スウェーデンが「脱・化石燃料」に向け、650億円もの予算を投入

2015年9月16日。スウェーデン政府は翌年の再利用可能エネルギー開発費に、45億クローネ(およそ650億円)の投資を予定していると発表しました。最終的に国内の運営を100%再利用可能エネルギーにより賄う方針です。

世界初を目指し
化石燃料の"依存脱却"へ

45cd34ac422cfa72cb973473c044a56e47ab8deb

「スウェーデンは、世界で初めて化石燃料を脱却するかもしれない福祉国家の一つになる

エコロジスト誌にはステファン・ローベン総理大臣のこんなコメントが。予算が使用されるのは、スマートグリッドや再利用可能エネルギーの蓄電技術、電動バスなどのグリーンカー助成金や、環境対策などなど。

ブルームバーグ・ビジネスウィークの予想では、2050年頃の目標達成になるのではないかと言われており、一部ではハワイでの移行計画やその他の国家の事例と比較し、世界初の脱化石燃料を実現する可能性があるとの声も。

522c087802e169513a25e862e72f4ebcce0e202c

再生利用可能エネルギーへの移行を目指す国は幾つかあります。たとえば、コスタリカは80%ものエネルギー需要を水力発電で賄っている国。2014年12月から、水力と地熱発電により75日もの間、化石燃料を使わずにエネルギーをまかなうことに成功しています。

メトロ紙に掲載された国営コスタリカ電力協会の統計によれば、2014年の化石燃料による発電はたったの年間7%ほどに留まっていたのだとか。ただし、これは大雨がもたらした偶発的なものでもありました。

2015年7月10日のガーディアン紙にも、同様に偶発的なケースが掲載されています。デンマークの風力発電が突発的な強風によって国の電力需要の140%にも及ぶエネルギーを生んでいたことがわかっています。

その他にも、2015年6月8日には新しい州法がハワイで承認され注目を集めました。これは、2045年までに再利用可能エネルギーへと100%移行するために作られた法案です。

この度発表されたスウェーデン政府の投資も含め、化石燃料に依存しない持続可能なエネルギーインフラの整備は、少しずつ前進しつつあるようです。

世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...
「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
オフィスに本格的な卓球台が設置されて、あらためてわかりました。卓球ってめちゃくちゃ手軽なスポーツだな、と。
マリ共和国特産のゴマを、はちみつとバターで加熱して冷やし固めたシンプルなお菓子の紹介です。
カナダの企業「Carbon Engineering」が、空気をフィルタリングすることで二酸化炭素濃度を削減することができる新しいシステムを開発した。加えて...
バイオ燃料には、サトウキビやトウモロコシなどを使うのがメインストリーム。だけど、「Shell」は“新たな原料”を利用したプロジェクトを始めています。
塩と水の化学反応で発電し、デバイスの充電ができる!と話題なのが、モバイルチャージャー「JAQ」。残念ながら、自分で塩水を注いで無限に充電できるというわけで...
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
使っているものが壊れたら、修理せずに買い換える。その方が安いし、新品の方が優秀だーー。スウェーデンはそんな“使い捨ての仕組み”を変えようとしている。「修理...
スウェーデンが福祉大国で、しかも平等主義であることは知っていました。だとしても、今回の発表には「まさかここまで…」と驚かされたのと同時に、またひとつ、この...
会期を1日延長して、どうにか採択を迎えたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締結国会議)。アメリカ、中国、インドなどを含めた196カ国が温室効果ガス削...
世界幸福度ランキングでも、つねに上位に入るスウェーデン。その生活を真似してみたら、私たちの日々の生活も少しは幸せなものになるかもしれません。「MATADO...
フィリピンのおよそ7,000の島々では、現代でも電力インフラが不足しており、明かりのない生活をしている人々が多いらしい。これまでは、石油ベースのオイルやロ...
すべての国民が、最低限の生活を送るのに必要な額の現金を、政府が無条件で定期的に支給する。ベーシックインカムと呼ばれるこの所得補償制度を、福祉国家フィンラン...
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのウェブサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
電話をかけると、スウェーデンにいる誰かにランダムでつながり、話せる。そんなちょっとドキドキわくわくするサービス「The Swedish Number」を、...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
スウェーデンの田舎町に誕生した一軒のコンビニ。24時間営業で店員はゼロ。この完全無人化を実現したシステムの背景には、現在日本でも問題視されている、地方特有...