「サングラスに1万円以上かけたくないけど、チープなのは嫌」という人向け。

陽射しの強いこの時期、俄然気になるモバイルアイテムがサングラスです。

ただ、そのチョイスには毎年悩まされます。

シリアスなスポーツモデルやファッションアイコンとしてのハイエンドなモデルには食指が動くけれど、日常で胸ポケットにいれておくには高価に感じてしまいます。情けない話、落として踏みつけてつぶしたり、なくしてしまったことも一度や二度じゃないから。

とはいえ、海の家においてあるようなトイグラスはチープすぎる気が……。

ワガママかもしれませんが、同じように考えている人は結構多いのでは? 

写真の〈DANG SHADES(ダン・シェイディーズ)〉は、ちょうどその間ぐらいの感じが気にって購入しました。なんでも、プロスノーボーダーが作ったブランドだそうです。

ブランドのHPに

「あらゆるライフスタイルとアクティビティーのパフォーマンス中でも気軽に愛用し、サングラスをより楽しむことができるという、セカンド・アイウェア的存在で新たな世界観を提案します」

とあるように、価格は3,000円代〜5,000円代が中心。

それでいてフィット感もいいし、存在感のある幅広なテンプルがほどよくスポーティーです。マットなフレームの質感にも合ってます。

一言でいえば、コスパがいい!

こと携帯性という意味ではフォールディングタイプに目がいきがちですが、この価格でこのデザインのサングラスなら、手軽に持ち歩けます。

スマイルマークが入っているほうは、〈JACKSON MATISSE(ジャクソンマティス)〉とのコラボモデル。テンプル幅があると、こういう遊びが効いてくるのもいいなあと思いますね。 

Aa568f78c5655f80384a1e24ed8bfe58bbafa75aAb1f5d72e95e09624e2fa279ae6f4b384365caab56bb0686c2b127bcaa3e3ec150ec6a43916c61540440ba624c4f397c21c6e9fa30276f5200b3a6c7

ビー編集部
ちょくちょく自分たちがモバイル(携帯)しているモノも紹介していきます。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

結論、これは使えます。耳を塞がないので、会話や生活音、街の騒音なんかも聞こえます。街歩きをしながら、ランニングしながら、自転車に乗りながら、といった「なが...
頬がフレームにあたる…鼻からズレ落ちる…サングラスを使っていて、こんなイライラありますよね。夏も近いということで、このイライラをすべて解消した新商品「Co...
新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
カリブ海に浮かぶ小国ハイチ。フランス領だったこの土地は、食の影響も多分に受けているようですが、この味だけはローカル(クレオール料理)かも。
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
アクティブなシーンでサングラスを使うならストラップはどうでしょう? 〈CHUMS〉は、メガネストラップからスタートしてブランド。現在もさまざまな種類を販売...
〈ソフト99コーポレーション〉のメガネクリーナーは。モバイルサイズのハンディタイプがあるのがポイントです。
サングラスといえば、金属とプラスチックでできている。そんな常識を覆す、まったく新しい素材で作られたサングラスがスコットランドで誕生しました。その素材は、な...
普段はほとんど使わないサングラスも、海外を旅するときは不思議とかけたくなる。日本よりも強い日差しがそうさせるのかもしれないし、海外に来たという解放感が自分...
まるでボトルのようなカタチの〈SOLR LANTERN〉はランタンとしての仕様はもちろん、中にコード類やサングラスを入れて使うこともできます。
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
〈フライング タイガー コペンハーゲン〉のフライングディスクは、北欧発らしいカラーリングと税抜き300円という価格に惹かれます。
移動が多い人には必須のモバイルバッテリー。〈IKEA〉の「FINDLA」ならサイズ感、コスパに優れています。LEDのライトがレトロな雰囲気を醸し出すのもポ...
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
〈SPEAR&JACKSON(スピア&ジャクソン)〉の剪定ばさみ、バイパスタイプ MAX15mmです。切れ味はもちろん、持ちやすさ、ストラップ用のホールが...
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
アメリカでは、クラウドファンディングでアパレル史上最高額となる23億円の支援を集めたという〈BAUBAX(バウバックス)〉のトラベルジャケットが、満を持し...
〈GOOD OL'(グッドオル)〉の「BASCKET SHORTS(バスケットショーツ)」は、サイドスリットからのぞくカラフルなインナーメッシュがアクセン...
〈STANDARD SUPPLY(スタンダードサプライ)〉のデイパックは、一見普通、その実ディテールにはこだわりがつまっています。素材やパーツの選びが秀逸です。