10年以上かけて、河原から「◯◯な小石」だけを拾い集めた男がいる

1985年にスタートした、つげ義春のシリーズ連作漫画『無能の人』。主人公の助川助三は、多摩川の河川敷で拾った石を掘建て小屋に並べ、その石を売る。妻に愛想をつかされ罵倒されながらも、日々、石を並べては思索にふける……という、インテリゆえに貧乏する男のストーリー。そんな漫画の世界を、まさに地で行く(?)人物がスイスにいた。

ブリーク在住の愛石家André Quirinus Zurbriggenさんは、じつに10年以上かけて、スイスアルプスの沢で小石を拾い集めた。執拗なまでに彼が追い求めたもの、それがアルファベット26文字だ。

石に魅せられた男の執念
探し当てた石の「A to Z」

写真左上から順に並べられた「A to Z」、いささか寛大な解釈が必要なものも中にはあるが、読んで読めないことはないはず。大文字だけでなく、ちゃんと小文字だってある。

これらを組み合わせていくと、ひとつの文章がきちんと読めてしまうからフシギだ。たとえば、こちら。

Hello ,

 who

 are

 you ?

といった具合に。

単に、キレイな小石を見つけ出せばいいというものではない。彼のこだわりは、この26個のレターにあったのだから。沢や小川で足元に目を落とし、まさに目を皿にして拾い集めた自然物がつくり出す文字の一つひとつ。気の遠くなるような作業を、コツコツと10年以上に渡って続けてきたAndréさんの偏愛ぶり、はたして理解できる?

「石のフォント」でタイピング
画像ダウンロードもできる

長い年月をかけて、ただ文字に読める石を拾っただけでは、それこそ“無能な人”で終わってしまう。もちろんAndréさんはそうではない。なんせ彼、本業はアーティストだから。

最後の1ピースを拾い上げた日から、彼は収集した大小合わせて52文字の小石を使って、インタラクティブに楽しめる“石のフォント”を作成。専用サイト「Stones」では、文字を打ち込み画像としてダウンロードできる仕掛けが、とにかくおもしろい。

愛石家は日本にも。
いにしえより継承される
水石(すいせき)文化

ところで、こうした自然の造形物・石を愛でる楽しみは、ここ日本でも古来より伝わる、れっきとした文化であることを忘れてはいけない。室内で石を鑑賞する「水石(すいせき)」は、古くは公家社会の趣味人たちの間でもてはやされた、たしなみのひとつだ。

山水景を感じる自然の石に魅せられ収集したり、また拾った石を売買する文化が、今も愛石家の間で行われていることを付け加えておこう。

石をインテリアのアクセントに用いるか、それとも拾った石で一攫千金を狙うのか。どちらにしても、もっとも“無能”なのは、河原で足元に目を向けないことなのかも。

Licensed material used with permission by society6
海外の人たちにとって、日本語を勉強するのは至難の技。中でも、ひらがなやカタカナを読むのはとても難しいと言われています。そんな中、アルファベットさえ分かれば...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
例えば「創英角ポップ体」と言われて、どんなフォントかパッと頭に浮かびますか?Wordや画像加工アプリで文字入れをよくする人なら、ぼんやりとはイメージ出来る...
全神経を集中させる、積み石ゲームの開始です。
10年先まで使用することができるカレンダー「Decade Planner」。2028年まで使えるから、日々の予定だけじゃなく、先々の長期の計画や10年後に...
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は 「一流の男」になるための虎の巻(?)をご紹介します。
タイの家具デザイナーApiwat Chitapanyaさんが製作したソファの紹介です。これは日本庭園のなかで佇む石に着想を得ていて、名前は「Zen Sto...
「AJI PROJECT」は、庵治石をつかって、たくさんのつくり手が生活に寄り添うプロダクトを展開するプロジェクトです。
社会に一石を投じてきたCoronaとParley for the Oceansのタッグが、ペットボトル3本と引き換えにビール1本をゲットできるというキャン...
今年もハロウィンナイトを楽しむ東京・渋谷駅付近は、まるで年末のカウントダウンのような酔狂ぶり。そして、日付が変わった2015年11月1日(日)朝、宴のあと...
「日本人だけが読めないフォントがある」と、ネットで話題になったテキストがあります。それがこちら。さて、あなたはここに書かれた文字が読めますか?「カモンGU...
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?
ひと頃の不倫ブームを経て、不倫や二股、浮気なんていうワードが随分とカジュアルに語られるようになった昨今。浮気実体験者から見出した、浮気男の特徴をこっそり伝授。
1975年から続く、茨城・日立の「ランドセル贈呈」のプロジェクト。日立市内の新入生全員にオリジナルのランドセルをプレゼントしています。
『オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー』の「アラバストル」は、石に香りをつけるというユニークなルームフレグランス。白磁器の容器も上品です。
単純に、「すごい」ってなるはず。
たとえ、誰からも認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人たちを紹介します。ある意味ではみな「オタク」。でもそのパフォーマンスが...