「石からできた紙」の手帳で、2017年を迎えてみる?

紀元前から使われている、歴史ある素材「紙」。身の回りにも当たり前のようにあふれていますが、基本的に木の繊維からできているため、大量消費は環境破壊につながるとして、問題視されることも多々あります。

そこで登場したのが、この手帳。ここで使われている紙は、木ではなく、石でできているんです。日本のスタートアップ企業TBM社が開発した「ライメックス」も大きく話題になったので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

石とプラスチックで
紙ができちゃった!

石が紙になるなんて、なかなか想像がつかないかもしれませんが、簡単に説明すると、この紙の80%は非常に細かく砕いた石(炭酸カルシウム)からできています。これに高密度ポリエチレン(HDPE)という樹脂を20%混ぜて固めることで、紙のような薄いシートに整形しているそうです。

気になる使い心地も良く
耐久性も高い

やっぱり気になる使い心地ですが、通常の紙と比べてもキメが細かくサラサラとした感触なのだそう。鉛筆はもちろん、ボールペンなどのインクも、普通の紙に使えるものであれば基本的にすべて使えるようです。

さらに、石でできているため水に強く、濡れても拭くだけでOK!しかも破れにくく、耐久性も抜群だそうです。

廃材となる石を再利用

素材の石は、さまざまな資源を採掘する際に廃材として出てしまうものをリサイクルしているとか。また、通常の紙はつくる過程で大量の水を使用しますが、この石の紙では一滴も使わないと言います。排出する二酸化炭素の量も、67%ほど削減。

さらに、再生紙のリサイクルは7回程度が限度ですが、石の紙は質を落とさず何回でも再利用可能。とってもエコに作られているんです。

現在、この石の手帳「Hustle」は 、「Kickstarter」でクラウドファンディング中。ノートのように線が引いてあるだけのシンプルなものなら25ドルから、手帳タイプは39ドルからとなっています。来年に向けて使い心地のいい手帳を探している人は、チェックしてみては?

Licensed material used with permission by Hustle Stone Planner
クラウドファンディングサイト「Makuake」で目立っていたこの手帳は台湾の人気手帳ブランドのDimacheとイラストレーターのHankのコラボ作。台湾で...
プライベートで書かれたあらゆる人間の手帳やノート、日記を収集する「手帳類収集家」。コレクションにはそれぞれの人生の痕が生々しく刻まれている。それぞれの想い...
社会を生き抜くうえで、私たちには想像力が必要。では問います、この紙は何を目的につくられた紙だと思いますか。(ちなみに巻いて使います)
スマホで管理したほうが便利っていうのはわかっているんですが、どうしても“書く”ということが、私にとっては記憶に残すために大切な行為で、スケジュールは今も手...
アメリカ生まれの人気調味料「クレイジーソルトシリーズ」に待望のオーガニックが新登場。岩塩をベースにガーリックやタイム、セロリシード、オレガノなど有機ハーブ...
「ほぼ日手帳」の20周年を記念して「ほぼ日」と「土屋鞄製造所」がコラボした人生のはじまりに寄り添う手帳カバー「はじまりの手帳」が登場。
日本のベンチャー企業『株式会社TBM』が開発した、石灰石を使用した『LIMEX(ライメックス)』。これ、紙やプラスチックの代替となる新素材なんです。
全神経を集中させる、積み石ゲームの開始です。
自然界の存続に実は多大な影響を与えているハチがいま、絶滅の危機にさらされています。捨てれば捨てるほどハチを救える「紙」が、世界ではじめて開発されました。
タイの家具デザイナーApiwat Chitapanyaさんが製作したソファの紹介です。これは日本庭園のなかで佇む石に着想を得ていて、名前は「Zen Sto...
新感覚ナイトエンターテインメント「泊まれる演劇 In Your Room 『ANOTHER DOOR -ホーリーシーズン-』」が2020年12月15日(火...
「もしも時間が紙になったら」。そんなアイディアを製品化したのが、紙の専門商社・竹尾とフェリシモのコラボで生まれたこちらのアイテム。500種類の紙によって、...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
『オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー』の「アラバストル」は、石に香りをつけるというユニークなルームフレグランス。白磁器の容器も上品です。
熱が伝わりにくいため、熱くなりにくく逆に一度熱くなったら冷めにくい「石」。だから冷たいものは冷たいまま保ってくれるんです。
「AJI PROJECT」は、庵治石をつかって、たくさんのつくり手が生活に寄り添うプロダクトを展開するプロジェクトです。
「カーボン・オフセット」とは他の場所で節約できる同等の二酸化炭素に資金を提供することで排出量を補う仕組みのこと。ここではカーボン・オフセットの定義や国内外...
今年は、新型コロナウイルスの感染拡大も相まってか「備えること」の重要性を再認識した年。いろいろなメーカーから“もしも”のときのための新たな防災グッズがリリ...
イギリスとアイルランドのマクドナルド全1361店で使用されている紙製ストロー、リサイクルされずに廃棄処理されていた。
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
2012年に設立された、子どものためのエコバンク「Banco del Estudiante Bartselana」。考案したのはペルーに暮らすJose A...
1985年にスタートした、つげ義春のシリーズ連作漫画『無能の人』。主人公の助川助三は、多摩川の河川敷で拾った石を掘建て小屋に並べ、その石を売る。妻に愛想を...
このたび、セイコーエプソン株式会社が開発したのは、使用済みの紙を原料として新しい紙を生産する小型製紙機。オフィスで完結できる、小さく、新しい資源サイクルを...
「SHERLOCK」では、少しの血液を採取し紙につけるだけで、がんだけでなく感染症も発見できる。