世界初。女性のカラダにもやさしい「再利用できる生理用品」

生理用品が大切なものだとは理解しつつも、これは大量のゴミとして排出され、地球の自然を危機にさらしています。

世界中の女性が再利用できる生理用品を使えば、ゴミの量を減らせるというのは容易に想像できます。それでも挑戦するのが困難だったのは、「衛生管理」が大きな障害となっていたから。一歩間違えば女性のカラダに悪影響を与えかねません。

この不安要素を解消したのが、通称「D.」と呼ばれる製品。女性ですらイメージしにくいかもしれませんが、一生使えるタンポンです。

再利用をもっと身近に、シンプルに

「D.」の外見は緑に統一されていて至ってシンプル。

使い方は、従来のタンポンと全く同じ。使い終わったら軽くまわりを拭いて水で洗い流せば、また新しいコットンを入れて再利用できます。

医療関係のエンジニアと協力し、バクテリアを99%除去できる抗菌素材を開発。放っておいても殺菌されるので、ポーチに入れたまま持ち運ぶことが可能に。

さらに女性のカラダを意識して、漂白剤、香料、殺虫剤を一切使用しないタンポン用コットンも同時に開発されました。

世界初の試みである再利用可能なタンポン「D.」の目的は、女性が生理用品の再利用を身近に感じ、そのメリットをもっとシンプルに考えてもらうこと。アクションがなければ、どんなムーブメントも起こり得ません。

体の中に入るデリケートなものであるから、気軽に「よし買ってみよう」と考えるのは難しいのが現実。だけど、始まりはいつも小さな行動から。約2,500円でずっと使える生理用品が購入可能です。

Licensed material used with permission by DAME
書籍の消費税は7%。生理用品の消費税は19%。税金のかけられ方に疑問を感じた企業が、生理用品を本として販売し始めました。
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
日本初「ピーター・ドイグ展」が「東京国立近代美術館」で開催。会期は2月26日〜6月14日まで。彼の世界観を体感できる貴重な機会です。
2019年の秋から、ボストンにある77の公立学校で生理用品が無料配布されます。
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
「生理」を取り巻く価値観をアップデートする——「#NoBagForMe」は、生理用品を購入する際の“選択肢”の多様化を推進するプロジェクト。
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
生理痛を振動で軽減もしくは失くすことができると謳うアイテムが登場。「Livia」と名付けられたこの装置は、ゲートコントロール理論を用いているからこそ、薬品...
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
上の画像を見てほしい。クルマのカギと一緒に、キーホルダーにライターのようなものがついている。
Bodyform社は、一般的な生理用品のCMで使われる青い液体の代わりに、よりリアルな赤い液体を使用した。これは彼らのキャンペーン「#BLOODNORMA...
口には出さないけれど、「生理は仕事に影響する」と感じている女性は多数いるのだと伝えているオーストラリアの調査がある。その割合は、1,000人以上の女性に対...
12月20日、「UNIT + B1FLAT」にて23時から「ライゾマティクス」がオーガナイズするイヤーエンドパーティーが開催。なかなかのアツい夜になりそうだ。
映画にもなった「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則さんが作ったという完全無農薬米「ささしぐれ」。この米を使った江戸前寿司が、12/5にオープンした「東急プラザ...
体は男性、心は女性であるClemmerさんは、世間の「生理は女性のものだ」という考えによって、辛い思いを味わってきました。身近なところから少しずつ変えてい...
前回に引き続き、生理に関する記事を紹介。生理周期に影響する8つのことが書かれている。8つの中には、かなり意外に思うものもある。研究結果などを引用しながらわ...
女性にとって「生理」は、切っても切れないものです。時に体調が左右されたり、時に理解を得られずに苦しんだり。ドラマ 『SUITS』などで女優として活躍する一...
「小林製薬」の調査によると、女性の約65%が生理痛・下腹部痛に悩んでいるのだとか。イライラや眠気などが一緒に起きる人もいて、生理中は気分が暗くなる女性も多...
2015年9月16日。スウェーデン政府は翌年の再利用可能エネルギー開発費に、45億クローネ(およそ650億円)の投資を予定していると発表しました。最終的に...
2015年11月24日。アマゾン社のジェフ・ベゾス氏が創設した航空宇宙企業「Blue Origin」社が、再利用可能なロケットを打ち上げ「垂直着陸」させる...