世界初。女性のカラダにもやさしい「再利用できる生理用品」

生理用品が大切なものだとは理解しつつも、これは大量のゴミとして排出され、地球の自然を危機にさらしています。

世界中の女性が再利用できる生理用品を使えば、ゴミの量を減らせるというのは容易に想像できます。それでも挑戦するのが困難だったのは、「衛生管理」が大きな障害となっていたから。一歩間違えば女性のカラダに悪影響を与えかねません。

この不安要素を解消したのが、通称「D.」と呼ばれる製品。女性ですらイメージしにくいかもしれませんが、一生使えるタンポンです。

再利用をもっと身近に、シンプルに

「再利用できる生理用品」タンポン

「D.」の外見は緑に統一されていて至ってシンプル。

使い方は、従来のタンポンと全く同じ。使い終わったら軽くまわりを拭いて水で洗い流せば、また新しいコットンを入れて再利用できます。

医療関係のエンジニアと協力し、バクテリアを99%除去できる抗菌素材を開発。放っておいても殺菌されるので、ポーチに入れたまま持ち運ぶことが可能に。

さらに女性のカラダを意識して、漂白剤、香料、殺虫剤を一切使用しないタンポン用コットンも同時に開発されました。

「再利用できる生理用品」タンポン「再利用できる生理用品」タンポン

世界初の試みである再利用可能なタンポン「D.」の目的は、女性が生理用品の再利用を身近に感じ、そのメリットをもっとシンプルに考えてもらうこと。アクションがなければ、どんなムーブメントも起こり得ません。

体の中に入るデリケートなものであるから、気軽に「よし買ってみよう」と考えるのは難しいのが現実。だけど、始まりはいつも小さな行動から。約2,500円でずっと使える生理用品が購入可能です。

Licensed material used with permission by DAME
経済的に生理用品が買えない「生理の貧困」問題に対する世界各国の取り組みをまとめて紹介。スコットランドでは世界で初めて誰でも無償で生理用品が購入できる法案が...
書籍の消費税は7%。生理用品の消費税は19%。税金のかけられ方に疑問を感じた企業が、生理用品を本として販売し始めました。
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
ミツロウラップのデビューにおすすめしたい「APIARY MADE」。まずは1年。主張しすぎないデザインもGOODです。
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
第3の生理用品と注目の「月経カップ(生理カップ)」のメリット・デメリット、正しい使い方、スムーズな入れ方、メンテナンス方法まで気になる疑問を専門家に徹底取材。
日本人の体型に合わせて開発された日本初の月経カップ『ROSE CUP(ローズカップ)』の魅力や他社製品との違い、使用可能時間など気になる疑問をメーカーの「...
生理用品を軽減税率制度の対象にすることを目的とした署名活動が、オンライン署名サイト「Change.org」で実施中。
2019年の秋から、ボストンにある77の公立学校で生理用品が無料配布されます。
アメリカ・ニューヨーク発祥のハンバーガーチェーン「シェイクシャック」がお家キャンプのグッズを発売。新型コロナウイルスの影響で、さまざまなイベントが中止、延...
女性のためのケア用品を開発、販売する米メーカー「LOLA」の「エッセンシャルオイルブレンド」は生理痛を和らげる効果が期待できるとか。
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
廃棄カラー傘を使い、国内の職人の手により作られたサコッシュバッグが6月9日(火)より販売を開始。ビニール傘を粉砕などはせずに再利用することにより、汚れても...
「生理」を取り巻く価値観をアップデートする——「#NoBagForMe」は、生理用品を購入する際の“選択肢”の多様化を推進するプロジェクト。
米国の老舗成人向けメディア「PLAYBOY」が最新のデジタルカバーにプエルトリコ出身の男性アーティスト、バッド・バニーを起用。マリリン・モンローやナオミ・...
「Airbnb」が「渋谷区観光協会」とコラボしたバーチャルで渋谷カルチャーを探索できる「オンライン体験プログラム」が7月2日より開始された。
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
生理痛を振動で軽減もしくは失くすことができると謳うアイテムが登場。「Livia」と名付けられたこの装置は、ゲートコントロール理論を用いているからこそ、薬品...
12月下旬、「コクミンドラッグOsakaMetro心斎橋駅店」にて生理用品「月経カップ」の取り扱いがスタート。日本国内のドラッグストアでは「初」の試み。
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
避妊だけではないピルの活用方法について、『女性のためのピルの本』の著者であり西国分寺レディースクリニック院長・医学博士の佐藤力氏にインタビュー。ピルの効果...
上の画像を見てほしい。クルマのカギと一緒に、キーホルダーにライターのようなものがついている。