置されたのは「ローソン パナソニック前店」。同社のお膝元、大阪府守口市にあるこの店舗は、次世代型コン...
嗅覚を通して脳に伝わることで自律神経には働きかけ、心身にさまざまな作用をもたらす精油を用いれば、リモートワークをより快適に過ごせるかも?朝、仕事モードに切...
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
2016年4月1日に開設から20周年目を迎えたYahoo! JAPAN。お祝いムードはすでにウェブで、リアルで、あれこれ目にしてきたはず。そして、今日6月...
今回は築地にあるパーソナルジム「BESTA」。月額3万円でパーソナルジムに通いながらセルフエステもできるお得なジムをご紹介!表参道にもオープン予定で流行る...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナのダイエット効果の有無をハッキリさせるべく、疑問をぶつけた。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
カオナシが持っているお皿にコインを載せると、コインを食べて貯金してくれる「千と千尋の神隠し カオナシむしゃむしゃ貯金箱」。だけど、このなんともいえないシュ...
集中力の妨げになるものを完全シャットアウトできるダンボールの「セルフブース」が登場。圧迫感の少ないサイズ感とデザインなのでリビンクにも置けそう!
「ダイソン社」の慈善団体が、在宅中の子どもたちのために身近なものを使ってできる44の実験プロジェクトを無料公開した。
9月初旬、「キッコーマン」はその醤油にまつわる長年の知見を活かして、自宅で醤油をつくることができる会員制サービス「BOTTLE BREW」をスタート。
愛知県のアウトドアメーカー「BOF」が開発した、直径11cm、高さ20cmの「FLAME Mug」は、自宅で気軽に焚き火を楽しめる、コンパクトな一人用焚き火台。
突然ですが、肩こりや頭痛に悩まされていませんか?もしかしたらその原因は、スマホを見る姿勢かもしれないという記事が「Spirit Science」に掲載され...
日本における乳がんの罹患率は、年々増加傾向にあります。この病にかかる可能性は、実に、16人に1人と言われているほど。もはや、決して他人事とはいえない疾患な...