世界初。女性のカラダにもやさしい「再利用できる生理用品」

生理用品が大切なものだとは理解しつつも、これは大量のゴミとして排出され、地球の自然を危機にさらしています。

世界中の女性が再利用できる生理用品を使えば、ゴミの量を減らせるというのは容易に想像できます。それでも挑戦するのが困難だったのは、「衛生管理」が大きな障害となっていたから。一歩間違えば女性のカラダに悪影響を与えかねません。

この不安要素を解消したのが、通称「D.」と呼ばれる製品。女性ですらイメージしにくいかもしれませんが、一生使えるタンポンです。

再利用をもっと身近に、シンプルに

「D.」の外見は緑に統一されていて至ってシンプル。

使い方は、従来のタンポンと全く同じ。使い終わったら軽くまわりを拭いて水で洗い流せば、また新しいコットンを入れて再利用できます。

医療関係のエンジニアと協力し、バクテリアを99%除去できる抗菌素材を開発。放っておいても殺菌されるので、ポーチに入れたまま持ち運ぶことが可能に。

さらに女性のカラダを意識して、漂白剤、香料、殺虫剤を一切使用しないタンポン用コットンも同時に開発されました。

世界初の試みである再利用可能なタンポン「D.」の目的は、女性が生理用品の再利用を身近に感じ、そのメリットをもっとシンプルに考えてもらうこと。アクションがなければ、どんなムーブメントも起こり得ません。

体の中に入るデリケートなものであるから、気軽に「よし買ってみよう」と考えるのは難しいのが現実。だけど、始まりはいつも小さな行動から。約2,500円でずっと使える生理用品が購入可能です。

Licensed material used with permission by DAME
書籍の消費税は7%。生理用品の消費税は19%。税金のかけられ方に疑問を感じた企業が、生理用品を本として販売し始めました。
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。