鍼灸師と和洋菓子職人がタッグを組んだ!「食べるお灸」

東京・渋谷にある鍼灸院「グラン治療院」と、抹茶とあずきの和洋菓子店「松右衛門」が共同で「食べるお灸~よもぎとあずきのムース~」を開発。昨年12月25日より先行販売を開始し、全国の鍼灸院やエステサロンを中心に販売中だ。

グラン治療院では、冷えで悩む患者に施術とセットで「食べるお灸」としてスイーツを提供してきた。そのおいしさにハマる人が続出し、食べるために施術を受けにくる人まで現れたことで「食べるお灸〜よもぎとあずきのムース〜」を販売するに至ったのだとか。

同商品は、よもぎのジュレ、あずきのムース、よもぎのムース、あずきのゼリーの4層構造。どれも血流改善などが期待できる素材をベースにした、冷えへの対処を目的としたスイーツになっている。食感の異なる4種の相性は抜群で、ふんわり感と滑らかな口どけを見事に実現。

冬も深まり、いっそう冷え込むこの季節。スイーツを食べることで、あらゆる健康問題を引き起こす“冷え”の対策になるというのは、夢のような話。ぜひ一度味わってみてはいかがだろうか。

©ITi
Top image: © ITi
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事